FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

お酒天国Vol.23終了
申し訳ないです。
せっかく書いたのに、「公開」になっていませんでした・・・。

***

半年がかりで取り組んだお芝居が千秋楽を迎え、
やっとお酒天国のことだけを考えれば良い時間が来た。
しかし、本番まで一週間。
火曜日には美香りんとのリハーサルがあったが、
何と、この時点で一曲歌えない曲があった。
そんなことは、長年続けたお酒天国の中でもはじめてのことで、
(当たり前だ。)
果たして残り3日で歌えるようになるのか不安だったが、
やれるだけやってみようと決意し、練習に練習を重ねた。
(さて、この時点で全く歌えなかったのはどの曲でしょうか?)

何の曲ですかね?
一部)
・ようこそ劇場へ
・Ale Ale Ale
・アムステルダム
・トワイライトレイン
・ボン・ボヤージュ

お客さんに笑わされる

二部)お酒天国
1.マロンリキュール「モンブランの恋人」
  ・マロンの気持ち(メロンリキュールを試飲し「メロンの気持ち」を歌うはずだったが、
             某運送会社が瓶を割ってしまい、急遽変更となった。)
2.真珠入り焼酎「雫月(しづき)」
 ・エーゲ海の真珠
3.大歩危「子泣きの盗み酒」
 ・ゲゲゲの鬼太郎
4.スペインどんぐりリキュール
 ・どんぐり豚の唄
5.ヘリコプター容器入りカルバドス
 ・ブランデーグラス(尺八演奏:小林紀輔)
6.沖縄缶入りドリンク「ミキ」
 ・とにかくしつこい「ミキ」メドレー
7.上州へそ焼酎
 ・へそダンス
8.ルーマニア土産プラム焼酎 Tuica
 ・ルーマニア国歌
9.日本酒「地球侵略」 純米「総攻撃」
 ・ウルトラマンメドレー「シュワッチ!」

今年もお酒天国採用を狙った面白いネーミングのお酒や、
海外のお土産が沢山寄せられた。
こうやってこの企画を一緒に楽しんでくださる皆さんのおかげで、
私が全てを揃えていた頃よりも、ずっとバラエティに富んだ
お酒が楽しめるイベントに成長している。
心から感謝。

どんな曲にも対応してくれる、ピアニストの斎藤美香りんに感謝。
アシスタントを務めてくれた佐藤美岐ちゃん、清水里枝子ちゃんに感謝。
尺八の演奏で盛り上げてくれた、小林紀輔さんに感謝。
宣言通り来年は6月27日を予定している。
すでに会場には手付けも打った!(笑)

下半期は自分を解放して、お酒天国のことは基本的には深く考えないことにしているが、
アンテナは常に張り巡らせ、面白いお酒の収集に邁進する所存だ。
来年もこんな風に笑えると良いな。
こんな素敵な瞬間を!


皆さん!
また来てね~!!

スポンサーサイト

リタと大学教授終わる
仙台の劇団LGTのお芝居に出演させていただいて3ヶ月間。
稽古を含めると実に半年間、このお芝居にかかりきりだった。
初めての芝居が二時間半を超える二人芝居。
膨大な台詞量、わずかな稽古期間。
何をどうしたものかと頭を抱えた半年間がやっと終わった。

人目を気にする余裕など無かった。
最初の内は、完璧に覚えたと思っていても、
動きながら喋ると全く台詞が出てこなくなってしまったので、
駅までの道の行き帰り、ジムのプールで歩きながら、ひたすらブツブツと喋り続けた。
変な人だと思われているだろうな。
アクアズンバに一緒に出ているお喋り好きの明るいご婦人が、
いつも私に話しかけたそうにしているが、多分私は何者も寄せ付けない、
変人オーラを出していたに違いない。

家では声を出して相手の台詞も含めて全て喋り続けた。

仙台の皆さんは本当に良い方ばかりで、あたたかく迎え入れてくれたが、
私がいることでどれだけやりにくくなっているか、言われなくてもわかる。
気を使ってもらえばもらうほど、辛くなるのだから人間は難しい。

後一回で終わり・・という回はとても感慨深かったのだが、
本当に終わってしまったら、自分でも呆れるほどに何にも感じることなく、
ただ淡々と「終わったんだな。」と思った。
そして、頭の片隅にずっとあるのに手が着けられずにいた、
来週末のお酒天国の練習がやっと出来るなと思った。
(だって、新曲が一曲全く歌えてないんだもの!!)

劇団の皆さんから記念品として手渡されたアルバムには、
一人一人からのメッセージと、頑張った私の半年が詰まっていた。
帰りのバスの中で、アルバムをめくりながら涙が止まらなくなった。
仙台⇔東京10往復も、短すぎる稽古時間の重圧も、膨大な台詞も、
歌の練習に集中できないことも、本当は全部とても辛くて苦しかった。
やらないという選択肢はなかったが、本当にやるべきだったのかは考えた。

この先芝居をやることはもうないかなとも思うが、
手に入れることが出来たと感じたことを大切にして、
歌の練習に励まなければ。

うお~、来週はいよいよお酒天国だ。
台詞は削除して、歌詞を入れるぞー!!






リタと大学教授、私の千秋楽を前に遠足・・・!?
本番前日の土曜日には、劇団の皆さんと山形に遊びに行った。
さくらんぼを食べ、そして人気絶大という蕎麦屋「寿々喜」さんで(店内の混雑具合が半端ではなく、
隣に並んでいる人は、わざわざ大宮から足を運んでいるとの事だった。)昼食。
お蕎麦屋さん 寿々喜さんの看板

一応、ここは日本蕎麦屋らしいが、名物は鳥中華。
ラーメンもあるし、私が注文したラーメンの麺と日本蕎麦がごちゃごちゃになって盛られる、
「ミックス」なるものもある。
ラーメンと日本蕎麦
ミックス麺と書かれていたので、てっきり二種類が別々に盛られていると思ったら、
なんと二種類の麺が混ぜられて盛られていたので、ちょっとビックリした。
汁は同じものが2個出てきて、片方は七味で片方はごま油と酢を入れて食すように指示される。
「ごま油と酢」には、一瞬尻込みしたが七味は天敵なので使えるわけが無く、
恐る恐る試してみると、これが美味!
しかし、量が多すぎて最後は飽きちゃった。

そして温泉へ。
ちょっとお湯が熱かったので、上がった後汗が引かなくて参った。
しかし旬の果物を食べて、名物女将の店で食事をして、温泉に浸かるなんて贅沢ですな。

その後、日本七滝という大滝で観光。
スタッフの少年(15歳!)が大喜びしてはしゃいでいる姿を眺めつつ、
子供だなぁと思ったが、考えてみれば15歳なんて本当に子供なんだよね。
日本七滝らしいよ
今回のお芝居は少年少女を育てるとうい目的もあるので、
スタッフは高校生が中心。正直手が遅かったりしてイライラすることもあったけれど、
イライラする自分に対しては、私自身も反省させられた。

最後はニッカの宮城峡の見学だ。
余市には銀巴里さんに出演した際に立ち寄ったので、
これでニッカは制覇だ。
最終見学の時間をちょっとオーバーしていたが、紛れ込んで良いと言われ、
施設の見学をさせてもらうことができた。
創設者竹鶴さんの志と理想のの高さが伝わってくる。
ニッカ宮城峡

運転手の前田さんは実はウィスキー好き。
私はあんまり普段ウィスキーを飲まないのに試飲させていただき、
ちょっと心苦しかったが、まぁ今回はお客さんだから良いか。
ということで、試飲♪
そして試飲

ニッカと言えば、アップルブランデーでしょう・・・・。
ということで併設の有料試飲コーナーで12年物のアップルブランデーと、
シングルカスク(一つの樽で熟成されたウィスキー、通常は複数の樽で熟成されたウィスキーを、
ブレンダーという人が混ぜてウィスキーを作る。)のウィスキーを試飲。
アップルブランデーもここまで寝かすと、葡萄のブランデーに近づいて行くのかな?
個人的には一番安い、若いアップルブランデーの方が好きかも。

流石に前日の夜行バスで仙台入りして、朝から若者の皆さんと遊んだ私はアルコールで一気に眠りの世界へ引き込まれ、
一瞬熟睡。

充実の遠足の後には、当然の事ながら翌日に控えた私の千秋楽に向けたお稽古が待っていた。

稽古の後、夕飯を食べようかと思ったものの、昼間の麺が今も響いていて食べる気にならない。
無理に食べるのもいかがなものかと思ったが、そんなときにはお寿司だなと、軽くつまんでホテルへ。
千秋楽とは言え、やることは同じ。
半年間、あらゆるものを後手にまわして取り組んだのだから、後悔の無いようにしないとね。



第26回貞ミュージック発表会
全てが後手後手な私。
来月からはもう少しまともな人生になりそうな、そうでも無いような。

さて、私のオリジナル曲「トワイライトレイン」を歌って下さる方が沢山いらっしゃるとかで、
カラオケの発表会のゲストとしてお招きいただきました。
私の曲を一生懸命に舞台で歌ってくださる姿を拝見し、
感激すると同時に、早く歯を治して(まぁ、努力で早まるモンではないけれど)
歌わなきゃいけないなと強く思った次第。
ここ数年、歌に対する気持ちが昔と違うと感じていたが、
久しぶりに、何かがよみがえって来た。
ゲスト出演しました!

以前ご一緒させていただいたまつざき幸介さんとも再会し、
(実は高校の先輩なんだ。)新しい出会いも沢山あった。

やっぱ、大きいホールは気持ちが良いですね
しかし、このドレスは処分しよう、しようと思っているのに、
なぜか捨てられず、なぜかまた着てしまう。

さて、この週末にはお芝居の千秋楽が待っている。
半年間の戦いにも幕が下りる。



錦糸町アーリーバード「雨の歌」特集
梅雨とは名ばかりでまるで嵐のような豪雨が続いたが、
この週末はお天気にも恵まれた。
久しぶりの歌のステージ。
「歌い方覚えてるの?」とからかわれたが、確かに大丈夫か私??

今年も「雨の歌」特集をお送りした。
毎年同じ企画をやっているが、一応は内容を吟味して予想の裏をかくようにしてみたり。
つい最近会社をやめて自転車で沖縄まで行った青年が来てくれたので、
一曲だけは雨とは無関係だったが、
・青春の旅立ち を歌ってみた。
そして、歌詞の中に雨が入っていたりタイトルに入っている曲を集め、
・小雨降る経
・パリ祭
・リヨン駅
・六月のオルテンシア
・水色の雨
・雨ふり
・てるてる坊主(朗読)
・雨(ジリオラ)
・雨の慕情
・トワイライトレイン   
201406142

雨、雨降れ降れもっと降れ~♪

で、この服は母の友人がくれた
贋物の「ブルガリ」(笑)
流石に街中を着て歩くのは躊躇われたので、
お店にてお着替え。

この日はお客様からお酒の差し入れをいただいた。
「ウィスキーよ。」と言われ、ちょっとガッカリしたのだが、
(私は唯一ウィスキーだけは飲まないので。)
開けてビックリ!
なんと「百年の孤独」だった。
大喜びの図。
百年の孤独

てるてる坊主の話題では、
雨が降らなければ顔を書き込んであげるとか、
降ったら首を切って捨てる・・・という話題になった。

顔を書き込んでも、結局捨てるんじゃね?と思いつつ帰路に着いた私だった。
来月は、パリ祭と重なってしまうため寂しい客席が予想される。
是非是非、応援に来てください!



子犬が半年になりました。
パピヨン家族
昨年末に生まれた我が家の子犬が生後半年になった。
性格にも個性が出てきて面白い。
私のお気に入りのソファーは、ご覧の通りすっかり彼らの占有物になってしまった。

手のひらに乗っていたのが嘘のように大きくなり、
左のピンバは4キロ越え、両親の中央に座って甘えているモグも3キロを超えて、
お母さん犬のクッキーとほぼ同じ大きさになってしまった。

それでもまだ完全に毛が伸びきっておらず、しぐさが幼いので、かろうじて子犬の最後の
可愛らしさを楽しませてもらっている。

この2匹の子犬、とにかくお風呂が大好きで、
私がお風呂に入っていると、入れてくれと言って脱衣所で鳴くのだ。
ワンワンではなく「クーンクーン」と、それはそれは本当に哀れな声で。
仕方なく洗い場に入れてやると、今度は湯船に飛び込もうとする。
まぁ、犬が溺れる話はあまり聞いた事はないが、万一のことがあっては困るので
抱っこして一緒に湯船に浸かることになる。

余程気持ちが良いのか、モグは全身脱力して私に身体を預けてうっとりしている。
かたやピンバはお湯をゴクゴク飲むので目が離せない。
こうやって毎晩お風呂に入るので、子犬達はシャンプーなんかしなくてもいつも真っ白でサラサラだ。

タオルでゴシゴシされるのも大好きみたい。
相手がやってもらっていると、焼きもちを妬いて唸って咬むのだから性質が悪い。
リラックスタイムであるはずの入浴は私にとって忙しい戦いの場になってしまった。

生まれた瞬間から面倒を見ると、これほどまでに同じ事を一緒にやろうとするようになるんだね。

ここに写っていない爺さん犬ジャッキーを、子犬たちがどう思っているのかわからないが、
ジャッキーと子犬2匹を一緒に遊ばせると、
(いや、「何だこのジジイ!突っついてやれ!エイっ!」って感じかも?)
じゃれて楽しそうに過ごしている。

一匹も二匹もそんなに変わらない。
爺さんと、若犬2匹もそれほど変わらなかった。
しかし・・・・流石に5匹は大変だ。
夢にまで見た犬に埋もれる生活を、満喫して・・・う~ん・・・満喫しすぎかも。

リタも残すところ2回!
今日は、4月からお引き受けした新しい講座の試験(兼生徒さんにとってはライブ)だった。
たった3ヶ月で私が皆さんのために何かを出来るというわけでは無く、
個々の演目に対してのアドバイスはしたつもりだが、
ライブに関してはあえて口を出さずに(結構イライラしてここまで出かかったのだが・・・。笑)見守りに徹する役目だ。

夢を持つ若者は良いね。
「やりたいことが見つからない。」とか言ってるような人とは比べ物にならないくらい、
彼らは今を生きている。

時期クールも私は私のやり方で、夢を持つ若者と一緒に楽しみたいな。

***

私も今を生きている。
今年の前半のほぼ全てをかけて臨んでいる、
初挑戦のお芝居「リタと大学教授」も、残り2回を残すのみ。

明日の公演にも関東からお越し下さる方がいて、芸人冥利に尽きる。
開放されたらどんな気持ちになるのか、自分の反応が楽しみで。

***

以前、私の「トワイライトレイン」を課題曲にして下さっているカラオケ教室に、
サプライズ「本人登場」で参加させて貰った事を書いた。
そのクラスの皆さんの発表会のゲストとしてお招きいただいた。
トワイライトレインを歌って下さるかたもいるそうなので、
早めに楽屋入りしてその方の歌を聞かせてもらおう。

***

しかしさ、入梅したとは言え今日の雨は酷いよね。
梅雨に降る雨の良さは、ザーザーじゃなくて「しとしと」のはずでしょ?

我が家のお母さんパピヨン「クッキー」は庭に出るのが大好き。
雨が続くと外に出られなくて、ストレスを溜めて私にやつ当たりするの。
私が降らせてるんじゃないんだから、勘弁してよ。

***

では、仙台に行って来ます!!!



六月のオルテンシア
今年の梅雨は長くなるとか。
お酒天国(6月最終土曜日のバースデーコンサート)は雨が降らない。
帰り際にいきなり降ったりすることはあっても、一日中降り続けたことはない。
23年間続けているが、傘をさして楽屋入りしたことは無い。
ただの一度も!
きっと今年も降らないんだろう。

***

先月のはじめ、庭のアジサイの葉が虫に喰われてとんでもないことになった。
実は去年もひどかったのだが、庭では犬が遊ぶので強い薬は散布できない。
ましてや今年は子犬がいるし。
温暖化が原因なのかな、関東にはいなかった虫もいるみたい。
数種類のアジサイがあるのだが、その虫が寄ってくるのは決まったアジサイ。

仕方が無いから坊主にした。
植物の生命力はすごいね。
刈っちゃって枝だけになっていたのに、もう芽が沢山。

***

「六月のオルテンシア」という曲がある。
アジサイをフランス語でオルテンシアという。
アルバムに収録した曲だ。
好きだと言ってくださる方が多く、リクエストにお応えして歌う事も多い。
私自身も静かな気持ちで歌に入れる貴重な一曲だ。

毎年この時期になると、
口ずさみながら庭のアジサイを眺めるのだが・・・。

今年は枯れ枝のようなアジサイの木と、
なんて言ったらいいの?あの真ん中に粒々があって、花みたいなのが周りを取り囲むやつ・・・ばかり。
私が好きなのは、あれじゃないの。
全部が花みたいなやつなの。

こういう時、文字の限界を感じる。
自分で絵を描いて出せれば簡単だけれど、
私の絵の下手さは半端じゃなく、未だに学生時代の同級生からからかわれる始末。

***

2匹生まれた子犬の1匹が超美形。
決して親馬鹿では無い!

しかし・・・。
どうやら歯並びが悪くなりそう。
別にショーに出す犬じゃないからどうでも良いのだが、
完璧って、なかなか無いのね。

***

えーーーっ!!
四時過ぎなの?
寝なきゃ。
明日も生徒の皆さんと会える。
嬉しいな。



Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.