FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

お元気ですか???
ほぼ無職となり、一か月が過ぎようとしている。
ずっと私が家にいるので、少なくとも4匹の愛犬はとても幸せそうに見える。
私自身も、常に寄り添ってくれている愛犬の存在にどれだけ助けられているか。
今更ながら、4パピ・・・ありがとう。

お酒天国のチラシが出来てきたが、
果たして予定通り開催できるのかどうか。
気持ちだけでも明るく見えるような写真を選んでみた。
一応、開催するつもりで準備だけは進めている。
一部は去年歌う予定だった中島みゆきから。
お酒天国2020
facebookで告知をしたら、こんな時なのにチケットのお申込みをいただき、
涙が出た。
終息したら、我々ミュージシャンの出番も来るだろう。
それまでは明るく過ごすことにしよう。

皆さんも、どうか生き延びて下さい!
生きていれば何とかなるでしょう。
笑える日を願って。
スポンサーサイト




しゃれにならなくなって来ました・・・・。
新型コロナの事は本当に冗談を言っている場合ではなくなってきた。
私も今月前半はほぼ無職状態になってしまった。

かといって、経済活動をしないというのは良くないと思い、
半年前から計画していていた、友人たちとの旅行を決行。

出来るだけ良い食材を買って、自宅で贅沢をする予定なのだが、
外食と違ってたかが知れている。

とにかく、デマに流されず冷静に恐れたいと思っている。

皆様、暫くお目にかかる機会がありませんが、
どうかお気をつけて。

妹とランチをして、謎の子守唄について訊いてみた。
特に仲が良いわけでもなく、悪いわけでもない。
妹と私の関係。
彼女が子供から手が離れたので、時折ランチに誘ってみたりしている。
今回も何となく思い付いて声をかけてみた。

メッセージを送ったら間髪入れずに、OKの返事。
食べたいものを訊いたら「肉!」との事。

新宿の老舗ステーキハウスでランチを楽しむことに。
ランチじゃ無ければコースで数万円の高級店だ。
美味しそうに沢山食べていたので、見ていて気持ちが良かった。

***
お義母さんの物置部屋の片づけをしている。
お宝が出て来るので、大変ではあるが結構楽しんでいる。

私は寒い部屋で掃除をしているのだが、
片づけは私に任せ、
お義母さんは暖房の効いた部屋で炬燵に入り、
私の愛犬4匹を侍らせている。

犬を寝かしつける子守唄が聞こえてくる。
いわゆる「寝んねんころりよ おころりよ~♪」という一般的な歌だ。
坊やは良い子だ寝んねしな~♪の「坊や」の部分が犬の名前になっているので、
聞いていて思わず笑ってしまう。

「ピンちゃんは良い子だ寝んねしな~♪」

きっと、この歌で子供たちを寝かしつけていたんだろうな。
歌声が何とも渋くて、私の琴線に触れ思わずグッとくる。

その時!母が妹を寝かしつけるときに歌っていた子守唄を突然思い出してしまった!!
二段ベッドの上が、その頃の私の唯一の空間だった。
下では泣いてばかりいる妹(本当にやたら泣いていた。)を寝かしつける母が、
妹を軽くポンポン叩きながら、子守唄を歌っていた。
横浜の当時住んでいた社宅の二段ベッドにいる自分を、
やたらリアルに思い出してしまった。

問題はその子守唄なんだよ。

通りゃんせの、
「この子の七つのお祝いに~♪」の部分のメロディで、
お目々も無ければ鼻も無い。お手々も無ければ足も無い~♪
と、延々と〇〇が無ければ〇〇も無い~♪
体中何も無い人の、良くわからん歌なのだ。
子供心に、「何だこの歌は!!!」「早く終わらないかな・・・。」と思ったものだった。
それをやたらリアルに思い出してしまったのだ。

母にあの子守唄は一体何だったのか訊いてみた。
私も誰かに歌ってもらったんじゃ無いかな?との返事。
誰だよ、そんなの歌ったのは。

で、その歌で寝かしつけられていた本人である妹に、
覚えているか訊いてみた。
思えていないらしい。

あんな歌、覚えていない方が良いよ。(笑)

謎の子守唄、ご存じの方いません???





気を付けるしか無いけれど。
新型コロナウィルスによる肺炎・・・。
年を取っていると重症化しやすいらしい。
私はまだ若いから大丈夫だと思っていたら、
私の年齢くらいから重症化する人が急に増え始めるらしい。
そう、要するに私は全然若くないわけだ。
わははは。そりゃ、そうだ。

武漢からチャーター機で帰国した日本人の内、
二人がウィルス検査を拒否したと聞いた。
ほとんどの人が自ら用意された場所での待機を希望し、
病気の蔓延を防ごうとしているというのに、
(いや、これが普通だと思う。)
この二人は何を考えているのだろうか??
こんな人は、次の便で送り返せば良い。

珍しく憤っていたら、流石に検査を受けると申し出たらしい。
当たり前だ。
こいつら、保菌者で回りにまき散らしたら、
どう責任を取るつもりだったんだろうか。

コロナウィルスは、別に珍しいものでもない。
通常の風邪の3割はコロナウィルスだ。

とりあえず、マスクにはウィルス対策用のスプレーをかけ、
一度でも外したら捨てて新しくすることにしている。
クレベリンのペンタイプを持参している。
そして何よりもアルコールで内臓も消毒している。
それも毎晩だ。
すいません、嘘です。
私が言うとシャレにならんと言われそうだ。

度数の高いウォッカを凍らせ、寝る前に一口だけ飲めば、
結構本当にアルコール消毒になるのでは無いかと思いつつ、
ウィルスを防ぐのと、肝臓を悪くするのとどちらを取るのかという、
究極の選択が待っているのであった。

私も恐れ過ぎずに適度に気を付けるので、
皆さんも、どうかどうか、お気をつけて。



DVDはこんな感じです。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.