歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

無事にお父さんを演じきる・・・。
菊池寛の「父帰る」の上演が終わった。
見てくださった認知症の老人から「悪いお父さん。」と握手を求められた。
「こんな悲しいもの見せられて嫌だった。」といつも文句ばかりだという方が、
涙を流しつつ文句を言って帰られた。(笑)

他の出演者の方には本当に申し訳ないのだが、
本番直前のリハーサルくらいからやっとエンジンがかかり始め、
本番でピークという、いつものパターンになってしまった。
直前のリハーサルで、突然これまでに無い部分で感情が抑えきれなくなり、涙を流し、
本番では鼻水まで垂らす有様だ。
(稽古の時には部分の確認をして、直前リハーサルで一人の人物としての流れを感じる事が出来た・・・という感じ。)

もちろんお稽古の時から一生懸命取り組んではいるが、
他の方は役者の経験があるので、私の様な極端なスロースターターは、
さぞかしやり難いだろうな・・・と。
まぁ、崩れてご迷惑をお掛けする訳ではないので良いか。

不思議だと思うのは、これまで出演したお芝居は3作になるが、
(リタと大学教授・食べるか喋るか・父帰る)歌の時はあんなに緊張するのに、
芝居は全く緊張しないという事だ。
芝居の方が経験が少ないから緊張しそうなもんなのに全然しない。
理由は全くわからない。

自分から積極的に芝居をやろうとは思っていないが、
またこんな機会があったら、挑戦してみようかなとは思っている。
しかし・・・疲れる芝居だった。

共演の皆様、見てくださった沢山のお客様、本当にありがとうございました!!


スポンサーサイト

菊池寛の「父帰る」でお父さんを演じる事に・・・・
流れに抗わずに生きていたら、(実に大げさ)
歌ではなく、なぜか芝居をやることが多くなってきてしまった。
一生懸命に取り組んではいるが、私には向いていないように思う。

先月の記事に少し書いたが、
菊池寛の「父帰る」の、お父さんを演じる事になってしまったのだ。
今回はたまたま女性しか参加者がいないので、
「背が高い人」というキーワードが台詞に出てくれば、
当然私がお父さんという事になる。

6人の参加者の中で、役者としての基礎を学んでいないのは私だけなので、
もしかしたら「父帰る」からは外されて、歌か朗読になるかなーと、
勝手に予想していたが、見事に裏切られお父さんに・・・・。

勝手に女房子供を捨てて家出をして、
年を取ってしまい、経済的に立ち行かなくなって、
20年ぶりに家族の元に帰って来るというダメおやじだ。
時代背景は今とは違うとしても、私個人としてはこのお父さんを
簡単には受け入れられない。

歌の場合は、受け入れがたい人物像の内容のものを、
選ばなければ良いだけの話なのだ。
芝居の場合は、全く持って受け入れがたい人物にならなければならない。

戻った父親を罵倒する長男の気持ちが痛いほど良くわかる。
「そりゃ、もっともだよね。」と思う。
役とは言え、耳が痛い!!
稽古の間中罵倒され続けて、辛くて涙が出てくる。
(いや、私が罵倒されている訳じゃないんだけどさ。)
短い芝居なのに一回通すと本当に疲れる。
罵倒するほうも、される方も体力が必要だ。

要するに実生活では、罵倒されたりしたりする事が無いようにした方が、
無駄に疲れなくて済むということだなー。

歌なら長くても5分間集中して役を演じれば良い。
でも、芝居はずっと同じ人として集中し続けて、
一貫性を持っていなければならない。←ここが私に向いていないと感じる点

悩む私に多くの言葉でアドバイスをくれる共演者のみんな、
本当にありがとう。

こんな立派なチラシまで・・・・やめてくれー。父帰る・・・






4回目の和紙漉き教室参加♪
続きを読む

リタと大学教授終わる
仙台の劇団LGTのお芝居に出演させていただいて3ヶ月間。
稽古を含めると実に半年間、このお芝居にかかりきりだった。
初めての芝居が二時間半を超える二人芝居。
膨大な台詞量、わずかな稽古期間。
何をどうしたものかと頭を抱えた半年間がやっと終わった。

人目を気にする余裕など無かった。
最初の内は、完璧に覚えたと思っていても、
動きながら喋ると全く台詞が出てこなくなってしまったので、
駅までの道の行き帰り、ジムのプールで歩きながら、ひたすらブツブツと喋り続けた。
変な人だと思われているだろうな。
アクアズンバに一緒に出ているお喋り好きの明るいご婦人が、
いつも私に話しかけたそうにしているが、多分私は何者も寄せ付けない、
変人オーラを出していたに違いない。

家では声を出して相手の台詞も含めて全て喋り続けた。

仙台の皆さんは本当に良い方ばかりで、あたたかく迎え入れてくれたが、
私がいることでどれだけやりにくくなっているか、言われなくてもわかる。
気を使ってもらえばもらうほど、辛くなるのだから人間は難しい。

後一回で終わり・・という回はとても感慨深かったのだが、
本当に終わってしまったら、自分でも呆れるほどに何にも感じることなく、
ただ淡々と「終わったんだな。」と思った。
そして、頭の片隅にずっとあるのに手が着けられずにいた、
来週末のお酒天国の練習がやっと出来るなと思った。
(だって、新曲が一曲全く歌えてないんだもの!!)

劇団の皆さんから記念品として手渡されたアルバムには、
一人一人からのメッセージと、頑張った私の半年が詰まっていた。
帰りのバスの中で、アルバムをめくりながら涙が止まらなくなった。
仙台⇔東京10往復も、短すぎる稽古時間の重圧も、膨大な台詞も、
歌の練習に集中できないことも、本当は全部とても辛くて苦しかった。
やらないという選択肢はなかったが、本当にやるべきだったのかは考えた。

この先芝居をやることはもうないかなとも思うが、
手に入れることが出来たと感じたことを大切にして、
歌の練習に励まなければ。

うお~、来週はいよいよお酒天国だ。
台詞は削除して、歌詞を入れるぞー!!






リタも残すところ2回!
今日は、4月からお引き受けした新しい講座の試験(兼生徒さんにとってはライブ)だった。
たった3ヶ月で私が皆さんのために何かを出来るというわけでは無く、
個々の演目に対してのアドバイスはしたつもりだが、
ライブに関してはあえて口を出さずに(結構イライラしてここまで出かかったのだが・・・。笑)見守りに徹する役目だ。

夢を持つ若者は良いね。
「やりたいことが見つからない。」とか言ってるような人とは比べ物にならないくらい、
彼らは今を生きている。

時期クールも私は私のやり方で、夢を持つ若者と一緒に楽しみたいな。

***

私も今を生きている。
今年の前半のほぼ全てをかけて臨んでいる、
初挑戦のお芝居「リタと大学教授」も、残り2回を残すのみ。

明日の公演にも関東からお越し下さる方がいて、芸人冥利に尽きる。
開放されたらどんな気持ちになるのか、自分の反応が楽しみで。

***

以前、私の「トワイライトレイン」を課題曲にして下さっているカラオケ教室に、
サプライズ「本人登場」で参加させて貰った事を書いた。
そのクラスの皆さんの発表会のゲストとしてお招きいただいた。
トワイライトレインを歌って下さるかたもいるそうなので、
早めに楽屋入りしてその方の歌を聞かせてもらおう。

***

しかしさ、入梅したとは言え今日の雨は酷いよね。
梅雨に降る雨の良さは、ザーザーじゃなくて「しとしと」のはずでしょ?

我が家のお母さんパピヨン「クッキー」は庭に出るのが大好き。
雨が続くと外に出られなくて、ストレスを溜めて私にやつ当たりするの。
私が降らせてるんじゃないんだから、勘弁してよ。

***

では、仙台に行って来ます!!!


Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.