FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

「さらり」バンドライブ終了 一応こちらも更新
3年前に出したシングルのカップリング曲を
演奏してくれたメンバーが集まってのライブが終わった。
その曲名にちなんで「さらり」バンドとしたが、
実際のところはバンド名が無いので(仮)というところか。

ボーカル(私)、ギター(大野元毅さん)、サックス(小形登さん)、
ピアノ(斎藤美香りん)、ベース(三田貴之さん)、
ドラム(加藤響さん)、コーラス(佐藤美岐さん)という、
久しぶりに豪華なメンバーでのライブで楽しかった。

楽しかったが、新年早々に企画してしまった関係上、
全員が集まってリハーサルをするのが難しく、
結局、全員で音を出したのはこの日が最初で最後となった。
(レコーディングもバラバラに録音したので・・・)
3連休の変な日程だったにもかかわらず、沢山の方に来ていただき心から感謝。
「さらり」バンドライブ

それぞれの希望曲をどんどん並べただけの
セットリスト♪(選んだ人)
①Sir.Duke (三田君)
②銀河鉄道999(美香りん)
③さらり(私)
④学生街の喫茶店(美香りん)
⑤My dear life(インスト・小形さん)
⑥酔って候(加藤さん・Voc加藤さん)
⑦人生は過ぎ行くロックバージョン(大野さん)
⑧アムステルダムメタリカバージョン(大野さん)
⑨マンハッタンと錦糸町(小形さんオリジナル・デュエット)
⑩Doce deucao(小形さん)
⑪The cape Verdean blues(インスト・小形さん)
⑫人間の証明のテーマ(美香りん)
⑬I feel the earth move(三田君)
⑭Ain't no mountain hight enough(三田君、Voc.私&美岐ちゃん)
⑮ジレンマ2015(私のデビュー曲・加藤さん)
⑯Night birds(加藤さん)

以上、わかったようなわからないような何でも有りの謎曲の数々をお届けした。
びっくりしたのは、シャンソンのロックバージョンが異様に喜ばれたこと。
人生は過ぎ行くには、キングクリムゾンの「21世紀の精神異常者たち」を
間奏に使うという荒業だったのだが、その後の反響が大きく驚いている。

「さらり」バンドライブ2

ピアノの位置が離れていて、美香りんが見えないのが残念だが、
全体の雰囲気はこんな感じ。

小学生の姪が、暮れに我が家で開催したホームパーティで
ベースの三田君に一目惚れしたとかで、当日も客席にいたのだが、
花束を渡すその姿は恋をする女の子そのもので、
こうやって大人になって行くんだな・・「お姉ちゃん」と
呼ばせてはいるが、本来の立場は伯母である私はしみじみしたのであったよ。

打ち上げで頼んだホッピーに、やかんに入れた焼酎を注ぎ放題という
悪魔のような店で、(自分で注ぐんじゃないよ。店員が注いでくれて、「そこまで!」と
止めるシステムだが、すぐに止めてもすごい量を注がれてしまうんだよ。)
大いに酔っ払って、楽しい時間は過ぎていったのだった。

やっぱりバンドは良いね。
楽しいや~。
スポンサーサイト

お知らせ
facebookで写真付きで随時更新しています。

玲の徒然facebook版?

実は、このブログは写真を貼る作業がかなり面倒なもんで・・・・。

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.