歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

生徒さんライブ敢行
時節柄、まさに敢行。
開催するかどうかかなり悩んだが、
経済活動の全てを自粛することだけが良いとは思えず、
予定通り生徒さんのライブを敢行した。

出演者の中には被災地に実家があり出演を断念した人もいた。
電車の本数が少ない関係で、会場にくるのに
ずいぶん時間がかかった人もいた。

それでも、みんな精一杯の歌を披露してくれた。
出演する予定ではなかったが、出演を断念したメンバーの代わりに、
2曲だけ歌わせてもらった。

経費を差し引いた金額も、CDの売り上げと一緒に義援金として送金する。
この小さなライブも、復興の一助に(ほんとにわずかだけど。)なった。
いらしてくださった沢山のお客様、ありがとうございました!。
スポンサーサイト

薄暗い駅・・・・薄暗い街・・・・
皆さん同様、計画停電に悩まされている。
仕事場が計画停電の予定地になってしまうと、私にはどうにもできない。
レッスンを中止したにも関わらず、直前に停電が回避されたりする。
停電するなら「する」で良いんだ。
直前までわからない場合が多くて本当に困る。

実は、今も「正午までに決める。」という、
今日唯一停電する時間帯が仕事の時間なので困っている。

発電できるもんならしたいよ・・・全く。

東京都内は一部を除いて停電にならないから不公平だと言う人も多い。
確かにそうだ。
でも、都内だって自主的に節電に努めたりしているところも多い。
デパートや一般のお店だって早めに営業を終えているし、
駅や街だっていつもに比べたら薄暗い。

昨日池袋の駅で思った。
薄暗い方が、非常口の案内がハッキリ良く見える。
というか、こんなに沢山非常口の案内が有ったなんて、
20年近く住んでるのに全然気がつかなかった。

お店や街の薄暗さには最初は少し違和感があったけれど、
明るすぎるのに慣れてただけかも。
どうせ人間なんてすぐに慣れるし、
薄暗さに関しては、何かこの先、
ずっとこのままで良いんじゃないかなと思いはじめている。

・・・
水道水も放射能で汚染された。
でも、私は普通に水道水を沸かしてコーヒーを飲んでいる。
水の買占めをする気なんてサラサラ無い。
乳児のいる家庭こそが買うべきだ。

それでも心配になって6ヶ月の息子をはじめとする子供達(犬)の飲み水だけは確保した。
呆れられようが可愛い麻呂ちんを守ってやらんと。
水自体は乳児のいる家庭に行くべきと考え、
我が家では天然水の氷を溶かして犬にやることにした。

因みに小さくて可愛かった麻呂ちん、
気がついたらお姉ちゃんのクッキー(1歳6ヶ月)より大きくなっちゃった。

あ~、停電すんの?????
しないの???
正午まで後3分。


CDの売上金を全額寄付します。
皆さん、無事ですか?
おかげ様で私は無事です。

・・・
屋上に建てたプレハブにいたので、
命の危険を感じ避難した。

帰宅難民になりかけたが、何とか帰宅も出来た。

実は父の親類がみんな宮城にいる。
一部の無事は確認できたが、
ほとんど今も連絡がとれないままだ。

そしてお世話になった知人が、
よりによって南三陸町の志津川に住んでいる。
ニュースで見る限り彼女の家は跡形も無く、
住民の半数以上が行方不明とのこと。
避難所からの中継があるたびに、その姿を探しているが、
見つけられるわけもなく、生きていてくれることを祈るのみだ。

病み上がりの私は献血も出来ないし、
ましてやボランティアに応募してもお役に立てそうも無い。

何かしたい。

ということで、この間発売になったCDを私から直接買っていただいて
お金を受け取った分全額を義捐金として寄付することにした。
これから買っていただく分も、ある程度金額がまとまったら
順次寄付し続けようと思う
このCDを出すに当たってはレコーディングの費用を負担したり
結構な金額の出費があった。
だが、今の私は手術を終えて徐々に健康を取り戻しつつある。
健康で住む所と仕事があれば、自分自身と愛犬3匹程度ならどうにでも出来る。

奇麗事を言っている場合では無い。
これから被災地では絶対にお金が必要になる。
変な言い方かもしれないが、
我々のような有名で無い音楽家は、活動を現金にすることが難しい。
すぐに現金にすることが出来る「CD」を、
今この時期にたくさん持っているという事実は、
私にとってラッキーなことなのかもしれない。

それにしても計画停電、
家は第三・四グループ両方に入っていて、
時間未定でその間の3時間停電するとのこと。

停電は致し方ない。
国民の一人として喜んで協力しよう。
しかしさ、もう少しまともな情報を頼むよ・・・・東電さん。
たまに聞こえる地域の放送も音が悪くて聞き取れないしさー。

10歳もサバを読むのは本意ではない・・・・よ。
全国一斉発売ってすごい。
私の名前を検索すると、CDはすでにレンタルされているし、
試聴もできるしダウンロードもできる。
銀座の山野楽器には普通に置いてあったらしい。

ネットでは6曲入っている私のCDの好きな部分だけダウンロードできるわけだが、
なぜか、「さらり」のエコサイズカラオケがランキング1位らしいよ。
何でだ???

肝心の「トワイライトレイン」が6位だ。

それはさておき、ネットは本当にいいかげんで、
私は1996年にデビューして、今年で15周年を迎えるらしい。
(実際は1986年デビューで25周年だ。)
場合によっては、「ワールド」の中の「シャンソン歌手」に分類されているが、
場合によっては「演歌歌手」ということになっている。
んでもって学生時代にデビューしたことになっているので、
要するに、私は現在30代半ばということになる。
(10歳もサバを読むのは全く本意ではない。)

呆れたのは、まだ実際のジャケット正式に決まる前に、
候補の一つとして渡されていた写真を、
私自身が斜めにして加工した写真を、(サイトに貼ってある例の写真)
何の断りもなく、勝手にジャケット写真として使っているサイトがあること。
結構な大手がそれをやっている。

検索の下位になると、「夏川怜」というAV女優が絡んできて、
微妙な雰囲気を醸し出してくれる。

レビューに変なことを書かれることも有るんだろうし、
情報が独り歩きするんだろうね。
いちいち気にするような人にとっては、
ネット時代は辛いかもしれないな。
(私は大丈夫、ぜんぜん気にならないから。)




CD到着。気が遠くなりそう。
今朝、予定通り私の元に明日発売のCDが到着した。
当初、200枚入り15箱が届くという話だったが、
実際は、100枚入り30箱だった。

このCD達が少しづつ誰かの手に渡って行き、
この箱が段々減ってゆく。
以前にも何度か経験したが、空になった箱をたたむ時、
感謝の気持ちと、誰かが私の歌を聞いてくれるという喜びを感じる。

決して孤軍奮闘では無い。
早速、イレギラーバンドのバンマスのAさんが、
ポスターが傷まないようにラミネートして下さったとか。
B2の大きさにも関わらず。
そして顔の広いAさんに、ポスターを貼って下さるお店を紹介してくれるように
一緒にお願いしてくださると言う。
こんな風に応援して下さる方々のためにも、
頑張らないと。

と言いつつ目の前に積み上げられた3000枚は気が遠くなりそうな量で、
思わず、お腹を壊した。
真面目な話、CDを見たら急に超Pになった。
退院してから食事には気をつけて一度もPにならなかったのに。
考えてみれば、日頃私は年中下痢をするが、
要するに仕事に対するプレッシャーなんだね。
今回休んでいる間は一度も無かったしね。

ふむ。そういうことだったのか。

明日から、本当に一生懸命頑張ります。
どうか、歌謡曲に興味のありそうな方にご紹介ください。



Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.