FC2ブログ

プロフィール

♪♪~玲~♪♪

Author:♪♪~玲~♪♪
夏川玲のブログへようこそ。

1985年にキングレコードから
「ジレンマ・男と女」でデビュー。
その後、俳優森川正太とのデュエット
「ラブアゲイン・別れましょう」発売。
ラジオDJ、ナレーション、司会など
活動の幅を広げてきた。
2011年には徳間ジャパンより、
山口洋子作品
「トワイライトレイン・さらり」を発売。

お酒と犬をこよなく愛する。
趣味は料理。呆れるほどの凝り性。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ



どうにもパソコンの調子が悪く、
というか、IEの調子だけど。
ブログの更新もいまひとつままならん。

多分、私が帰宅したときにでも一緒に入ってきてしまったのだろう。
壁に大きな蛾が止まっていた。
あんまり気分の良い物ではないが、
ゴキブリ発見よりもなんぼか良い。
手の届かない場所にいるし、放っておくことにした。

その存在をすっかり忘れて数日後、
二階の廊下でその巨大蛾は臨終の時を迎えていた。
流石にこのままにしておくわけにはいかない・・・トイレットペーパーでつかんで
流すことにした。

トイレットペーパーを持って戻ってくると、
すでに、蛾は消えていた。
クッキー(パピヨン♀)は、頼みもしないのに庭で番犬をしている。
ジャッキー(プードル♂)すでに15歳、ご飯の時以外は大抵寝ている。
要するに、蛾を持ち去ったのは私にべったりで庭に出してもすぐに戻ってくる、
麻呂の仕業だ。
食べちゃったのかと思っていたが、
しばらくして、パソコンに向かっている私の足の甲に何かを落とした。

いつものように構って欲しくておもちゃを持ってきたのだろうと思ってふと見ると、
それは巨大蛾だった。
本気で一瞬麻呂が嫌いになった。

一瞬だけどね。

スポンサーサイト
私は痛みに鈍感で、手先が器用だ。
何事もコツをつかむのが早い。
初めて読む方は『何言ってんだ?』と思われるだろうが、
このブログが切っ掛けになってインビザラインでの矯正を
考える方もいるので、最初に書いておく。
実はこれは結構重要だからだ。

************
大きく動かさなければならない部分にアタッチメントが付いた。
(今回は叢生が酷い下だけ。)
爪のスカルプチュアにも使うレジンを、
歯の表面に塗り、今回のアライナーからついている凸の形状に
合わせて固めた小さな突起物だ。
アライナーをはめてから一分間チューナーという、
白いゴムの筒を噛んでしっかりはめる。

突起物がアライナーにはまるので、外しにくくなったが、
医院で説明された奥歯を揺らすという方法では前歯が外れないので、
前歯を浮かせるようにした方が簡単に外せた。

あらゆるところに隙間ができて、やたらに物が挟まるようになった。
楊枝は先は細いが、太くなってゆくので歯間ブラシの用に
通せないので以外と奥歯の間は取りにくいが、
たまたまネットの懸賞で当たったカードピックという、
ポリプロピレン製の薄っぺらな楊枝が大活躍している。
板状なので財布に入るし、使い捨てで衛生的だし、
マウスピース矯正の必需品だと思う。

近所を探したが見かけないので、無くなったらお取り寄せかな。

アライナー8までもらったので、しばらくはこのままだ。

八王子ギャラリー&スペース『ことのは』さんでのコンサートが無事に終わった。
全曲ギターのみの伴奏というのは、数年前のファドライブ以来だ。
先ずはお越し下さった皆様に心から感謝。
そして、素晴らしい演奏と伴奏をして下さったギタリストの大野元毅さんに感謝。

地元八王子の方々の歌や伴奏で場を盛り上げてもらった後、
私の一部は『日本の歌』でまとめてみた。
1.トワイライトレイン
2.紅とんぼ(どうしても演歌が歌いたかった。)
3.さらり(ボサノバヴァージョン)
4.ウイスキーがお好きでしょ
5.NAO
6.あの頃のまま

休憩の後は大野さんのソロをたっぷりと楽しんでもらった。
私も聴きたかったのだが、着替えのため聴けず。
後でビデオを見れば良いか~と思っていたが、
何とビデオが途中で故障したとかで、残っていなかった。

二部は外国曲。
日頃良く聞いてくださっている方には、ピアノとは違う世界観を楽しんで
いただけたのではないかと思うが、今回は初めましての方も多く、
結構熱唱したので驚かれてしまったかもしれない。
特に二部は殆ど伴奏を聞いていなかったので、
(素晴らしい伴奏で聞く必要がなかった。)入り込めていたと自負している。
1.海から生まれしもの
2.海と旋律
3.アムステルダム
4.あきれたあんた
5.人生は過ぎゆく
6.老女優は去りゆく

アンコール フラメンコかっぽれ

矯正を始めたことで、色々不具合が出ているが、
何とか努力で乗り切れれば良いなと思っている。
大野さんのギターの音がとても好き。
また近々ご一緒出来ますように!


 | ホーム |