歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

錦糸町アーリーバード「らむ&パクチー」再結成・・・そして解散??
今月のアーリーバードさんでのライブは、
ベースの三田貴之さんとのユニット(というか、私が弾くのが苦手な部分を
カバーしてもらっているユニット。)
「らむ&パクチー」二年ぶりの再結成だった。

ユニットの名前の由来は、単に二人の好きな食べ物を並べただけ。
私は羊の肉が大好きなので「らむ」、三田君はパクチーが大好きなので「パクチー」というわけ。
今年の四月にはドラマーの「タルタル」も加わり、
美味しいのか美味しく無いのかわからんユニットになりつつある。

今月は、お亡くなりになった山川啓介さん、平尾昌晃さんの追悼を企画してみた。
私が弾き語りをするのだが、前回はソロの部分は全部ベースに弾いてもらったが、
今回はちゃんと自分で弾いたよ。(当たり前か。)
終始和やかな二人。
終始和やか。

弾きながら台詞を言うのは至難の業で、練習しても出来るようにならなかったので、
平尾昌晃の「星は何でも知っている」の台詞はお客さんのNさんに、
星は何でも知っているの台詞をお願いした。

「ミヨちゃん」の台詞はマスターにお願いした。
ミヨちゃんの台詞はマスターに
お二方とも芸達者で、大いに盛り上げてもらい、
お客さんも我々も笑顔でステージは進んだ。

最近三田君はベースだけではなく、津軽三味線も演奏するので、
私も一曲民謡を歌ってみた。
日頃なかなか練習する機会もないので、良い勉強をさせてもらった。

そして、ステージ後の酔っ払いミュージシャンは、
「哀愁のカサブランカ」に津軽三味線を入れる・・という暴挙に出たのだが、
明らかに失敗だった。
次回、もっと練りに練って再演したいと思う。
哀愁のカサブランカをやってみたが・・・

我々のユニットは、洒落で毎回解散することになっているが、
やってみたいことも見つかったので、2年後と言わずに再結成したいと思っている。





スポンサーサイト

20年ぶりの再会
これは、今から23年前のコンサートのチラシだ。
懐かしいチラシ!
私にとっては、芸名を今の名前にした記念すべきコンサートだった。
メンバーとはとても親しくお付き合いしていたのだが、
朝月さんも加島さんも故郷に帰り、縁が無くなってしまっていた。

どうしているのかなと気にかかっていたのだが、
約20年ぶりに加島さんとfacebookで繋がった!
不思議なもので、facebookでお互いの様子を見聞きしていると、
20年も会っていなかった気がしない。

彼女が上京する事になり、もう一人懐かしい人を呼んで3人で飲み会をすることになった。
もう一人は、当時「やりみずこたろう」という芸名で芝居をやっていた、
俳優の田中啓三君だ。
最近ドラマを見ていると、ちょこちょこ彼の顔を見かけるので、
本当に嬉しく思っていた。
大好きだったドラマのルーキーズの中で、(出演者が最近やらかしちゃったので、
二度と再放送は無いだろうが・・・・。)
重要な役柄を演じている姿を見て、泣けるくらい嬉しかったっけ。

あっという間に20年の時は埋まって、
大いに飲んで大いに語り、当時知らなかった事実を知って驚いたりして、
実に楽しい時間だったのだが・・・。
久しぶりに飲みすぎて、彼をタクシーで送って途中で下ろした後、
自宅近くに着くまでの記憶が全く無い。(要するに爆睡したのだが、
通常私はタクシーでは寝ない。)
20年ぶりの再会!


若くないから、自重しないと・・・・と素面の時には思うが、
飲んだら無理かもなー。
今度は20年とは言わずに、間を空けずに飲みましょう!




錦糸町アーリーバード「一人パリ祭」
毎年7月のアーリーバードさんでのライブは、
「一人パリ祭」というタイトルで敢行している。
なぜなら、その日はNHKホールでのあのパリ祭開催の日に当たるからだ。
今年は、同じ曲を違う歌詞で聞き比べるという、
なかにし礼特集で披露した演目と、
さらに聞き比べ新作を披露する変わったパリ祭を企画した。

最初は淋しい客席だったのだが・・・。
近くのホールで開催されたオペラの帰りに寄って下さった方や、
飛び込みで来て下さった若い女性3人組、
初めてご来店の知人などが応援に駆けつけてくださり、
とても賑やかな一日となった。
一人パリ祭2017笑

この日は、頼みの綱のママさんがいなかったので、
このオッサン(マスター、ごめん!)は、開店と同時に飲み始め、
終演の頃にはすっかり出来上がってしまった。
会計は、お客さんの自己申告(良いお客さんばかりで良かった・・・。)
配膳はピアニストの美香りんがやる始末。
やっぱり、恵子ちゃんがいないと駄目ね。
この日のおっさんは・・・。

来月は、美香りんがお休みで、ベースストの三田貴之さんを迎え、
私が弾き語りをする不定期結成ユニット「ラム&パクチー」第二段!
三田君は三味線も披露してくれますよ~。
お待ちしています。






横谷温泉旅館ロビーコンサート& 花ファクトリーコンサート
「お酒天国」という名のコンサートも無事に終わり、
ピアニストの斎藤美香りんと一緒に、二泊三日で1時間ステージ3回という、
長野ツアーに行って来た。

前回は12月に一人でカラオケを持参してうかがったのだが、
カラオケでは出来ることが限られているので、
様子もわかった事だし、今回は美香りんに伴奏をお願いした。

バスタから旅館の目の前まで連れて行ってくれるバスがあるのだが、
そのバスに乗るためには、超ラッシュ時の中央線に乗らなくてはならず、
荷物が多い私は、周りの方の多大なるご迷惑になってしまい、
酷い目にあったので、車で行くことにした。

***
まずは花ファクトリーさんという、開放的なカフェでのステージ。
地元のシャンソンファンが集まってくださって、
会場はなかなかの盛り上がり。
特にロシア風クラウンのYAMAちゃんも一緒になってもりあげてくれた。
YAMAちゃんと。

***
そして夜は横谷温泉旅館でのロビーコンサート。
ご覧の通り満席&立ち見状態。
今夜も沢山のお客様が。
気持ちよく歌わせていただいた。

別にお客さんに媚びているわけではないが、
一般の皆さんの前では、お馴染みの歌謡曲でお茶を濁してしまいがちの私。
せっかく美香りんがいるのだから、マニアックなシャンソンも歌ってみよう・・・と、
芝居入りのボンボヤージュなどを披露した。
とてもよろこんでいただき、かえって驚いてしまった。
これまで培ってきた芸なのだから、自信をもって披露しなくてはと、
今更ながら思ったりした。

***
翌日は天気にも恵まれたので、美香りんと横谷峡を散策。
想像以上の景観に美香りん大喜び。
散策中にすれ違う昨日のロビーコンサートのお客様から、
お褒めの言葉を頂戴した。
地元でも評判の十割蕎麦の店に入ると、
前日の花ファクトリーさんでステージを見てくださった方からも、
身に余るお褒めの言葉を頂戴した。

昼間からビールを飲み、本番までせせらぎの音をBGMに昼寝。

何しに来たんだ・・・と言われそうだが、ステージはキッチリこなしたよ。
(当たり前)

次回の登場は未定だが、またお伺いしまーす。


26年目のお酒天国終了!
お陰さまで、今年もバースデーライブ「お酒天国」が無事に閉幕した。
やっぱり雨は降らなかった。
今年も高円寺のスタジオKさんにて、賑やかに楽しい時間は過ぎて行く。
今年もスタジオKさんにて。

二部のアシスタントを務めてくれる佐藤美岐ちゃんと春野かなみちゃんの
フレッシュな歌声に続いて登場したわけだが、ヘアスタイルのせいか今年は何だか
「謎の中国人」のような感じになってしまった。
ドレスはフルオーダーで気持ちよく着られて満足している。衣装はフルオーダーだぞ。
ちあきなおみ5題 と題して、
・ひとり芝居
・朝日の当たる家
・冬隣
・ねぇ あんた
・喝采 を披露。

二部のお酒天国では、相変わらず不味そうなお酒を飲むときだけ、
やたらに皆がカメラを構えるという・・・。
相変わらず不味そうな写真ばかり。

UVランプで光るゼリー状のボールが入っているお酒も披露。絶対に怪しい。
有機物から抽出した世界で二つと無い物だそうだが、実に怪しい。
酸味があって味はとても美味しかったのだけど。

そして相変わらずの馬鹿笑い。
馬鹿笑い。

個人的には、このグルジアワインが好きだったかな。
珍しく、お客さんに差し上げずに自分で引き上げて翌日飲んだ。
ボトルは一輪挿しにでもしようと思う。

グルジアワインを方に乗せ。
明日から美香りんと長野に歌いに行くので、
更新するなら今しかタイミングが無く、簡単な内容で・・・すいません。
来年は6月30日です!!!

二部
・パンダのまんま(笹焼酎) パンダの歌
・JAZZウォッカ(トランペット容器) ひとつ覚えのブルース
・クラーケン(ブラックラム) タコのブルース
・ナンネル(シュナップス) 山のごちそう
・うなぎコーラ うなぎの呪文
・国士無双(日本酒) 俺こんなツモいやだ
・エキゾチックコメッツ マライカ
・サルミアッキ酒 ジェンカ
・グルジアワイン グルジア国歌

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.