歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

「好きな食べ物は何ですか?」
力んで歌う生徒さんに、
唐突に歌には関係ない質問をすることがある。

たとえば、「好きな食べ物は何ですか?」とか。
意外な質問に、皆一瞬ふっと身体の力を抜くのがわかる。
今日のAちゃんの答えは「たこやき」だった。
「銀だことか、銘柄指定はありますか?」
「いいえ。」
「たこが好きなの?」
「違います。まわりの部分が。」
「じゃ、お好み焼きは?」
「好きです。」
実は、私は生徒さんとこういう会話をするのが大好きなんだ。

Tさんに同じ質問をしたときには、
「餃子」という答えが返ってきた。
冷凍庫には必ず餃子が備蓄してあるとか。

Mちゃんは「うなぎ」だった。
Sちゃんは「パン」だった。
私の生徒さんで一番年配のKさんは「佃煮」だった。

私も同じ質問をされたら、「餃子」かな。
私の好きな食べ物って何だろう。
餃子、お好み焼き、タン麺・・・・いかん、次から次と出てくる。

変な話だけど、死刑になる前に食べたい物を訊かれるってほんとかな?
私は、「お母さんの作った餃子」か「お母さんの作ったコロッケ」だな。

実家を出てすでに四半世紀を過ぎ、
最近は母が作った料理を食べる事もあんまりない。

母は大根の味噌汁が好きで、大根の味噌汁のときは、
味噌汁なのか、大根の煮物なのかわからないくらい山盛りの大根が入っていた。
具を入れすぎだと文句を言ったら、
「あなたの好きな具のときにもそうしているから良いでしょ。」と言われた。
確かに、私が大好きなキャベツの味噌汁(私が好きなのは、キャベツの芯)の時には、
味噌汁なのか、キャベツの煮物なのかわからない状態だった。
私が好きな「芯」が山盛りに入っていたっけ。

キャベツの芯、しいたけの軸、ほうれん草の付け根・・・美味しくない?

あー、無性にキャベツの味噌汁が飲みたいぞ。
ちょうどキャベツがあることだし、明日は「キャベツの味噌スープ煮込み」を作ろうっと。





スポンサーサイト

伊勢崎町・・・・何年ぶりだろ??
今日は、Bちゃんの紹介で伊勢崎町のスナックに行って来た。
ポスターも貼っていただき、あらためて9月16日にステージをやらせていただくことになった。
Bちゃんとは、新宿のゴールデン街のとあるスナックのカウンターで、
隣に座ったことが縁で知り合った。
あれからすでに20数年・・・・腐れ縁ですな。

そうです、元山田やのマスターとも言います。(笑)

毎日、有線にリクエストしてくれているとかで、
携帯に有線のリクエスト先が登録されてた。
こうやって応援してくれている人がいるから、今私は歌手をやっていられる。
涙が出ちゃう

話は飛ぶけれど、あの時私の連れだった通称Kちゃん(本名Yちゃん)、
どうしているのかな?
物凄く癖のある人だったけれど、彼女のことが大好きだったんだ。
まさか、この日記を読んでくれているとは思わないけれど、
(私自身が当時の名前と違うし。)
彼女が府中で暮らしていた頃は私も高幡不動に住んでいて、
旦那さんが出張に行くたびに「泊まりに来て!」と呼ばれ、
キングサイズのベッドで横になって、色々お喋りしたっけ。

あんなに仲良くしていて、何で疎遠になったのか今もわからん。
ある時から、一切連絡が取れなくなった。
何か事情があったらしいのは、風の噂に聞いた。

私のこと、覚えてくれているかな。
会いたいなぁ。
会いたいと思ったから、案外会えるかもね。

話が飛びついでに、もう一人ずっと会いたい人がいるんだ。
Kちゃん。
私と同じくらい背が高くて、男の子みたいな女の子だった。
どうしても謝りたいことがあって、疎遠になってから数年後に手紙を書いたら
引越ししちゃってた。

SNSとかで案外探せるかもね。

あれ・・・何だか会いたい人がたくさんいる。
なんだろ、急に。



久しぶりの切り番・・・・・
ここのところ、切り番は話題にならない。

95000番を踏んだという申告をいただいたので、
いつも通りの「笑える賞品」を発送した。

まだご本人の手元には届いていないと思うが、
世の中に5本しかないのだが・・・。
これだ。

この世に5本しか存在しない、
「トワイライトレイン/さらり」と、私の名刺のデザインと同じイラスト、
そしてサイトのアドレスが入っている
特製ボールペンだ。

実用的なので、
「笑える賞品じゃ無い!」と言われそうだ。
笑えるんだ・・・というか、笑えないんだ。

だって、このボールペンには、
私の名前がどこにも入っていないんだもん。
・・・・駄目じゃん。

では、次回の切り番の発表です。
96969
9696にちなんで、何か「黒々」したものを考えます。

申告がなかった場合は、97979でお願いします。
何か「くなくな」した物を考えます。(嘘)

というか、私は99999を狙います。
もし、私が取ったら、どなたか「くくく・・・。」と笑える御褒美ください♪

この数を超えたら、カウンターはリセットになるのかな??

ワインを知る旅
私にとって今月最後の休日の今日、
ピアニストの斎藤美香りんと、
昨年からの懸案事項だった「ワインを知る旅」に行って来た。
去年も話題にはなったが、実現できなかったんだ。

東京では少し降られたが、勝沼は驚くほどの晴天だった。

駅に着くと、改札でタクシーがお出迎え。

まず「山梨ワイン」にお邪魔する。
畑を見せていただき、色々説明してもらった。
オーガニック栽培のシャルドネや、カベルネなどを畑を見ていると、
「頼む、株を分けてくれ・・・。」と思う。
でも、これらの品種は育てるのに手間がかかるから
素人がやるべきではないけどね。

そして、地下にある石造りのワインセラーを見学。
初めての場所なのに、なぜここを知っている?と思ったら、
ドラマのロケで、フランスのワインセラーとして撮影に使われたとかで、
たまたまそのドラマを見たからだった。
何だよ、あれはフランスじゃなくて勝沼だったのかよ・・・って感じ。

今回、4コースの中からこのコースを選んだのは、
20種類のワインを試飲させてもらえるから。

辛口を中心に10種類くらい試飲させてもらった。
山梨ワインさんで20種類試飲

12月に再訪しアジロンダックという葡萄の枝を分けてもらう約束をした。
3年で収穫できるとか。

そしてレストラン鳥居平でフルコースのランチ。

さらにタクシーが迎えに来て、帰宅するために駅に行くか、
葡萄の丘に行くかチョイスしてこのツアーは終わる。
まだ2時半なので、当然葡萄の丘に行く。
そこで、試飲用のタートヴァンを1100円で購入。
多分、日によってリボンの色が違うんだろうな。
ワイン試飲用カーブ
これを買うと、地下のワインセラーで170種類のワインを全部試飲できるしくみだ。

さすがに170種類は飲めないね。
まぁ、40種類くらいは飲んでみたのではなかろうか。
このタートヴァンは有効期間が一日あるので、
外に出て酔いを冷ましてまた戻ってきて飲む人もいるとか。
最初は貸切状態だったのに、気づいたら数十人があれこれ言いながら飲んでいた。
なんと170種類のワインが試飲できる。

葡萄の丘から駅までの約20分、葡萄畑の中を歩いた。
ここんとこ、ほんとに頑張っているので自分へのご褒美かな。
また明日から張り切って生きようっと。

美香りん、ありがとう。
とても楽しかったです。
でも、どう考えてもこのツアーは安すぎる。
  ↑
道中、そればっかり。


子沢山の人、どうしているんだろう?
今、我が家には2パピヨン、1プードルがいる。
これまでも10年以上、いわゆる「多頭飼い」をしてきた。
どの子も全部可愛い。

どの子も皆個性があって、それぞれが可愛い。

週末、事情があって実家に帰ったのだが、
その折末っ子だけを連れて帰った。
(もちろん、残した子建ちも面倒を見てもらえる環境にあるからだが。)

帰宅したら、真ん中の娘が私の顔を見て、何か言うんだ。
犬と暮らしている人はわかってくれると思うが、
犬って喋るんだ。それもかなり一生懸命に喋るんだ。
吠えるのとは違う。喋るんだよ。

文句を言っているのか、
「お母さん、どうして私は留守番なの?
 ひどいじゃないの!!」

それとも私がいなかった間の報告をしているのか。
「ジャッキーの面倒は私がちゃんと見たから。」

真剣に目を見て何か言っている。

ん~。
私の心は、文句を言われているように感じた。

ので、今回は文句を言われたことに決めて、抱きしめて謝った。

もう、本当にどの子も全部可愛い。
皆、私を大好きでいてくれているのが伝わってくる。
私もそれを皆に伝えないといけない。

ふと思う。
私の何倍も速さで人生を駆け抜けてゆくこの子達。
この子達の一日は私の何倍もの時間なんだ。
私が可愛いと思う気持ちを何倍にも伝えてあげないといけないね。
毎朝、やたらに早く起こされることも、
この子達の決して長くない命と、少しでも長い時間すごせると思えば、
辛くもないか。

ところで、私は同じ様に愛を注いでいるつもりだが、
可愛さの種類はそれぞれ違うような気がする。
犬でさえ、気を配りつつ育てるのだが、
子沢山の人って、その辺どうしているんだろう?

愛は公平だとしても、
絶対に全てにおいて公平に扱っているのかな?




一瞬、真剣に怖いと思った
明日は実に2週間ぶりの休暇だ~♪
仕事をいただけるのは嬉しい。
でも、体力がついて行ってない。
気力だけで何とかしている感じ。

ここのところ、余震が多いなと思っていた。
つい2~3日前、テレビを見ていたら久しぶりに緊急地震速報が出て、
嫌な気持ちになりつつ犬たちを抱いて、
「必ず連れて逃げるからね。」とか言っていたら肩透かしだった。
肩透かし大いに結構。

今夜は、まさにあの震災の時にいた場所が揺れた。
あの時は一瞬にして壁に亀裂が入ったんだ。
その壁は、クロスが貼られ亀裂は見えなくなってはいる。
しかしだ、所詮紙が一枚張られただけだ。

あの日は一人だったが、今夜は生徒さんが3人いた。
「最初に来た揺れ以上にはならないんだよね。」とか冷静を装いつつ、
怖いと思った。

忘れたくても忘れなれない「くにゃくにゃ」した揺れは、
ここ以外のどこかが大きく揺れているということだ。

最近話題の立川断層の真上だし。
所詮なるようにしかならないし、
甘んじて受け止めようと思ってはいるが、
あの日のことを思い出して、
一瞬、真剣に怖いと思ったんだ。

いわゆる「被災地」(関東も被災地だけど。)の皆さんの、
余震に対しての恐怖心はいかほどかと思う。

直後は慣れっこだったのにね。
人間って、ほんとに「喉元過ぎればなんとやら」だね。
皆さんのご無事を祈っています。



臨時休業は駄目よ。
月曜日は祭日だから、もしかしたら「一人しゃぶしゃぶ」は休みかも。
ということになり、昨日Mちゃんと(M君も誘ったら合流してくれた。)行って見たら、
なんと臨時休業だった。
少なくとも、20年近く通っているけれど臨時休業は初めてだ。
でも、こうやって遠くからわざわざ訪ねてくる客もいるんだから、
やっぱり、お店って臨時休業なんかしちゃ駄目ね。

リベンジを約束し、妙なアジア料理のお店に入った。
ベトナムから始まって、アジア圏の料理なら何でもあるという感じ。

東上線の線路脇は、相変わらず昔からの赤提灯のお店が
軒を連ねている。
バラックの怪しい建物が並び、路地は奥に行くほど狭くなる。
私の携帯でも写真を撮ったのだが、
いまひとつだったので、同じところを写した写真を借りてきた。大山の赤提灯

これが駅前なんだ。
この怪しげな路地は、以前はアーケードの長さ日本一を誇っていた、
いつもにぎやかな遊座大山商店街に接する、駅に一番近い脇道だ。

ここで記念撮影をしたのだが・・・。

半月後のリベンジを決めた。

***

麻呂が暑苦しいと書いたら、
「犬は暑いと離れるものでは?」と言われた。
いや、麻呂は離れない。
むしろ離れたがっているのは人間(私)の方だ。

で、これが今朝の麻呂。
こうやって、人の首のところにべったりくっついてくる。
可愛いけど、さすがに暑苦しいんだってば!
今朝の麻呂


何だかわくわくしてきた。
話の流れで生徒のMちゃんに、
私のお気に入りのしゃぶしゃぶ店「しゃぶ亭 福家」の話をした。
このお店については、このブログになる前の古いブログにも何度か書いた。
異様に安い値段で、しゃぶしゃぶを食べさせてくれる、
侘しいのか、豪勢なのか微妙な店なのだ。

先日のお酒天国に、「東郷ビール」と歌を提供してくださった、
狩野敏也先生(詩人でもあり料理に精通していて、料理本を何冊も出されている。)に
「行きつけの面白いお店をご紹介下さい。」といわれ、
お連れしたところ、大変気に入っていただき、
先生の著書「美人は食卓から」に私の写真付きで取り上げていただいたお店だ。
(本をご希望の方、ご連絡下さい。)

他の人が紹介したお店は高級店で、私は一番チープなお店を紹介してしまった。
しかし、チープだが含蓄のある店と自負している。(笑)

そのお店は、これまで何人を連れて行ったかわからない、
「しゃぶ亭福家」だ。
一人しゃぶしゃぶのお店だ。

一人で行っても、二人で行っても、三人で行っても
「一人しゃぶしゃぶ」
一人用の鍋の鍋で食べるんだ。
4人以上になると、普通のテーブル席に案内されてしまうので、
3人までがお勧めだ。

Mちゃんに話をしたら、無性に福家に行きたくなってしまった。
来週の月曜日に連れてゆく約束をした。

が、

明日一人しゃぶっちゃおうかな。

昔、日記に書いたときに
このお店をイラスト入りで面白く書いてくれていたサイトがあって、
紹介したのだが、見つからない。

どうしても探したい気分。

何だか、久々に福家に行く予定が出来たらわくわくしてきた。
でも、他の人は誘いません。
だって、人数が集まるとテーブル席で「みんなでしゃぶしゃぶ」なんだもん。
この店は、一人じゃないと意味がないし。
月曜日にご一緒したい方、他人の振りで入店して下さい。
んで、2次会で合流ってことで。(笑)


新しい出会いは素晴らしいが、いっぺんに出会うと・・・・。
3ヶ月間だけだが、同僚の先生の代理で、
大手芸能事務所直営スクールの講師を引き受けた。

代理の講師を探すのは想像以上に大変な思いをする。
私自身も苦労した経験があるので、
信頼して任せていただいた以上、
お役に立てるように努力しないと。

ところで、さすがに大手だ。
生徒の数が半端じゃない。
なんと、50人近くの生徒さんがいるクラスもある。
こんなに多い人数のクラスを担当するのは初めてだ。

今日だけでも80人近い人との出会いがあった。
新しい出会いは本当に素晴らしい。
しかし、こんなに一度にたくさんの人に出会うと、
簡単には全員の顔と名前が一致しない。
それでなくても、私は人の名前が病的に覚えられない・・・。
アルチューハイマーの進行もあるし。

なんとかお別れまでには覚えるようにするから、
何度も名前を聞いたとしても許してね。

***

麻呂(パピヨン♂10ヶ月)は可愛い。
でも、さすがに暑苦しくてうっとうしい。
普通、犬は暑いと寄って来ないもんだが・・・・。

ごろごろしていると、人の首を枕にしてくつろごうとしたり、
ピッタリと身体を密着させ、熱い吐息をかけてくる。
暑苦しいってば。

本日の麻呂。
なんでこんなダサいカーペットを敷いているかというと、
万一粗相されても畳にしみ込まないビニールカーペットだから
選択肢がなかっただけの話。
それにしてもこのデザインはちょっとひどすぎる。
もう少し何とかならなかったのかね。
本日の麻呂ちん
親馬鹿と言われようが、なかなかの男前に育ってきたと思う。

来てくれた頃の麻呂、
(手前はクッキー♀1才10ヶ月の後頭部)
来てくれた頃の麻呂ちん
このファーのバッグは暖かかくて快適だったみたいだ。

あっという間に大きくなるからつまらんなぁ。
大きくなっても可愛さは何にも変わらんけれど。





やっぱ、アーリーバード最高!!(修正)
←これは、何だかとっても気に入った世界観の写真。





アーリーさんでの定期ライブ終了。

楽しかった~!

今日はイレギラーバンドコーチのベーシストたけちゃん
(シャープファイブの竹原浩史さん)が飛び入りで参加して下さった。




たけちゃんは優しくてホントに素敵な人なの♪
もー、いつも全然偉そうにしたりせず、私と遊んでくれる。

震災翌日のライブで予定していたオリジナル曲「さらり」ロックバージョン演奏のために来て下さったのよん。(涙) 

美香りん不在の時に何故か突然リハーサル開始。
私が歌いながらの代理ピアニスト。(笑)




写真が小さいからわからないかもしれないが、
私のニコニコ顔が楽しさを物語っていると思う。

プロを従え、良い気分。
私のピアノでも周りが巧いと聞けちゃう?
お客さんは面白い物を見たかも。

今日はこれまで歌ってきた歌謡曲の中でも特に大ヒットした曲の特集だったので、他の曲にも何だかんだ参加してもらっちゃった。

何を歌ったか・・・
さらり
ミスターサマータイム
異邦人
時の流れに身をまかせ
時の過ぎ行くままに
また会う日まで
翳り行く部屋

地上の星
恋のダイヤル6700
for you
飛んでイスタンブール
木綿のハンカチーフ等々。

「さらり」はCDにも参加して下さったサックスの小形マスターも、もちろん参加。
音圧に負けそうになる幸せ。

来月何を歌わせてもらおう・・・。
もう来月のアーリーバードが楽しみ!

慌しく過ごしつつ・・・飲んでます。
来週末まで全く休みのない日々。
ここは気合で乗り切りたいところ。

さて、新宿でご一緒させていただいている歌手のマリBunkoさんの息子さんが
ソムリエだとかで、ワイン好きの私&ピアニストの美香りんは黙っていられず、
恵比寿にある息子さんが勤めているトラットリア「KIORA」に出撃した。

息子さんは俳優の佐々木蔵之介をマイルドにした男前で、
薦めていただいた美味しいワインとお料理を堪能してきた。
何を食べても美味で、結局マリさんを含めて3人で3本空けてきた。美味しかったです♪

途中、うるさ過ぎて叱られてしまった・・・。すいません。
でも、とっても楽しかった♪
頑張って働いているんだから、その分飲むってことで。

***

ワインといえば、以前(たぶんこのブログに切り替える前のブログ)書いたが、
チリワインの「コンチャイトロ」の懸賞で、
「情熱の赤」のワインセラーを当てた。
というか、どうしても欲しくて当てにいった。(笑)
他の物も色々当たったが、見事にワインセラーをゲットして愛用してきた。

・・・壊れてしまった。

今、ワインセラーに眠っているのはこだわりのワインばかりなんだ。
仕方がないのでこの子達のために急遽ワインセラーを購入。
考えてみればオークションで落としたこのワインセラー、
ワイン一本の値段よりも安いかも。

***

PVは、若手映画監督の古新舜さんにお願いすることになり、
今日は第一回目の打ち合わせをしてきた。
古新さんからメールが届いて、アドレスが「coney」だったので、
最近お目にかかる機会がない、双子の姉を思い出したが、
ほんとに「コニイ」さんだったのでびっくりして、縁を感じずにはいられなかった。

で、打ち合わせが終わって次の仕事まで時間ができたので、
ネカフェで日記の更新をしているというわけ。







プロモーションビデオの撮影
ほんのわずかだが、震災後完全にストップしていた
私の新曲のプロモーションが進み始めた。

とても嬉しいのは、生徒さんがキャンペーンの話を持ってきてくださる事だ。
皆さん、「こんな小さな場所で歌ってくださいますか?」と心配そうに訊いてくるが、
大きさなんて関係無い。
今は、私の新曲を聞いてもらえる場所があるだけでありがたい。

どこにでも行くので、まずは一声かけてみて欲しい。

さてさて、TV埼玉の収録は9月10日に決定した。
放映時に、私のプロモーションビデオを流してくれるとか。
ってか、プロモーションビデオ無いし。

間に合う様に撮影してもらわなくてはならなくなってしまった。

徳間ジャパンが発売している、4曲入り音声多重カラオケにも
使ってもらえることになったので、撮らないわけにはいかない。

ほんとにちょっとづつだが、前には進んでいる。
A4のチラシも今月半ばには出来上がってくる。

歌わせてくださる場所、チラシを貼ってくださる場所を是非ご紹介ください!
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.