歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

再会続く
学生時代に所属していた二輪愛好会の創立記念イベントが
先週末福島で行われた。
数年前にビッグスクーターを手放してしまってからバイクには乗っていないが、
懐かしいメンバーに会うために車で参加した。

このイベントは5年ごとに行われる。
毎回思うのだが、ほんとに5年なんてあっという間だね。
今回は創立35周年だったのだが、
最近ではバイクに乗る人口が減り続けているというのに、
細々ながらいまだに続いているのが嬉しい。
初代会長と現役大学生の会長とがガッチリ握手するのを見て、
ちょっと誇らしい気持ちになった。

学生時代にまったく重なっていない先輩たちも、
二輪会の後輩というだけで可愛がってくださる。
今年のお酒天国で一番前に座っていて、
お酒の封を切るお手伝いをしたり、
途中ピアニストの美香りんにワインを運んでくださったのも、
二輪会を創設した大先輩だった。

世間では、どんな同窓会も若い世代の人の参加が少なく、
ある年代で断絶してしまうと聞く。
今回は現役の会員まで参加してくれて、
これから先すばらしい縁が続くことを祈らずにはいられない。
二次会のカラオケスナックで、一緒にgreeeeenのキセキを熱唱してしまったよ。

せっかく現役と知り合いになれたんだから、
今年は学祭に出向いて後輩の焼いてくれる焼きそばを食べないとね。
(我がサークルは焼きそばを売っている。)
私たちの側も若者に歩み寄る努力をしないといけない。

そして今週末には、大学卒業以来始めて同級生と集まることになっている。
メンバーの一人は卒業後も縁があり、度々顔をあわせていたが、
残りのメンバーは実に卒業以来20年ぶり。
頻繁にメールのやりとりをする中で感じたのは、
それぞれがあんまり変わっていないこと。

ということは、結局私もあんまり変わっていないんだろう。

この再会をきっかけに、この先もずっと仲良くできたら良いな。
大好きだった仲間に会いに行くというよりは、
当時の自分自身に会いに行くような感覚。

楽しみだけどちょっと怖い。(笑)

スポンサーサイト

今さらネカフェ初体験
半端に空き時間が出来てしまうことがある。

そんな時にはカラオケボックスに行く事が多い。昼間なんてフリードリンクで一時間数百円だ。何より個室で過ごせるのが良い。 


今回はどうしても調べたいことがあって(目的のサイトは携帯では閲覧出来なかった。)、ネカフェに行ってみることにした。


恥ずかしながら初体験。

最近では『ネカフェ難民』なる言葉もあるように、家を持てない人の住みかになってしまっていることを耳にする事が多い。

何となく汚いイメージもあり敬遠していた。

受け付けを済ませると、希望の部屋タイプを聞かれた。もちろんオープンスペースを利用すれば安く利用できるが、一時間あたり100円程度足すだけでマッサージチェアー室、畳、リクライニングチェアー室、カラオケ室、ビリヤード室、卓球室・・・。

選び放題だ。


今回はリクライニングチェアー室にした。確かに狭いけれど清潔だったし、数時間の時間つぶしなら十分過ぎる。

ソフトドリンクや味噌汁は飲み放題。パソコン画面で注文すると、隣の居酒屋から出前を取ることが出来る。


カラオケボックスのように隣から下手な歌が聞こえたりすることもなく快適。

肌寒い時にはブランケットを貸してくれるし、何だか至れり尽くせり。


時間つぶしにまた利用したいと思う。


でも・・・住むのは無理かなぁ。

素敵な日になりました!
今日は赤坂で、色んなジャンルの歌を楽しむイベントに出演させてもらった。

まずはプロデュースして下さった、かもまさる先生に感謝。

共演の、パワフルな歌声が魅力のシンガーソングライター増井心さん、私の大好きな曲を聞かせて下さった高山優子さん、歌はもちろん楽屋を盛り上げて下さったムードメーカーの万里鈴さん、かも先生の代表作『時計』をデュエットさせていただいた富浦元公さん、同じオムニバスアルバムに参加している中国の歌姫ジェニー・ハンさんとの出会いに感謝。

あっという間に1日が終わってしまった。

ジェニーとは何度も会っているのに、突っ込んだ話をしたのは初めてで、これまでお互いに話したいと思っていた事を語り合えて本当に良かった。とても気が合うので良いお友達になれそうだ。

トミーこと富浦さんと、終演後に喫茶店で話し込んだ。
その席で10年振りに歌手の金丸麻子さんと再会。

出会いは素晴らしいね。

何とか喉も言うことをきいてくれて、(1ヶ月になるのに、まだ変。)無事に終わった。
今日は『トワイライト・レイン』とかわの友希ちゃんに提供した『さらり』を歌った。歌謡曲歌手として出演するのも新鮮だった。

また皆さんとご一緒出来ますように!

新入り紹介
縁あって、ちょっと大きくなってしまったパピヨンの
女の子を新しい家族として迎え入れた。
残されたジャッキーが夜鳴きをしたり、留守番が出来なかったり、
実害もあったにはあった。

それ以上に、前の日記にも書いたが、
「前の子の分まで新しい子を可愛がる事が供養になる。」
という一言と、
実は他の子に会いに行ったのだが、
この子を見て運命を感じてしまったので、
思いきって引き取ることにした。

9ヶ月になるパピヨンだ。
名前は「クッキー」。
別にジャッキーの妹だからというわけで、
似た名前にしたんじゃないよ。

本来パピヨンは顔の模様が左右対称の方が好ましい。
でも、この子半分真っ黒なんだ。
ちょっとオヤジっぽいぞ。

こっちはちょっとオヤジが入っている。

反対側は死んじゃったキキの生まれかわりのようだ。
この子に会った時、余りにも似ているので驚いてしまった。

こっちはキキの生まれ変わり。

で、半分「黒」半分「キキ」で正面から見たら「クッキー」という訳だ。
最初は二代目「キキ」にしようと思ったが、
キキはキキ、クッキーはクッキーだと思い直し別の名前にした。

見れば見るほどそっくり。


特に背中側から見た頭の模様は、どっちがどっちかわからないほど似ている。
まだ9ヶ月なので、もう少し大きくなる可能性もあるが、
現在約2.5キロで大きさもほぼ同じ。

近所を連れて歩いていると、皆驚く。
「あら~、前の子そっくり。」と。
あんなに神様に「キキを連れて行かないで。」とお願いしたのに、
あっさり連れて行っちゃったから、きっと神様も申し訳なく思って、
半分だけ返してくれたのかもしれない。
そんな気がする。

パピヨンのフルコート(完全に毛が伸びきる)になるまで、
1~2年かかる。
どんな風になって行くのか今から楽しみ。

キキが天国から見てる。
お前の分も可愛がるからね。

・・・・でも、実は私は厳しいんだ。
可愛がるのと、甘やかすのは違うからね。
叱らないけど、駄目なもんは駄目だぜ。

これから頻繁に登場するかもしれない新入りを、
どうぞよろしく。


早速やってみた。
日記のネタには事欠かないのに、
ここんとこ、どうにもパソコンに向かう気力が無い。

実は新しい家族を迎えたのだが、
あまりにもいたずらっ子なので、
部屋にいるときにはこの新入りから目が離せないんだ。

迎えるのはまだ早すぎるかとは思ったが、
こればかりは縁だし、いつまでも悲しんでいるのではなく、
亡くなった子の分まで可愛がることが
供養なんだという一言で決めちゃった。

私は死んだキキの子犬時代を知らない。
新入りクッキーは、かろうじて子犬期最後の姿を
私に今見せてくれている。
キキも子犬の時にはきっとこんな風に可愛かったんだろうな。

・・・
さて、お酒天国の打ち上げの時に、
今まで飲んだことの無い、美味しいコーンスープに出会い、
これは是非自分で作ってみたいと思った。
(今、哀しかったのは「呑んだことの無い」と変換されたこと。)

先週の月曜日、池袋の駅で(東武側の地下に出ている産直野菜コーナーは、
新鮮でかつ見たことの無い野菜が売られていて侮れない。)
「生で食べられるフルーツコーン」を発見。
早速お買い上げ。

生で食べてみてビックリ。
一本全部生で食べたらお腹を壊しそうだが、
ほんとに甘い。
剥いてみる。

まずは剥いてみる。
牛乳を加えてジューサーにかける。
それを加熱するだけ!
今回はちょっとだけ塩を入れてみたが、入れなくてもいいかも。
打ち上げのときのコーンスープは塩は入っていなかった。


思った通りの出来映えだったので大満足。

思った通りのお味♪

写真を貼るほどのことではない。
こんなもん貼るなら新入りの写真を貼れといわれそう。
ま、とりあえず撮ったから一応。

ん~、その後手打ちの餃子皮を作ったが、
絵としてはそっちの方がずっと面白かったか。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.