FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

打ち上げと、ミッションについて。
発表会後の打ち上げを、去年オープンして何かと話題の、
(良くテレビの取材が来ている。この間は石塚が食べ歩いていた。)
「八王子ロマン地下」というふざけた名前の屋台村で開催した。
個性的なお店が連なっているが、どこからでも出前が取れるシステムで、
非常に盛り上がって楽しかった。
店内は、横浜のラーメン博物館の夕焼け広場を明るくしたような感じ。

酔っ払う前の私と美香りん。
まだ、酔っ払う前。
本番を終えたばかりで、少々お疲れモード。
もちろん飲みだしたら豹変する。

トイレも面白かった。
銭湯「八の湯」の暖簾をくぐるとそこがトイレ。
男性用も思わず撮影してしまった。
まずは、男性トイレ。
男性トイレ・・・ロッカー付き!
天狗が気になるが、(笑)銭湯の脱衣所のようになっていて、
手洗いの台にケロリンっぽい黄色の洗面器が!

これは女性。
女性用トイレ・・・蛇口がシャワーヘッド!
完全に銭湯状態。手洗いの蛇口がシャワーヘッドになっている徹底振り。
ここまでやってくれると納得。
店内のどこを散策しても面白いので、ついうろうろして、
他のお店の美味しそうなものを出前で頼んでしまう。
うまいシステムだと思う。
ここに来れば何でも食べられるということだ。

そして、騒ぎ出した我々の様子はこんな感じ。
そりゃもう、大騒ぎ。
ここまで来ると、最初は緊張していた参加者もリラックスして、
話をしてみたい人のところに席を移動したり、
宴会は最高潮に。

私の周りでは、私がくだらない事を言ったせいで、
(以前、私が利き手を怪我して、利き手じゃ無い方の手で
お尻を拭いたら、拭いた気がしなかった・・・とここでも
話題にした。)
翌日、利き手じゃ無い方で拭いて、その時の様子をレポートする事になった。
本当に続々とレポートが寄せられて来る!
こういう下らんことを一緒に面白がれる事が実に嬉しい!(笑)

役者の子達は特に乗りが良いので、
送られてくるだろうとは思っていたが、
役者じゃない人達からも送られてくる。

笑ったのは、一番最初に届いたメールが、
「ミッション失敗!」という一文だけだったこと。
出なかったのか、はたまた気づいたら拭き終わっていたのか。

それぞれ個性的で無茶苦茶面白いので、レポートを送って来た人には、
他の人のレポートも読めるようにしたいと思う。
匿名を条件に、ここで披露する???
参加ご希望の方は(笑)私まで。


スポンサーサイト

発表会終了! 
生徒さんの発表会を開催した。
今回は私個人で主催する発表会なので、何かと準備が大変だったが、
皆さんがあらゆることに快く協力を申し出てくれて、
無事に終えることができた。
本来は出演者に手伝いをさせたくは無いのだが・・・・。

小さな会場だったこともあるが、補助いすを用意するほどの大賑わいで、
出演の皆も張り合いがあったことだろうと思う。

今年高校生になったMちゃん
練習期間がちょうど入試と重なってしまったので、
大変だったとは思うが、いつも通りの落ち着いた様子が、
大物振りをうかがわせた。
後半の松田聖子しばりに関しては、ちょっと可哀想かとも思ったが、
アイドル当時の聖子の年齢と同じくらいなので、
実は、一番真実味があったと思っている。

直前に出演を決めたKさん、
私のオリジナル「木もれび」を、歌のイメージ通りの可愛らしさで
歌ってくれた。
声が優しくて可愛らしいので、松田聖子の歌は合っているのではないかと思った。
去年に比べて、格段に良い出来だったと思う。

12年連続出演を果たしたSちゃん。
途中サックスのトラブルがあったが、歌声がとても力強く、
精一杯出し切ったように感じた。
何より、他の出演者からサックス演奏を依頼され、
責任重大で緊張した中での演奏だったので、
私は合格点だったと思う。

女性らしい魅力にあふれたIさん、
今年のドレスも上品でとても似合っていた。
課題だった裏声もバッチリ!声量も問題無し!
うまくなったなぁ・・・とちょっとウルッとした。
こんな瞬間があることが、先生をやめられない理由。

歌詞を覚えるのも大変な難曲にチャレンジしたFさん、
ご本人は結構不安な様子だったが、実は私はあんまり心配していなかった。
これまでの経験上、Fさんは何が起きても何とか出来る人だから。(笑)
最初の曲は選曲も本人の声の良さに合っていて、聞いていてとても心地よかった。

黒一点のM君
少々難しいかとも思ったが、伸び盛りで本人も歌が面白くなってきているようなので、
ピアソラの曲にチャレンジしてもらった。
流石に役者をやっている人たちは舞台慣れしているので、
安心して見ていられる。
ビブラートのかかりすぎは気になったが、
思い切りの良さで合格点。

同じく役者のMちゃん
選曲も良かった。役者ならではの見せ方で、お客さんも十分楽しんでくれたと思う。
二部の松田聖子は思い切りが良くて秀逸。
やるならこのくらいやらないとね。
花丸。

実力派のAさん
今回は普段選ばないようなミュージカルからの選曲だったが、
これまでの彼女には無かった世界観を存分に表現して、
これから世界が広がりそうな予感で嬉しい。
コーラスにもチャレンジしてますます世界は広がりそう。

初出場のOさん
まぁ、本人は不本意な部分もあったとは思うが、
これからに役立つ良い経験をしてもらえたと思っている。
他の人には無い、持って生まれた素晴らしい武器があるので、
それをどうやって活かしてゆくのか、
私にとっても課題だなぁと思った。

その後の打ち上げには、MMコンビの役者仲間達も参加してくれて、
20名近い大所帯で大騒ぎした。
その様子はまた次回。

そして、私は思いがけず怪我をしてしまい、
現在松葉杖生活になってしまっている。
やっと食欲も出てきて復活の兆しが見えていたのに・・・。

来月浮かれる頃には、松葉杖生活は終わっているものと思うが・・・。





中野小劇場チャリティコンサート(写真追加)
中野に、音楽好きが集まってくる「ねね」というお店がある。
楽譜を持参すれば、プロのピアニストが伴奏してくれるシステムのお店だ。
そのお店のマスター丸山さんが毎月開催しているチャリティーコンサートのゲストとして
お招きいただいた。

丸山さん自身大病を繰り返し、
人のことを心配している場合ではないにもかかわらず、
あの震災の被災地のために、定期的にコンサートを開催している。
続けるというのはそんなに簡単なことではない。

お招きいただき光栄だった。
ホールは気持ちが良いです

リクエストをお寄せいただいたので、
とりあえず全部応えるぞ!と意気込んでみたら、
中野小劇場での一枚

・それぞれのテーブル(フランス)
・海から生まれしもの(ポルトガル)
・六月のオルテンシア(日本)
・朝日の当たる家(アメリカ)
・ボン・ボヤージュ(フランス)
・ケ・サラ(イタリア)

という、とらえどころの無い実に私らしい構成となった。
実は前日、立ち直れないかも知れないと思うほどの下痢をしてしまい、
水分が全く取れない中、どうやって自分を脱水させずに粘膜を守るか、
「どうすりゃ良いの?私・・・・。」状態で頭を抱えた。

こういう場合、
最終的にどれだけ気合が入っているかに尽きるね。
正露丸の力を借り、
(今更ながら、正露丸を作った人は素晴らしい。
 夏川医学賞を個人的に進呈したい。
 いざと言うとき、これほど頼りになる薬は無い。)
お客様や競演の皆さんに体調不良を悟られずに乗り切ることが出来たと思う。
ましてや競演の皆さんはアマチュアの方々で、
緊張なさっているのが伝わってくる。
終演まで同じ楽屋で過ごすので、プロの私が不安を与えるわけには行かない。

ごく親しい人に酷い下痢で泣きそうな事を伝え、
メールで慰めて励ましてもらった。
私もまだまだだな。(笑)

おかげさまで立ち直り、
明日の生徒さんの発表会を前に再度気合を入れているところだ。

この日のために一生懸命練習してきた皆さんを、無事にステージに送り出し、
演奏を終えて(間違えたりするのは全然構わんの。)、
ステージを降りるまでの間を見守るのが私の務め。

至らない点は多々あると思うが、
どうか勘弁して欲しい。
必ずや次回の課題にしますんで。





ご心配おかけしてすいません 遅まきながらアーリーバード
少し忙しすぎたのと、日頃の不摂生がたたり、
少々お疲れモードの夏川です。
確かに少し痩せたのと、この日記を長く更新しなかったこともあり、
皆さんにご心配をおかけしてすいません。

さてさて、すでに一週間が過ぎてしまっている錦糸町アーリーバードさんでの
マンスリーライブ。
この日の御題は勝手に「春!」

ピアニストの斎藤美香りんは、角膜に傷がついてしまったとかで、
めがねっ子。
ありゃ?
写真がでかい。美香りんに怒られそう。
1012780_1603226369_105large.jpg

すでに演奏した曲を忘れているとも言う。
順不同で、
夜桜お七
葉桜
そして葉桜の時(ボニージャックスの西脇さんからいただいた曲)
上を向いてあるこう
酔いどれノクターン
ばら色の桜と白い林檎の花
花祭りマンボ
さくらんぼの実る頃
古きパリの岸辺
・・・やっぱり後一曲思い出せない。

ま、いいか。

来月13日の「浮かれて」&6月のお酒天国に向けて、
何とか、体調を整えて頑張ります!
ということで、先日の中野のコンサートは、この後に。


苦労している。(涙)
まあ、何事もある程度コツをつかむまでは、
苦労は付き物だが思った以上にタブレット端末に苦戦している。
もう少しパソコンに近いかと思っていたが、微妙に違う。

今、タブレットから更新しているが、
画面上は同じなのだが、キーボードが無いので文字入力が面倒臭い。
手書き入力が思っていた以上に優れものだったので、
もっぱら手書き専門になってしまった。


そう言えば小学生の頃、漢字の書き順を厳しく教えられた。
クラスを2つに分け、指名された代表が前に出て同時に一画づつ書き、
両者が正解なら引き分け。
自分の名前の漢字あたり、間違えて大笑いされた人がいたっけ。
そのおかげか書き順は正しい。

単なる興味で書き順をわざと間違えたり、達筆風に崩したりしてみたが、
案外ちゃんと認識する。すごいなぁ。

このタブレットで撮った写真の保存が出来ないから、貼れないのが目下の課題。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.