FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

新春シャンソンショー2019(笑)
私はシャンソン歌手と言われると、戸惑う。
何故なら、レパートリーにシャンソンはそんなに無いから。
歌謡曲の方が圧倒的に多いので、これからは歌謡曲歌手と呼んで欲しい。
(まぁ、正直どうでも良い。)
毎年1月と7月だけはシャンソンのみを歌うことにしている。
そう、単に「新春シャンソンショー」に引っ掛けただけ。
リハーサルの後に駆けつけてライブ!
私のレパートリーはシャンソン歌手と呼ぶにはマニアック過ぎるかも?

***

ピアニストの斎藤美香りんはダイエットのために4日から禁酒しているそうだ。
3月末までにあと5キロ痩せると宣言していたが、
私は今年は「年間100日」のゆるい禁酒なので、
美香りんにはお構い無しに飲むという・・・・・。
悪いけど、私は飲む!

妹が最近激太りしてしまったのを見て、
私も気をつけなければという危機感はあるにはある。
で、以前から興味が有ったDNA鑑定をすることにした。
何を食べると太りやすいのか、DNAレベルで鑑定してもらい、
これ以上太らないように気をつけようという感じ。
すでに検体は送ったので、後は結果を待つばかり。
ちょっとワクワクしている。

***
4月のコンサート、
どうか私を知らない方にお勧めください。
昭和歌謡がお好きな方なら楽しんでいただけると自負しています!
どうかよろしくお願いします。
4月26日のコンサートチケット発売になりました。





スポンサーサイト

気の合う仲間とのリハーサル
21日にピアニストの松川裕さんのネットTV番組、
「松川裕の弾いて歌って笑って泣いて」に呼んでもらっている。
タイトルの4大テノールというのは単なるシャレだ。

2回目の出演だが、今回は森田浩貴さん、宮内良さんという豪華メンバーとの共演となる。
森田さんと良さんとは約18年前に「ライオンハートクラブ」というユニットを組んでご一緒した。
森田さんとは同い年という事もあり、その後もずっとステージをご一緒させてもらっているが、
何故か良さんとは縁が無く、18年ぶりの共演となる。
今日はそのリハーサル。
4代目NHKの歌のお兄さんでもある良さんは、本当に永遠の王子様で、
彼のスマートで優しい性格も相まって、
もう、良さんのまわりには星がキラキラしているように見えてしまう。
ライオンハートクラブ以来18年ぶり!


18年前に二人で歌った思い出の一曲を披露することになった。

そして、このメンバーでのライブが、この収録のための一時間ではあまりにも勿体無いので、
5月あたりにちゃんとコンサートを開催しようかと言う話になった。
実現させなきゃ!

残席わずかとなっています。
ご予約ください。
そして、遠くにお住まいの方は是非生放送をご覧下さい!!!
もー、良様もいるのよー。



14回目の仙台公演終了!
最近の私は、「続ける」ことの厳しさとの戦いになってきた。
「お酒天国」は27年、「浮かれて!?」はコニタンと美香りんの力を借りて12年、
「仙台公演」は美香りんと力を合わせて14年・・・続けてきた。
もちろんそれぞれの体調問題など、多少のブランクが有ったこともあるが、
皆が元気に現役を続けていなければ実現できない。

この仕事は我々クラスでは現役を続けることさえかなり厳しいのに、
よく頑張っているとお互いを褒めないとね。

***
今年は翌日に石巻でのパーティにも参加することになり、
12月1日一拓だったのだが、肝心のパーティが延期。
パーティが無いなら別の日程にして欲しかったのだが、
既に他の日程に空きは無いという事で、仕方なく設定。

それでも地元の皆さんや、東京から駆けつけて下さった皆さんのおかげで、
今年も無事にコンサートは終了した。
facebookを通じて知り合い、初めて来てくださった方や、
仙台で出演したお芝居の関係者など、
始めましての方や懐かしい方との話も弾み、
気がつけば充実感に包まれた時間になった。
続けるって本当に大変、でも続けた先にしか見えないものがあるね。

毎年打ち上げでお伺いしている、国分町の足手纏の絹ちゃんも元気そうだったし、
塩竃のはま勢のご夫婦も元気だった。
一年に一度、みんなが元気・・・・それは本当に小さいけれど素晴らしいこと。
きっとまた来年お目にかかりましょう!


セットリスト
・糸(中島みゆき)
・昔聞いたシャンソン(さとう宗幸)
・ああ宮城県2020(川田愛美)
・ルイ(ちあきなおみ)
・山口洋子メドレー(うそ・よこはまたそがれ・ブランデーグラス)

・美香りんコーナー ショパン特集

・パリの空の下
・オルガ
・脱走兵
・トワイライト・レイン
・愛の讃歌

・アンコール 青春時代



墨田トリフォニーホールでのイベント終了!(写真追加)
錦糸町のアマチュア名物バンド、「イレギラーバンド」の皆さんのライブに、
今年もご一緒させてもらうことが出来た。
それも、今年は結成25周年と、バンマスの70歳の記念で、
何と大ホール!!!

私のプロフィールを提出してて許可が出たので、(去年の12月辺りの日記を読んでね。)
私を呼ばないわけには行かなかったんだけど。(笑)

1800人のホールでゲストとして招かれるなんて、
私程度の知名度ではなかなか無い機会なので、
本当に光栄な事で、決まって以来ずっとワクワク。

当日楽屋口で「名札はお持ちですか?」と訊かれたが、
ライブに出演するときに名札を持参したことは無いので、
???状態だったが、無い場合は常に見えるところに付けるように指示されたのは、
可愛い金のリボンだった。
こんなの初めて。

楽屋には、ホールの周囲をぐるっと回らないとたどり着けないのだが、
客入れ前の薄暗いロビーに、ピアノを弾く格好をしたマネキンが置かれていて、
ものすごく驚いた。(恐かった・・・・かも。)

楽屋は私と美香りんだけにしてもらえたので快適そのもの。
数日前の出来事で、大いなる助け舟を出してもらっていたので、
その事を素直な言葉で直接彼女にお礼したいと思っていたタイミングだったし、良かった。

で、去年は女性全員の楽屋だったのだが、
今年は、我々は一度楽屋に戻り全裸になって着替えなければならなかったので、
2人だけの個室で良かった・・・お気遣いに感謝♪

沢山のお客様が!!!!!
1800人の会場に本当にお客さんが来るのか不安だったのだが、
楽屋で見ていたモニターから聞こえてきたのは盛大な拍手だった。
私が出た2部の最後には、こんなもんじゃなくもっともっと沢山の方が来てくれていた。

二階席の方が手を振って下さったり、
久しぶりに、「やっぱり私は大きいところの方が合ってるな。」と再確認。
本当に気持ちよく歌わせてもらいました。


本当に気持ちよく歌わせてもらったのだが・・・・、
大抵は愛の讃歌を歌ったら終わりなので、
愛の讃歌を熱唱後、終わった気になってステージから降りようとしたら、
「夏川さん!まだまだ、もう一曲!!」とMCの永井さんが舞台袖で慌てて叫んでいる。
ステージ上のメンバーも困って成り行きを見ている。
 
「あ!」
もう一曲有った。
こんなミス、初めて。
すいませ~ん・・・って感じの写真。
近くで見たら驚くようなメイクだよ。


***

ゲスト出演を終えてすぐ、先月の衣装に早着替えをして、
レイ・サマリバとパトリシア・サイコとして踊ったり、コーラスに参加したりした。
謎の外国人・・・と言われた二人

ピンクのウィッグの中に、この超ロングヘアを素早く入れなければならない関係上、
ゲストとして出たときには、髪にスプレーをかけずに(かけるとゴワゴワになってまとめ難い!)
本番直前まで髪にカーラーを巻いたままで過ごした。
わかってもらえないのだが、結構本気で苦労してるのよー。

****

本番が終わって打ち上げの時の反省会で、
もちろん私は曲数を間違えたことを皆さんにお詫び。
本当にすいません!!

あるメンバーからの、
「プロの方の、サービス精神は(本来なら断る事も出来る立場の我々が、
ゴージャスなドレス姿から、笑いを取る為の格好に変えて踊りやコーラスに参加した事に。)
本当に凄いと思った。」と言っていただき、全てが報われた気がした。

***

目標の500人は軽く突破!
私も美香りんも絶対に偉そうにしたりしないし、(笑)
これからもずっと楽しい時間をご一緒させてね。

イレギラーバンドの皆さん、関係者の皆さん、
そして会場のスタッフの皆さん、ありがとうございました!!
来年もよろしくねーっ♪



良い時代になった・・・・。
来年の4月26日に開催予定のコンサートの内容を話し合っている。
早過ぎない?と思われそうだが、バンド用のアレンジを始めてもらわなければならないので、
そろそろ完全に決めないとなのだ。

今はほどんどの曲をyoutubeで聞くことが出来るが、
以前は音資料を入手するのは本当に至難の業だった。
レンタル品が有れば良い方。
今と違って気軽なネットオークションも無いので、
持っている人を探してカセットに録音してもらったり、
「じゃまーる」という雑誌に投稿して、情報提供をお願いしたりしたもんだ。
それを自分で耳コピーして、楽譜に清書する。
で、場合によってはその後に訳詩もしなければならない(前回の日記はこの辺りの話。)

だからこそ我々世代は楽譜に対する思い入れが強いのだ。
自分で出来なければ、お金を出してそれをやってもらうしかない。
お金が無ければ、自分にスキルを身につけるしか無かった訳だ。

プロデューサーから演目の提案がある。
2ハーフの曲(2番とサビ以降半分が繰り返されるサイズの曲。)なのだが、
youtubeでも1ハーフ版(テレビ用に2番をカットして1番とサビ以降の半分を歌う。)しか無い曲がある。
素人の方が歌っているバージョンも有るには有るが、
適当に覚えて歌ってアップしている人がいるので要注意なのだ。
一応オリジナルを聞かないと危険だ。

オークションでその曲が入っているレコードを落札。
  ↑
まず、これだけでもかなり助かる。
昔は中古レコード店に行って、有ればラッキーだが大抵は無い。

そしてデジタルレコーダーで録音。
  ↑
カセットとは違い、録音した音をデータとしてパソコンに取り込む事が出来る。

コードを解析するソフトで、音源を解析する。
  ↑
聞き取れるので必要ないのだが、
コードが全くわから無い人が、鵜呑みにするわけにはいかないだろうが、
迷ったときに参考にする程度には利用できる。

外国曲なら翻訳ソフトに歌詞を打ち込む。
  ↑
大体の意味は一発でわかる。
どんな訳詩にすれば良いのか、方針はすぐに決まる。

嗚呼・・・・何て楽なんだ。

と、しみじみしたのだが、
今はこれが当たり前だから、この作業でさえ面倒で辛いのかもしれないね。
良い時代になったなー。
苦労していた当時にこの環境があったら、もっと色んな曲を歌えたのにな。








Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.