歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

矯正終了間近!
2年前の8月、インビザラインという透明のマウスピースを使った歯列矯正を始めた。
症状としては、下が重度叢生、上は前歯の欠歯という悲惨な状況だった。
インビザライン開始の頃

あれから丸二年・・・。
実際はもう少し動くらしいのだが、
一応今日マウスピースによる矯正が終わった。
人間の記憶というのは本当にいい加減なもんで、
確かに下の歯はとても歯並びが悪かった・・・という記憶はあるのだが、
どんな風に舌に触って不快だったかとか、細かいことをすでに忘れかけているのだ。
40年以上付き合った歯並びだったのにだ。
インビザ初日
今改めて見ると、酷い歯並びで自分でもビックリする。
何だか可哀想な人に思えてくる。

上の歯は確かに一本足りなかったが、それなりに並んでいて、
さほど歯並びが悪いとは思っていなかったのだが、
こうやって見ると良くは無かったんだなぁ。

そして、これが終了後の今の私。
インビザ本日
下の歯は奥歯の径が広くなり、前歯は綺麗に並べなおされ、
上の歯は、本来あるはずだった右の2番に一本分の隙間が出来た。
(写真はマウスピースに仮歯が入っていて、マウスピースを外してしまうと、
隙っ歯なので恥ずかしくてお見せできない。)
しかし、左側によくもまぁこんなに後ろにずれて行くもんだ。

下あごの形がちょっと変わって、何よりも顔のゆがみが直ったのだが嬉しい。

来月から、新しい歯を入れる治療が始まる。
これは少々大掛かりになる可能性があるが、ここまできたのだから乗り切りたい。

っていうか、プロモーションビデオ見ると歯並びが酷くて悲しくなるから、
撮りなおしたいーーー!!



スポンサーサイト

もう、暑くてやる気が・・・
久しぶりに歯の矯正の話。
凹凸が酷かった下の歯は、見違えるほど綺麗になってきた。
まだ完璧ではないが、最初がこの状態なら治そうとは思わなかっただろう。

本来有るべき場所に歯を足すことになった上の前歯は結構悲惨。
隙間が実際の歯の三分の二に近くなってきた。
白いワックスで隙間を誤魔化してきたがそれも限界。
念願の仮歯が入った。

***
あー、最近読んで下さるようになった方には何の事かわからないか。
透明のマウスピースで歯の矯正をしているのです。
上は欠歯が有り、下は重度の凹凸という歌手には有り得ない状態だったのだ。

***
順調だったのだが、ここに来てエラーが出た。
目立つ上の前歯が斜めに動き出したのだ。
年内に使うはずだったアライナーを期間を短くして一気に動かし、
新たなアライナーを発注する事になった。

***
話が通じなかったらすいません。
今週の土曜日は、大好きなギタリスト大野元毅さんとのステージ。
是非お越しください。



驚いたこと(インビザライン)
3ヶ月に一度しか検診に行かないので、
本当に忘れた頃に行くことになる。

超下らん話で申し訳ないが、3ヶ月に一回の検診は余程記憶力が良くなければ忘れてしまう。
だから、前日に自動配信のお知らせメールがくる。
忘れたりはしないが、私の通っている矯正歯科は完全定額制なので、
例え忘れても診察の回数を減らされたりはしない。

しかし、美容関係の(エステとか脱毛とか)場合は『忘れたら一回分の権利を無条件で剥奪』
というシステムになっていることが多い。
だったら歯医者と同じように前日にでもメールで知らせれば良い。
今時そんなことが出来ないわけがない。
要するに、忘れさせてお金だけ取ろうと言う魂胆が見え見え。

脱線した。

表題は、先日の検診の時に言われた事。
何と、後五回マウスピースを交換したら下の歯の矯正は完了するのだそうだ。
と言うことは、7月には終わってしまうということになる。
それこそ何十年もずっとずっと気にしていたあの酷い叢生が、後2ヶ月で治ってしまう。
最近では自分でも明らかに歯並びが変わってきたことが実感できるようになった。

問題は上の歯だ。
今は歯の半分位の隙間が出来ている。
これを歯一本分の隙間になるまで広げるのだから、
人前では食事中もマウスピースを外せない状態になる。
長い人生の半年なんて大したことはないと自分に言い聞かせるしかないが、
一番つらい時期を迎えることになる。

今回は歯に付けられていた凸を削り取ってもらい、
半年ぶりにツルツルな綺麗な歯に戻ったのが救いだ。

7月の下旬に、どのくらいきれいに直ったか写真貼りますね~。

お知らせ
お酒天国23チケット好評発売中!


インビザライン④
知らない人からインビザラインの事でメールが来た。
無責任なことは書けないなぁと思いつつ、
嘘は書いていないから大丈夫だとも思う。

矯正を開始して15週が過ぎた。
あれこれ不便なこともあるが、概ね慣れた。
一番残念なのは試食が出来ないことか。
元々試食など殆どしないのに(試飲はする。)出来ないとなるとしたくなる。
不思議なものだと思う。

今は、7個目のアライナーをつけている。
一個2週間なので、矯正を始めてどのくらい過ぎたかわかるわけだ。
現在は一本増やそうとしているところに、
目で見てわかるほどの隙間が出来たことと、
上の一番奥の歯とその手前の歯の間に隙間が出来たこと。

下の歯は、毎日じっくり見ているが変化が全くわからない。

***

久しぶりに検診。
装着時間も完璧に守っているし、経過は順調。

驚いたのは、全く変化が見られず挫けそうになる下の叢生が、
最初の写真と見比べると明らかに違っていたこと。

ちゃんと約束を守れることに対して信頼していただけたのか、
これから先の全てのアライナーを下さった。
小分けされた30個のマウスピースは結構な量だ。

***

どうしても見たくなってしまい、
駅で電車を待っている間に、箱の中で一番手前にあった23個目のマウスピースを取り出してみた。
一生直らないと諦めていた下の叢生が、殆どなくなっている。
どうやら、年明け早々上の歯よりも前に出ていた歯は内側におさまり、
来年のお酒天国の頃には、かなり綺麗に並んでいるようだ。

38個のマウスピースで完了だと思っていたが、
35個で終わりらしい。
もし、先生がもう少し続けた方が良いと判断したときだけ、
残りをつける可能性もあるとか。

***

これまでそれほどの痛みを感じなかったのだが、
今回の7をつけた時はかなり痛かった。
翌日の痛みはこれまでで最大(我慢できない痛みではないが、
私はかなり痛みに強いらしいので、他の人とは比較できないが。)だった。

下の左右の4番、5番は舌で押してもぐらぐらしているのがわかるほど、
ぐらぐら揺れた。
この状態で不用意にぶつけたりしたら、抜けちゃうかもしれない。
ぐらぐらすると聞かされてはいたが、実際に揺れると驚く。

***

次回の検診は2月だ。
マウスピースを取り替える日を知らせるアプリがあると聞いたが、
そんなもんは全く要らない。
なぜなら、楽しみで楽しみでカレンダーにも手帳にも印がついているし、
忘れようが無いからだ。

自分でいつでも外せるこの方法だが、
2週間ごとにほんの少しだけ動かすことで大した痛みも無く、
目立たず、本人のモチベーションさえ下がらなければとても良い方法だと思う。
子供にはすすめられないが、大人で自ら志願した場合は良いと思う。

で、
来週の火曜日からはめる8番目のマウスピースと、
最後にはめる35番のマウスピースを。
1465272_545533022190114_1195134441_n.jpg






インビザライン③アタッチメントが付いた
私は痛みに鈍感で、手先が器用だ。
何事もコツをつかむのが早い。
初めて読む方は『何言ってんだ?』と思われるだろうが、
このブログが切っ掛けになってインビザラインでの矯正を
考える方もいるので、最初に書いておく。
実はこれは結構重要だからだ。

************
大きく動かさなければならない部分にアタッチメントが付いた。
(今回は叢生が酷い下だけ。)
爪のスカルプチュアにも使うレジンを、
歯の表面に塗り、今回のアライナーからついている凸の形状に
合わせて固めた小さな突起物だ。
アライナーをはめてから一分間チューナーという、
白いゴムの筒を噛んでしっかりはめる。

突起物がアライナーにはまるので、外しにくくなったが、
医院で説明された奥歯を揺らすという方法では前歯が外れないので、
前歯を浮かせるようにした方が簡単に外せた。

あらゆるところに隙間ができて、やたらに物が挟まるようになった。
楊枝は先は細いが、太くなってゆくので歯間ブラシの用に
通せないので以外と奥歯の間は取りにくいが、
たまたまネットの懸賞で当たったカードピックという、
ポリプロピレン製の薄っぺらな楊枝が大活躍している。
板状なので財布に入るし、使い捨てで衛生的だし、
マウスピース矯正の必需品だと思う。

近所を探したが見かけないので、無くなったらお取り寄せかな。

アライナー8までもらったので、しばらくはこのままだ。

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.