FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

カラスミ日記最終章


勇気を出して?自作カラスミを食べてみることにした。

というか、チャレンジャーなボーイフレンドが食べてみると言いだしたので、その様子によっては食べてみても良いかな~という超弱腰。

周りはかなり硬くなり透明になっているが、中心はまだ半生だ。

ためらうこともなく口に運ぶ姿をみて、この人はジャングルでも生きて行けるなと感心した。

『うん、薄塩でうまい!』

・・・恐々試食。

美味しい!
確かに薄塩だから食べやすい。

ちょっと炙ったらもっと美味しくなりそうだったのでやってみた。
こりゃ、たまらん。
確かにネットで作り方を調べた時に、半生が食べ頃と書いてあったが、この状態で食べるには自作するしかないのかな?

面倒だったが、こんなに美味しいならまたやっても良いな。

東京でも、ぼらの生卵って手に入るのかな?
スポンサーサイト

カラスミに変化あり。



突然小さくなり始めて、いきなり硬くなってきた。
夜に圧迫している間に、まだ水分が滲み出て来るが、
その量はかなり減った。

結構臭うので、腐っているのかと心配になっていたが、
何を干しているのか面白がって様子を見に来たお隣さんが、
「腐ってたら、もっと凄い臭いがするわよ。
これは、カラスミの匂いよ。」と言ってくれたので、
ちょっと安心した。

お隣さんも大きさに驚いていた。
こんなに大きなカラスミは見たことがないって。
完成したらおすそ分けすることになった。
みんな興味はあるんだね。

あんまり色も変わらないと思っていたが、
最初の写真(3枚目)と比べると、かなりカラスミ色になっている事がわかる。
完全にカチカチになった縁のあたりは、
いわゆる売っている「カラスミ」にかなり近い。

うむ・・・何だか食べる勇気が湧かないぞ。(笑)

予定では、あと3~4日で食べられる。
週末に生パスタを打って、カラスミソースで食べてみようかと思っている。

いつも思うが、「自分でやってみる。」と色々なことを知る。
自分が食べているものがどうやって作られているのか、
売られているものはいかに添加物が多いか。

私のようなアレルギー持ち&抵抗力無し(白血球が少ないから。)は、
安全な物を口にすることの大切さは身に沁みて分かっている。
でも現実は添加物を取らないことが非常に難しいね。
強制的に取らされるもんね。

そうそう!
脱穀したばかりの新米と手作りのお味噌、
果物、野菜を送っていただいた。
この場をお借りして心より御礼申し上げます!!!!

わはは。
今年のどぶろくは、
買ったお米じゃなくて、
送ってもらった新米で作るどぶろくだよ。
何だか凄く贅沢な気持ちになるなぁ。

近所に麹の専門店もあることだし、
ちょっと多めに仕込んでみるか。

美味しく出来たら、ご希望の方にお譲りしますが、
流石に郵送は出来ないので、
手渡し可能な方、お申し出下さい。

もしくは、年明けのアーリー?
(実は、今年の手作りワインを先週の出演日に
みなさんに振舞った。)


自分でもどうかと思う。


土曜日の錦糸町アーリーバードさんで開催した『アニメソング特集』では、変化球を投げてみた。
どうだったかな?


カラスミは、相変わらずだ。縁がちょっと透明になってきた程度だ。

久しぶりに昭和記念公園に散歩に行った。
ドッグランもある、愛犬と散歩できる貴重な公園なんだ。

私はパピヨン(犬)が大好き。たまらなく好き。この日のドッグランはパピヨンだらけで感動。

あぁ、パピヨンに埋もれて暮らしたい。
朝、窒息しそうになって起きるの。
う~ん。想像しただけでたまらん。

・・・表題について。
新入りパピヨンのクッキーが可愛くて可愛くてたまらないんだ。

やんちゃで明るく面白い。毎日私と遊んでくれる。

自分でもどうかと思うのだが、クッキーのお腹の匂いをクンクンするのが生き甲斐みたいになってきた。

最初は抱え上げてクンクンしたが、最近では諦めたようで、くつろいでいる時にも、私が鼻をクンクンとさせると、『ハイハイ。嗅ぐんでしょ、どうぞ。』と嗅がせてくれる。(笑)

何かね、微かにお線香みたいな太陽みたいな、赤ちゃんの名残みたいな匂いなの。たまらん。

写真は寝てばかりのジャッキーと、ひたすら元気なクッキー。


カラスミ日記


カラスミは天日干し2日目を迎えた。好天に恵まれ順調に(初めての経験なので、順調なのか判断出来ない・・・のが正直なところ。)乾燥していると思われ。

当たり前だが、干せば表面は乾く。しかし夜に板で挟んでおくと、表面から水が出て湿ってしまう。んで、また干して乾かす。その繰り返しだ。

見た目だが、ちょっと小さくなったような(厚みはなくなった。)気がしないでもないが、いわゆる巷で見かけるカラスミのような大きさにはなりそうもないし、色がほとんど変わらない。

もし、急激な大きさの変化無く美味しいカラスミが出来たら、安上がりだなぁ。要するに価格のほとんどが手間賃って事だ。

少なくとも1週間は干さなければダメらしい。

昨日カラスミ作ってると話したら、『カラスミを干してる人、初めて見ました。』と言われてしまった。

そりゃそうだ。
私だって見たことない。


ご乱行とカラスミ日記
色々バタバタしていたもんで、
更新できずにごめんなさい。

まずは、仙台の夜の私のご乱行。
(写真は☆さまよりご提供いただきました。)
自戒の念もこめて掲載。
(絶対にパワーアップして来年もやるけどね。)
何でも有り。

美香りんがマドンナの曲を歌っている傍らで、
妙な踊りを踊るの図。
基本的には、ここまで壊れることは滅多に無いので、
仙台に一緒に来てくださると、珍しいものが見られるってことで。
駄目だこりゃ!

このお店は、お客は壁際に押しやられているけれど、
店員のスペースでは踊れるんだ。
お客のスペースでは絶対に踊れない。

そして、一週間たったからすみ。
本当は、毎日「からすみ日記」を書くつもりが、
(からたち日記に響きがちょっと似てる。古すぎ。)
見た目には何の変化も無いので、書くことがなかった。

代わり映えなし。
塩漬けしたら、水分が大量に出て硬くはなったが、
大きさにも色にも何の変化もなく、ちょっと不満だった。
一週間たったので、塩抜きを始めた。

せっかく塩に漬けて水分を抜いて硬くしたのに、
また水に漬けてふやかすんだから納得行かないね。
ここまではベーコンとほとんど同じ作業なのだが、
ベーコンの場合は塩を抜くだけでふやけたりはしないじゃん。

40時間塩抜きをしたら、昼は天日に干し、
夜は板で挟む。
以前、干物を作るために買った干し網が大活躍しそう。

12月に予定している恒例の牡蠣パーティの時に、
特製からすみを振舞えたら楽しいな。


仙台公演無事終了(追記あり。)
台風の接近にビックリしたけれど、
究極の晴れ女コンビは強かった。
(我々が何かを開催したときに雨が降った事が無い。今回初めて。)
大した雨でもなかったし、大した風でもなかったもん。

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。
初めて参加してくださった方もいたのに、
恒例の塩釜散策を中止にしてしまってごめんなさい。

まずは、駅弁自慢。
5年連続ポケモン弁当だったが、
今回は、スティッチ弁当にした。
1260円・・・高いし。はっきり言って美味しくなかった。
すげー、怖い。

この容器はずっと使えるが、中身の酷さを考えると高すぎる。
全部食べ切れなかったし。

~中略~

コンサート後のお食事会では、
葉桜様よりシャンペンの差し入れをいただいた。
写真もたくさん撮ってくださる上に、差し入れまでいただいて、
心苦しい限りだ。

2次会の「足手纏」での私のご乱行については、
写真を撮られているので、受け取ったらアップしたい。
元十両の栃纏さんのお店に行くのが慣わしになっているのだが、
ここは、お客のスペースよりも従業員のいるスペースの方が広いので、
(マスターを含めて、お客よりも巨漢だから。)
今回は、従業員スペースに入れてもらった。
おまけにマスター用の特注エプロンを貸してもらい、
(でかすぎる。)
やりたい放題やらせてもらった。

翌日は、はま勢さんでお寿司を堪能。
お寿司サイコー!

私は日頃小食だけど、何でお寿司はこんなに沢山食べられるのだろう?
大将もお元気そうで何よりだった。

毎年、同じことをして何が楽しいのかと聞かれたら、
毎年同じだから楽しいのだと答えるだろう。
一年に一度だけ、同じ顔ぶれとお互いの無事を報告しあう。
このままずっと変わらずに続けられると良いなぁ。

おすし屋さんの近くにある、市場風の魚屋さんで、
こんなものを見つけた。
「ぼらの卵」
また、わけの分からんものを買ってしまった。

売り場のお兄さんが、「からすみ」の作り方を説明してくれたが、
余りにもいい加減だったので、ネットで調べることにしたが、
作る過程が面倒であれば、面倒なほど面白いので、
ワクワクしながら1600円でお買い上げ。
一緒に写っている棒は、コンビ二でくれる割り箸。

仙台に向かう仙石線内では、からすみの作り方と、
「ぼら」がどんな魚なのかで大いに盛り上がった。
「ぼらっとした顔だよ。」と言った方がいらした。
私には「ぼらっとした顔。」はピンとこなかったが、
美香りんはピンときたらしい。

ぼらが大きくなったら、「とど」になる。
「とどのつまり」の語源だとか、
何だかんだ言いつつ、こういうお喋りは楽しい。

からすみは、
まず一週間塩漬けにして、出てくる水分を捨てる。

水と誘い塩で40時間以上塩抜きをする。

昼間は天日で干す。

夜は板で挟む。

超、面倒だ。
売られているからすみが高価な理由がわかった。
絶対に完成させるぞ!!

とりあえず、塩につけた。
一応、塩をしてみた。


続きを読む
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.