歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

悲しい知らせ
可愛がって下さっている詩人の狩野敏也先生が、
ここのところ入退院を繰り返している。
回復して自宅に戻ると、また調子を崩してしまうとか。
高齢なので本当に心配だ。
隣駅まで行く用事が有ったので、お顔を拝見しに行った。
病室で俳句や詩の審査員の仕事や、執筆活動は続けているという。
思っていた以上にお元気そうで何よりだ。

私のライブで大声で歌ったり野次ったり(良い意味で)してくれる、
ある意味有名人?のHさん(多分、多くの方が「あの人ね!」と思ってくれるだろう。)も、
体調を崩して手術をしたと聞いた。
私と、狩野先生、Hさんとはマージャン友達でもある。

Hさんが国士無双を東で振り込んでくれたことがあった。
半年後、私が同じ東でHさんの国士無双に振り込んだっけ・・・。
とにかく、池袋ライオンで知り合ってから、
数十年もの長きに渡り、お酒天国を愛してくれるお客さんとして、
マージャン友達として、飲み友達としてお付き合いが続いて来た。

狩野先生が、
「もうすぐ退院だから、早速マージャンでもと思ってHさんに電話をしているが繋がらない。
どうしているのか。」と心配している。
まぁ、もし万一の事があれば、ライオン連絡網で必ず知らせが来るだろうし、
私が知っているのは、術後の経過が良いので体調も良く、
「10日間の禁酒が辛い。」と笑っていたというところまでだ。

大丈夫だろうとは思ったが、念のためHさんの親友の山ちゃんにその場で電話をした。
(Hさんは携帯を持っていないのだ。)
山ちゃんも「息子から何も言って来ないし、大丈夫だろう。」との事。
安心してその旨を狩野先生に伝え、
「次のマージャンでは病み上がりのお二人を木っ端微塵にしますよ!」などと軽口を叩いていたら、
山ちゃんから折り返しの電話が。

山ちゃんが、言葉を選んでいるのがわかる。
実は、これまで私が山ちゃんに誰かの安否確認の電話をすると、
ろくな事が無いんだ。
だから嫌な予感がして息子さんに確認の電話を入れたと言う。

Hさんは既に亡くなっていた。
息子さんいわく、
病院から「定期健診の日にお父さんが現れない。」と連絡があり、
家に様子を見に行くと、既に亡くなっていたという。
遺体の状態が酷く、本人と確認が出来ないために、
遺体は今も警察にあり、息子さんとDNA鑑定をして、
本人だと確定する作業中だとか。
亡くなったのは4月の中旬らしい。

こんな事って・・・・。
山ちゃんはいつも言ってたんだ。
皆年を取ってきているから、電話をしたり誘い出したりするのは、
生存確認みたいなもんだって。
狩野先生もマージャンの誘いとして生存確認していたのに。
ちゃんと皆が気にかけていたのに。

余りにも長く深い付き合いで、私をからかう声がはっきりと蘇る。
マージャンの時にはやたらぼやいて、うるさくて気が散ったもんだ。
二人揃って負けて、自棄酒を飲みに行った事もあった。
明るくて調子が良くて、お酒天国の時にトカゲの入ったお酒の空瓶を持ち帰り、
適当な焼酎を入れて、飲み屋の女の子を騙して飲ませたと大笑いしていたっけ。
96度のスピリタスを会場に持ち込み、散々飲んで泥酔した挙句に私に電話を掛けてきて、
「今年のお酒天国は最低だった!!!」と文句を言ったくせに、
数日後に会ったら、「あんなに面白かったのに、俺がそんな事を言うわけが無い!
電話を掛けた記憶も無い!」とか言いやがった。

思い出が有り過ぎる。
今頃、先に行った清史、藤田先生、椎野さん・・・・皆と再会して飲んでるかな。
私もいずれ行くからさ、それまで楽しくやっててよ。
またマージャンやろうね。

合掌。
心からご冥福をお祈り致します。




スポンサーサイト

単なる徒然
今月も終わろうとしている。
森田浩貴さんとのライブも無事に終わり、来月は本番が沢山控えているので、
日々暗記。←本番直前の緊張とこの暗記が無ければ大好きな仕事なんだけど。

***

お見せしたくないので(笑)日程の告知はしないが、
女性ばかりの集団での芝居で、
菊池寛「父帰る」のお父さんを演じることになってしまった。
私が年老いたお父さんだよ!
それもやつれて落ちぶれた・・・。
どう見ても今の私は健康そのものでしょう。
着物を着て中にはランニングみたいな物を着るらしいが、
髪はどうするんだろうか???
ヘアドネーションに参加するつもりで伸ばしているので、
人生で一番長いかも知れない状態なのに。
まあ、決まったからには頑張るしかないけれど。

***

その前に「昔のテレビ局」という、
昔のテレビマンたちがこれから立ち上げるネットテレビ局の撮影に参加する。
私は、「あの世で逢いましょう(仮題)」という歌謡バラエティ番組の主題歌を歌うことになり、
その撮影に臨むことになった。
まずはパイロット版として、「2050年はどうなっているか。」を、
出演予定の方それぞれが語ったり演じたりするらしいが、
私もその中の一員として、パフォーマンスもすることになっている。
出演者の中には驚くような人がいて、この先が楽しみなような、怖いような。

***

色々と声を掛けてもらえるのは嬉しい。
でも身の丈に合わず、何となく迷ったり違和感を感じたときに、
若い頃のように「無理してでも何とかしたい!」という気持ちではなく、
「そんなに無理をするなら身の丈に合った活動を細く長く続けたい。」と思う自分がいる。

***

オリンピックが終わった。
日頃事務員として働いている人が世界で活躍し、
注目されるのは素晴らしい。

メダルを取った人もそうでない人も、
人生をかけて取り組む物を持っている人は素晴らしい。

それにしても、日本が活躍したときに祝福できないかの国の人は、
何だか心が貧し過ぎて哀れに思える。
世界がその行動を見ているということさえ解らないんだな。

***

さて、今回のコンサートは新曲ばかり。
「あなたに合う。」と言ってもらった曲のオンパレード。
言って下さった方が続々予約をしてくれて嬉しい反面、
期待はずれだと思われたらどうしようという苦しさが、
迫ってくるのだ・・・。

むむー。
18年春のライブ





あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願い致します。

さてさて、新年早々酷いものもらいになってしまった。
最初のうちは、「きっと今年は物を貰う年になる♪」と軽口を叩いていたが、
みるみる腫れ上がり、平成のお岩さんになってしまった。
市販の目薬も全然効かないし、仕方が無いから眼科へ。
医者が、思わず「あらー、気の毒に。」と言った。

最近の眼帯は貼るんだね。
目を書き込んでみた。
見えるのは犬達しかいないので、『見て見て!ねーねー、見て!』とアピールしたが、
全然相手にしてくれずガッカリ。
わっはっは。

仕方なくメールに添付して送りつけたら、
「絵心が無いから、怖い。」という返信。
なんだか面白くないぞ。

今年もゆっくり自分らしいペースで頑張りますので、
どうかよろしくお願いします!!

***

1月第二土曜 アーリーバード
2月第二土曜 アーリーバード
   17日 池袋 アブソリュートブルー(森田浩貴ライブ アシスタント?)
3月第二土曜 アーリーバード
   11日 聖蹟桜ヶ丘OPA 
   31日 大久保シャンソン未来「夏川玲チャレンジソロライブ」
   (チケットの発売は2月上旬予定)

今年もありがとうございました!(一応今年の重大10大?ニュース)
皆様、今年もほとんど更新しないブログでしたが、
お付き合いいただきましてありがとうございました!

***

29日には15人を超える方にお越しいただき、
恒例のホームパーティを開催し、賑やかで和やかなひと時を楽しむことが出来た。
お世話になった皆様に心から感謝。

***

絶対に10個も浮かばない今年の私の重大(10大)ニュース!
(思いつきで書き連ねるので、順位は無しね。)

①愛鳥ブレヒト(ヨウム)が突然発作を起こすようになり、死を覚悟した。
 
 それこそ、ある日突然激しい発作を起こすようになってしまい、
 長い時間白目をむいて意識を失う姿に、一時は死を覚悟した。
 日頃犬達がお世話になっている獣医には、鳥を診られる先生が一人しかいない。
 運悪くその先生がいない時期だったので、埼玉にある専門医まで連れて行き、
 何とか診て貰う事が出来た。
 先生の適切な判断で急激に回復し、 今では「あれは何だったんだ??」というくらい元気になってくれた。
 
②生まれて初めて車をぶつけた!
 
 深夜に車で帰宅中、突然目の前に何かが飛び出してきた。
 驚いて避けようとハンドルを切ったら、ボディの後ろを何かにぶつけてしまった。
 飛び出してきたのはダックスフントだった。
 車を止めて声を掛けたら走って膝に乗ってきたので、
 そのまま警察に。
 翌日飼い主は現れたが、もし轢き殺していたら一生車に乗れなくなるところだった。

③天地真理さんからお花を頂戴した!

 森田浩樹さんとのライブにお手伝い要員?としてお招きいただいているが、
 森田さんと言えば、トップギャランの森田公一さんのご子息。
 お父さんが天地真理さんの曲を書いていた関係で、
 我々のライブに足を運んで下さった上に、お花まで♪
 子供の頃に見ていたトップアイドルから手渡され感激。
 (来年は2月17日に池袋で開催します。)
④お酒天国のチラシに初めて自分の写真を使った!

 大したことではないのだが、26年間続けてきたバースデーコンサートで、
 初めて自分の写真を使ってみた。今まではイラストやイメージフォトだったが、
 何となく気が向いて。
 とても評判が良く、気を良くした。

⑤全てのライブを全うできた。
 
 体調も良く、継続しているコンサートやライブの(6月のお酒天国、秋の浮かれてシリーズ、
 美香りんとの仙台公演、錦糸町アーリーバードでの月例ライブ)全て、
 やりきることが出来た。
 お酒天国は26年、浮かれてシリーズは11年、仙台公演は13年・・・。
 ご一緒して下さる皆さんも元気でいてくれたお陰だ。
 来年もお願いします!!!

⑥手のサイズを測ってもらったら!

 私の趣味はゴルフだ。
 手が大きくて日本の女性用サイズのグローブは使えない。
 男性用のグローブを使っていたが、最近は爪を長くしているので、
 アメリカから取り寄せた可愛いデザインのグローブの先を切って使っていた。
 しかし!!!ゴルフ洋品店で、オーダーメイドグローブの測定イベントが有り、
 計測してもらったら、普通の女性と同じ手の幅だと言うことが判明した!
 要するに指が異常に長く、指を収めるために大きなグローブをするしか無かったららしい。
 ということは、指先が切ってあるネイル用なら、女性サイズでOKということになる。
 早速可愛いデザインのネイル用グローブを買ってみた。
 入った!!!
 これまでは男性用の24センチを使っていたが、
 女性用の22センチがジャストサイズなのだと、今回初めて知った。
 ビックリした。

⑦ピロリ菌はいなかった。
 
 腫瘍マーカーも問題なし。脳ドッグも問題なし。ピロリ菌もいなかった。
 良かった♪

⑧犬も鳥も魚も私も、皆揃って元気に年が越せそうだ。

 去年は老犬を見送ったが、今年はお陰さまで全員揃って元気に年が越せそうだ。
 もちろん、両親も妹家族も。
 有りがたいことだ。

・・・探せばもっとありそうな気もするが、
  この辺りでやめるのが私らしいのかも。

***

皆様、本当に今年一年お世話になりありがとうございました。
来年もこんなペースの私ですが、どうかよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ!!

   

単なる徒然・・・久々。
更新しないまま12月も終わろうとしているではないか・・・。
もう、性分だから駄目だなと自分でも諦めつつあるという。
心の片隅に、更新しなきゃという気持ちが有るにはあるのだけど。

***

12月に入り、13年目の仙台公演が終了した。
有り難いことに、このコンサートを評価していただき、
来年の4月に山形で同じ内容のコンサートを開催させてもらうことになった。
嬉しい!!!!

***

仙台のコンサートを前に、私の父が過労で入院。
齢80歳を過ぎた父が過労だよ!?
未だにサラリーマンの父、入院した翌日は出張の予定だったらしい。
流石にリタイヤするのかなと思ったが、まだ続けるらしい。

なかなか自分の人生を「長い目」で見るというのは難しい。
人間誰しもがその場の「快」で物事を判断してしまいがちだし、
将来の事なんてわかるはずもない。
父が現役(今も半ば現役なのだが、いわゆる定年前という意味で。)の頃、
どんな葛藤があったかは知らない。

私が高校生くらいのときに、父が仕事の事で・・・と言うよりは
職場の人間関係かな・・・で思うところが有るらしいということは、
何となく感じていた。

不器用な父は出世はしなかったのかも知れない。
でも、家族はみんな父が大好きだ。
もしかすると、家族みんなに愛される以上の幸せなんて無いのかも知れない。
会社での肩書きなんて、やめちゃったら何の役にも立たない。

家族からの尊敬と愛に定年は無い。

今も設計の仕事をしている父の人生は、「長い目」で見たら最高なのかも知れないと、
しみじみ思う。
あー、元気に好きなだけ生きて、好きなだけ働いて欲しい。

***

仙台で美香りんのご両親に会う。
年に一度だけれど、お母さんからは可愛らしいプレゼントと、心のこもったメッセージをいただく。
お母さんの体調が思わしくないことは聞いていたが、コンサートに来てくださった。

お父さんは、「コンサートが終わったら玲ちゃんと飲みたい!」と言ってくださり、
帰京までの短い時間だったが、一緒に美味しいお酒を飲むことが出来た。

池袋のライオンで美香りんと出会い、
そして一緒に13年間も同じ目標に向かって努力してきた。
お酒天国を26年続けるのとは違って、
どちらかを変えて開催するのとは意味が違う。

感慨深い仙台公演になった。

***

今年はこれにて終了にしようと思わなくは無いが、
毎年10個も無い、今年の十大ニュースを書くぞと決意。





Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.