FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

仙台富沢病院特設ステージでのコンサート
覚書を含むので長文になりますがお許しください。

***

私はNPO法人日本演劇情動療法協会2級情動療法士なのだが・・・・。
この活動は主に仙台で行われていて、今はまだ
東京ではこの先1級を取得するための勉強が出来そうにない。
良い機会なので、前日に仙台入りして実際のセッション
(情動療法が患者に行われているところ)を見学させてもらうことにした。

セッションの後、療法士と医師のミーティングにも参加して、
大好きな藤井先生とお話をさせてもらった。
藤井先生はお医者さんにしておくにはもったいない?キャラクターで、
いつも話しに引き込まれてしまう。
私が認知症になったら、藤井先生に診て欲しい!(私の方が年下だけど。)

***
翌日は仙台富沢病院特設会場にて、メデットシアターが開催された。
昨日のミーティング時には、60数名の観覧希望者がいると聞いていたが、
その後も申し込みは増え続け、幕を開けてみたら立ち見を含め、
100名近い方が来てくださった。

この春に山形厚生病院でも同じプログラムでのコンサートを開催したが、
今回のお客様はその時よりも若干症状が緩やかな、
デイケアで通っている患者さんとその家族を中心だ。

先ずは俳優前田有作さんによる朗読。
お客様の中には、日頃演劇情動療法を受けている方もいるが、
日頃のラフな格好とは違い、ちゃんとスーツを着た前田さんの朗読を、
セッションの部屋とは違う大きな特設会場で、家族と並んで聞くのだ。
また大きく違うのは、ピアニストの斎藤美香さんが朗読に合ったBGMを
生演奏で奏でていること。

すると、いわゆる「認知症」の老人が朗読を聞き、涙を流すのだ。
号泣する人さえいる。
その様子を横で家族が見つめる。
このライブの重要な目的の一つが、家族の皆さんに、
「目の前にいる老人は、認知症になっても『情動』の部分は残され、悲しみや喜びを共感することが出来、
こんな風に涙を流す、人間らしい存在なのだ。」という事を実感してもらうことにある。

そして斎藤美香さんのピアノソロ演奏。
演目は全てクラシックなのだが、どの会場でもピアノに合わせて、
フランス語で朗々と歌い上げる患者さんがいる。
認知症で入院している老人が、フランス語で歌うんだ。
こんな事を目の当たりにするたびに、失われた物を嘆くよりも、
残っている物を活かす医療・・・という藤井先生の信念が胸に突き刺さる。

そして私の歌。
指定されたのは長い曲だ。
当然詩の内容も難しい。

「ねぇあんた」では、
胃腸の弱い男は長生きしない、野暮で無口な男は出世をしない、
という歌詞の部分で笑いが起こる。
全体を通じた意味が理解出来ていなくても、
胃腸の弱い男は長生きしないという事は理解してくれているのだ。

「我が麗しき恋物語」を歌う前に、彼が食道癌になった時の話を
している。
そのためか、夫から病気を告げられて主人公がビックリする内容の時に、
うんうんと深く頷く人が多く、私は歌いながらそれにビックリするのだ。

「愛の讃歌」では、ピアフとマルセルの話をするが、
少し脱線して、ピアフは若い才能のある男性歌手を愛人にして、
立派な歌手に育てるのが楽しみだったと話した。
「羨ましいですねー。良いなぁ、私もやってみたいもんです。」と言ったら、
患者さんから、「大丈夫!まだ行ける!」と掛け声がかかり、
皆が手を叩いて笑っている。

ここではどんなことを感じて、どんなことを口にしても誰も咎めないし怒らない。
それどころか、演者の私が嬉しそうに、
「本当ですか!!まだ行けますかね??ありがとうございます。楽しみが増えちゃったなー!」
と反応を返すわけだ。
全面的に受け入れられるのだと実感してもらうのも、
このコンサートの大事な目的の一つだ。

このコンサートを経験させてもらって、
認知症の患者さんって酔っ払いに似ていると思う。(笑)
お酒天国というコンサートでも、コンサートが進んで行くうちに、
お客さんが酔っ払い、思いがけない掛け声をくれることがある。
もし、こちらが面白がって返せれば会場は大いに和み、
私が上手く返せなければ白けてしまう。

アンコールは「喝采」
アンコールに対してお礼を言って、
「私は大酒飲みなので、コンサートの後はアンコールじゃなくて、
『アルコール』の声が掛かるんですよ!」と言ったら、
患者さんから「アルコール!」の掛け声が。
これにはビックリした。
(先生方も職員さんもビックリしたそうだ。)
「やっぱりアルコールじゃないと!元気が出ちゃいました。」と返したのだが、
もしかして私は25年以上かけて、酔っ払いの皆さんのお力を借りて、
この活動をするために歌手になったのかも知れないと真剣に思ってしまった。
間髪いれずに上手に返すって、そんなに簡単じゃないもの。

「喝采」にはちょっと嫉妬心を感じる。
患者さんも家族も、一緒に歌うんだ。
それまで反応の無かった人が、タイトルを聞いただけで突然目を輝かせたりする。
思う事がありすぎてまとめられないや。
今回も大盛況!!!

前田さん、美香りん、
仙台富沢病院の皆様、お手伝い下さった情動療法協会の関係者の皆様、
そして何より、ご来場下さった皆様、
これからも精進いたしますのでどうかよろしくお願い致します!!!!

***
スポンサーサイト

第2417回「誕生日の悲しい思い出」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の東條です今日のテーマは「誕生日の悲しい思い出」です9月は東條の誕生日があります誕生日は毎年、家族がお祝いをしてくれるのですが、ある年、誰も家にいなくて、家族みんなが私の誕生日を忘れてて、友達からも誕生日メールが少なくて、悲しくて悲しくて泣いた時がありますあまりに泣いたので、それからは家族が必ずお祝いをしてくれますもういい年なのですが、やはり誕生日をお祝い...
FC2 トラックバックテーマ:「誕生日の悲しい思い出」


何かを書こうとしたのだが、全然浮かばなかったのだ。
生きていて何も無いわけがないが、浮かばなかったんだ。
久々にトラックバックテーマが目に入り書くことにした。

私の誕生日は6月30日。
「生んでもらった事を両親に感謝する日」と決めているが、
振り返ると、一回だけ本当に悲しい誕生日があった。

それは、40年近く前の話。
我が家で始めて飼った雑種犬が、フィラリアという病気で死んだのが、
まさに誕生日だったこと。
当時は今のように犬を家の中で飼ったりしなかったし、
フィラリアに対する予防も徹底されてはいなかった。
犬は残飯を与えて、適当に庭に繋いで飼う・・・そんな時代だったんだ。

他の事はあまり覚えていないのだが、その日の事ははっきり覚えている。

コロという名の柴犬系の雑種だった。
近所の人からもらってきた子犬。
でも、当時私はまだ幼過ぎたんだ。

***
コロの事は、あまりにも昔過ぎて、今ではあまり思い出すことも無いけれど、
それから随分たってから、シェルティの明日香と暮らした。

明日香は病気がちだったが、13歳になるまで生きてくれて、
当時の私の全てだった。
明日香を亡くした悲しみに耐えられず、
里子募集サイトに「成犬になっていても引き取る。」と書き込んだら、
「要らないからあげる」という返信が来た2歳のパピヨンのキキを引き取ることにして、
キキのお友達を探そう、飼育放棄されてしまった3歳のプードルのジャッキーを引き取り・・・・

キキが亡くなったら、夜鳴きが酷くなってしまったジャッキーのために、
新しいお友達を探そうと、大きくなってしまい買い手が付かなくなってしまったパピヨンの、
クッキーを引き取った。
クッキーは今9歳になったところ。
クッキーの婿としてパピヨンの麻呂を向かえ、その間に双子を授かった。

ジャッキーは18歳での大往生で、悲しみとともに充実感を私にくれた。

***

で、今は4匹のパピヨンと暮らしている。
犬のいない人生は考えられないが、原点はコロなんだな。
今だったら、もう少し違う関係になれたかもしれないコロ。
私があの世へ行くとき、コロと再会出来るって信じてるんだ。

***

コロ・・・きっと感受性の強い私の誕生日を選んで、
忘れて欲しくなくて死んだんだと思ってる。









嗚呼、一年の何と早いことよ! 浮かれるのです♪
毎度書いているかしら・・・。
ミュージカル俳優のコニタンこと、小西のりゆきさんとの馴れ初めを。
池袋の芸術劇場で共演させていただ時に、
帰り道が一緒で(当時はお互い徒歩圏在住だった。)、毎日下らない話をしつつ一緒に帰っていたのだ。

この方の歌の魅力と、人柄の良さに惹かれ、
どうしてもこれからも一緒に舞台に立ちたい!という思いが強くなり、
私の方から、このシリーズをご一緒いただきたいとお願いした。
まぁ、彼は女装が大好き、私は男装がしたい・・・という、
お互いの利益??が共通していたというのも有るのだが。(笑)

早いもので12回目の開催となる。
年に何度か開催した年もあるが、メンバーの病欠があり開催できなかった年もある。
我々自身が少々くたびれてきて、ここのところは年に一度、
それも開催場所の池袋アブソリュート ブルーのオーナーのあゆみさんに、
お尻を叩いていただき、秋に開催している。

今年は、コニタンが話題のミュージカルに出演中ということもあり、
開催が危ぶまれたが、その大阪公演が終わったタイミングで開催することになった。
今日はその打ち合わせ!!!!
40636694_234565210549655_4263388149524201472_n.jpg

というわけで、詳細決定!

ライブ“秋に浮かれて〜ついに乗っ取られる!?〜”

日時:10月20日(土曜日)13時開場/13時半開演
場所:Absolute Blue(豊島区西池袋1-15-6 B2)

料金:3800円(別途ワンドリンクの注文をお願い致します。)

出演:コニー・クライシス、レイ・サマリバ、パトリシア・斎藤(ピアノ)
監修:小西のりゆき、夏川玲、斎藤美香

お楽しみに♪

チケットのお申し込みは、
本人へ、または株式会社C-SoonまでFAXでお願いします。
(042-511-1398)




歌えるところと、全く歌えないところ・・・。
10月初旬に、いつも可愛がってくださっている詩人の
狩野敏也先生初の短編小説集の出版記念パーティで歌を披露することになっている。
実は、小説の中に私も登場するという(別に私だと名前が出てくるわけではなく、
私のエピソードがネタになっているのだ。)事で、
その話をアナウンサーの方が朗読するので、
先生が作詞をした、その話に因んだ現代歌曲を歌って欲しいという依頼を受けた。

私はクラシックの歌手ではないので、現代歌曲には縁が無い。
(有る訳無い。)
以前、先生作品の歌曲を「お酒天国」で歌わせていただいた事があるが、
その時にも本当に苦労して、歌ってジャンルでこんなに違うんだ・・・と、
勉強になったと思いつつも、絶句した思い出がある。

今回はその時よりも難解な楽曲で、
本当に四苦八苦している。
出来ないと言って断るのは簡単だが、私だって歌手の端くれだ。
他の人が歌えて私に歌えないことは無い・・という負けん気のみで、
チャレンジしているのだが、どうにも歌えるようになる気がしない。
何でこんな曲歌える人がいるんだろう?

仕方が無いのでテノールの方が歌っているその曲をエンドレスで聴いてみた。
何を求められているのかは解ったのだが、どうにも歌えるようになる気がしない。
残すところ半月なのだが不安になってきた。

何とか歌える部分と、何度練習しても全く歌えないところが極端に分かれる。
何で歌えないのかさえわからん。
まぁ、こんな機会でも無いと歌でここまで苦労するということも最近は無いし、
神様がたまにはガッツリと歌に取り組めと言ってるんだろう。

歌えるようになってみせるとも!!


お気軽ワインの会に参加してみた・・・。
毎週自宅に届く、地域の情報誌のとある記事に目が留まった。
「主婦の息抜き」を目的にした数々のイベントの告知だった。
その中で目に留まったのは、
美味しいフレンチを食べながら、自然派ワインの講義を受けるというもの。
講師は全国のワインアドバイザーの頂点に立った方らしい。
「へぇ・・立川にそんな人がいるんだ。面白そう。
でもなぁ、私はいわゆる主婦じゃないし、参加したら浮きそう。
真昼間からワインを飲もうっていう人達なら大丈夫かな?」
と、あれこれ思いつつ参加を決意。

講師の方がとても魅力的で(話が上手く、知識も豊富で
引き込まれてしまった。)、帰り際にその方が和飲学園と称した
ワインスクールを開講していると聞き、参加することにした。

***

基本コースが終わり、ステップアップコースに参加しているのだが、
スクールでわかった事は、私は取りあえず有れば何でも飲むが、
実はストライクゾーンが激狭だということ。
毎回6種類以上を試飲し、「好き・どちらでもない・嫌い」を選ばなければならないのだが、
私だけが嫌いと感じるワインが多い。
そして、好きだと思うワインが本当に少ない。

***

講師は酒屋を営んでいて、飲食店向けにワインの試飲会を開催することがある。
業者の人は我々愛好家とは違い、口に含んで捨ててしまうのだろうし、
そんなに沢山飲まない。

ので、試飲会が終わった後には大量のワインが・・・!!
それを生徒である我々が飲み干してしまおうという会があった。
白達 赤達 
なんと!
40種類のワインが試飲し放題♪
参加費用はお食事代だけというお気軽さ。
一覧表を片手に感想を書き込みつつ、 片っ端から試飲。
最初に売切れてしまった発泡酒と、
明らかに甘口で私好みでは無さそうな一本を除く 38本を飲覇?してみた。
ストライクゾーンの狭い私だが、好みのワイン3本に出会えたので、
大満足だった。
しかも、お気に入りの一本はマグナムサイズだったので大量に残ってしまい、
貰って帰ることが出来た。
普段会うことの無い、別のクラスの方々とも話が弾み、
楽しい時間を過ごす事ができた。
しばらくは、講師の荻野先生にはお世話になることになりそうだな・・・・。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.