FC2ブログ

プロフィール

♪♪~玲~♪♪

Author:♪♪~玲~♪♪
夏川玲のブログへようこそ。

1985年にキングレコードから
「ジレンマ・男と女」でデビュー。
その後、俳優森川正太とのデュエット
「ラブアゲイン・別れましょう」発売。
ラジオDJ、ナレーション、司会など
活動の幅を広げてきた。
2011年には徳間ジャパンより、
山口洋子作品
「トワイライトレイン・さらり」を発売。

お酒と犬をこよなく愛する。
趣味は料理。呆れるほどの凝り性。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


年に一度の「お酒天国」という名のコンサートまで一ヶ月。
(「お酒天国」はロシアの曲のタイトルからもらった。)
笑いながらお酒を飲んで、好き勝手なことを言っているように見えるかも知れないが、
基本的には全て進行は決まっている。

もちろん脱線してしまった時や、
アシスタントの方に思わぬハプニングが起こったときに、
何とでも出来るように大量のネタは仕込んであるが、
ライブは生き物・・・そんなに簡単に進行できるわけじゃない。

最近は、直前にお酒の差し入れがあったり、
当日会場に持ち込むから、それにちなんで一曲お願いします・・・と言われる。
万一、当日にその方がいらっしゃらなかった場合、
予定していた曲は歌えなくなるわけで、予備のお酒と曲を用意しておかなければならない。

面白そうにお酒を飲んで、思いつきで歌っていると思ってもらえているんだな。
それはとても嬉しい。

でもそんなわけないし・・・。

***

一応決まったが、突然ひらめいたりするので、
起きている時は常にネタを考えている。
お笑い芸人さんは、きっとこんな感じなんだろうね。

***

元々生き物と暮らすのが好きで、
現在はもうすぐ18歳の不死身のプードル、4匹のパピヨン、
22歳のヨウムと暮らしているが、
近所の熱帯魚屋さんの店先で、
ずっと飼いたいと思っていたベタを衝動買い。
ベタを飼いました。
赤いのがジェイ君、青いのがマイ君。
どちらもお気に入りのワインの名前にしてみた。

まだ若いし元気一杯で、餌をモリモリ食べている。
食べている姿を見るのは良いよね。

動物好きは、みんな「食べている姿フェチ」かもしれないね。

***

嗚呼、本当に精神的に追い詰められて辛い時期が来た。
誰にも相談できない。

そりゃそう。
だって家族もお金を払って見に来てくれるお客さんなんだもん。
だから、ネタは明かさない。

小さな水槽のなかのベタは寝ていて動かない。
愛犬たちは「どうしたの?一緒に寝てあげるから、
明日頑張れば?」という感じ。

***

私の座右の銘は、
明日は明日の風が吹く♪だった。

ぐっすり寝て目が覚めたらまた考えよう。




スポンサーサイト
元相方の森川正太さんが毎年開催している、
森川会屋形船に参加させてもらった。
今年で17年目だそうだ。

***

浅草橋駅西口に着いたのは、集合時間よりもかなり早かった。
駅前にアジアン雑貨を並べているお店があったので、何の気なしに眺めていると、
お店のオーナーが話しかけてきた。
どうやら、まだ開店していないらしい。

***

屋形船に乗るのは久しぶりだったが、
最近はスカイツリーを目玉にすえる様になったんだね。
そして、お決まりのウンコビル?を過ぎお台場にしばらく停泊。
天気も良く、デッキに上がるのも気持ちが良い!
お台場をのぞむ。

***

歌手だし、歌わないわけにはいかないが、
トワイライトレインは暗い歌なので、酔っ払いが盛り上がっているこの雰囲気を壊しかねず、
困ったな・・・と思っていたのだが、TBSの向井アナウンサーが、
明るいデュエットを一緒に歌って下さるというので、妙な踊り付きで歌わせてもらった。
ほんとに助かりました。

向井さん、ホントにありがとう。
心から感謝。助かったー!!!今度会ったら一杯ご馳走します。

***

行きに準備中だった、アジアン雑貨のお店を覗いて見た。
準備中だった数時間前と、何が違うのかわからない様な状態だったが、
店先に座っていた店主と再度お喋り。

話してみると、先月亡くなった戸川先生のお店に通い詰めていたことがある方だった。
私がお世話になっていた頃よりも少し前だったが・・・。
戸川先生が亡くなった事をご存知無くて、それはそれは驚いた様子だった。

握手したときに、「戸川さんが会わせてくれた縁だと思う。」と言ってくださった。
滅多なことでは連絡先の交換はしないのだが、仕事を紹介したいというIさんの言葉に、
携帯の番号をお教えして帰った。

***

翌日、Iさんからも、そしてIさんから紹介されたという方からも、
電話が来た。
その場限りの事の方が多いのに、とても誠実な対応をいただいた。
やー、感激だ。

浅草橋は毎月通う錦糸町の手前だ。
Iさんにご挨拶するために、ちょっと早く家を出て途中下車するようだな。
不思議な出会いだ・・・。
人の縁ってそんなもんなのかもね。





毎週自宅に届く、地域の情報誌のとある記事に目が留まった。
「主婦の息抜き」を目的にした数々のイベントの告知だった。
その中で目に留まったのは、
美味しいフレンチを食べながら、自然派ワインの講義を受けるというもの。
講師は全国のワインアドバイザーの頂点に立った方らしい。
「へぇ・・立川にそんな人がいるんだ。面白そう。
でもなぁ、私はいわゆる主婦じゃないし、参加したら浮きそう。
真昼間からワインを飲もうっていう人達なら大丈夫かな?」
と、あれこれ思いつつ参加を決意。

講師の方がとても魅力的で(話が上手く、知識も豊富で
引き込まれてしまった。)、帰り際にその方が和飲学園と称した
ワインスクールを開講していると聞き、参加することにした。

***

基本コースが終わり、ステップアップコースに参加しているのだが、
スクールでわかった事は、私は取りあえず有れば何でも飲むが、
実はストライクゾーンが激狭だということ。
毎回6種類以上を試飲し、「好き・どちらでもない・嫌い」を選ばなければならないのだが、
私だけが嫌いと感じるワインが多い。
そして、好きだと思うワインが本当に少ない。

***

講師は酒屋を営んでいて、飲食店向けにワインの試飲会を開催することがある。
業者の人は我々愛好家とは違い、口に含んで捨ててしまうのだろうし、
そんなに沢山飲まない。

ので、試飲会が終わった後には大量のワインが・・・!!
それを生徒である我々が飲み干してしまおうという会があった。
白達 赤達 
なんと!
40種類のワインが試飲し放題♪
参加費用はお食事代だけというお気軽さ。
一覧表を片手に感想を書き込みつつ、 片っ端から試飲。
最初に売切れてしまった発泡酒と、
明らかに甘口で私好みでは無さそうな一本を除く 38本を飲覇?してみた。
ストライクゾーンの狭い私だが、好みのワイン3本に出会えたので、
大満足だった。
しかも、お気に入りの一本はマグナムサイズだったので大量に残ってしまい、
貰って帰ることが出来た。
普段会うことの無い、別のクラスの方々とも話が弾み、
楽しい時間を過ごす事ができた。
しばらくは、講師の荻野先生にはお世話になることになりそうだな・・・・。
ずっと書いていなかったこのブログも、
5年近く更新していなかったスケジュールも、
沢山の方が見ていてくださっていることを知り、本当にビックリ・・・そして感謝。

今日は歯の矯正中も唯一出続けた錦糸町アーリーバードさんでのマンスリーライブ。
今月はピアニストに山本庸子さんを迎えた。
庸子さんとも随分長いお付き合いになる。
庸子さんとは数年ぶり?
ジャズを本業とする方で、こんなに控えめなピアニストさんは他に知らない。

今月は、5月なので「5に関する曲」を予定していたが、
先月末に師匠が亡くなったこともあり、
5の付く曲は5曲のみで、その他は勝手に追悼ライブにさせてもらった。

思うところがあった。
愛の六日間はシャンソンじゃないけれど、私が引き継ごうかな・・なんて思ってしまったりしたよ。

***

そうそう、この日は20年ぶりの再会があった。

高校時代に「ザ・バイク」という雑誌を愛読していて、
出版社とYAMAHAが共催でバイクの研修会?を開くという案内を見て、
応募したことがある。
当時乗っていたのはHONDAのバイクだったが、SUGOのサーキットが走れるということで、
面白そうだと思い応募してみたら、見事当選。
倍率は知らないけど・・・。

その催しで会った方なのだが、その後もドライブに連れて行ってもらったり、
お手紙のやり取りをしたり、私が乗らなくなったバイクを部品取りに差し上げたり、
唯一、その後もお付き合いが続いた方だった。
最後に会ったのは、20年くらい前だったみたい。
当時住んでいた池袋のマンションに遊びに来てくれたらしい・・・のだが、
うーん、確かに犬を連れて来てくれたのは覚えているのだが、
何で来てくれたのかは全く記憶に無いんだ。

縁はfacebookで再び繋がった。
アーリーに会いに来てくれた。
見た目は随分変わっていたが、すぐにわかった。

ここのところ、何だか昔の話を思い出させる出来事が続いているなぁ。

私が縁を繋ぎに行ったり、縁を繋ぎなおしに来てもらったり、
不思議な毎日だな。

***

そして今日も私は飲んでいる。
まぁ・・・ね。飲まなくなったらいよいよだよ。

あ、大抵写真を見ると「この歌のこの部分を歌っているところ。」とわかるのだが、
何故か今回いただいた写真は全然わからない。
そういうこともあるんだな。
あれ、これは何を歌っているのかな?

来月は6月第二週土曜日です!
お酒天国を前に息切れしている私ですが、どうぞよろしく♪









本来は旅行好きなのだが、犬が5匹もいては長く家を空けるのは厳しい。
特に17歳8ヶ月の老プードル「ジャッキー」を抱えている身。
しかし、これが元気で良く食べて見事な一本糞(失礼)をしているのだ。
2歳半で引き取った彼に、「10年は一緒に暮らせるよ。」と声をかけたあの日から、
すでに15年・・・。私との暮らしが余程幸せなんだろう。

結局このゴールデンウィークは特に何もせずにダラダラと過ごしてしまった。
唯一出かけたのは6日のゴルフのみ。
メンバーに恵まれ楽しい1日だった。
私の珍道中に付き合わされる相手の方は大変だろうなぁ。

私は背が高すぎて、女性用の綺麗なデザインのクラブが選べない。
無いとなるとどうしても欲しくなり、アメリカの女性用トールサイズのクラブを
輸入して1年。輸入手数料とバッグも付いて、フルセットで3万円!の、
初心者向けの最低なセットなのだが、ネオンピンクのスペシャルエディションという、
色に惹かれてお買い上げ。
アメリカの女性は凄いよ。今時アイアンがスチールだもん。
日本の下手な男性用よりもずっと重いし・・・。
使い勝手が悪すぎるとは思っているが、好きな色で気持ちは上がる。
まぁ、前回よりも良くなった部分も有るには有るが、スコアは伸びず。

***

4年前愛犬麻呂(5歳 お父さん)のために、子供用のプールを買った。
さそかし喜ぶだろうと思って、遊ばせるのを楽しみにしていたのだが、
肝心の麻呂は全く興味を示さず、気難しいクッキー(6歳 お母さん)が
大はしゃぎして水遊びを楽しんでくれた。

そろそろ寿命だから新しいプールを買おうと思っていた矢先に夏日!
おんぼろプール大活躍で、双子とお母さんが水遊びを楽しんだ。
我が家生まれのMOGU(2歳)は毎晩一緒にお風呂に入るほどの水好き。
ラブリーMOGUりん♪
どうよ、この可愛さ。(笑)
しぐさも性格も可愛らしく、我が家はみんなこの子にデロデロ。

顔が写っていないが、双子の妹は大胆な性格で、
水を直接顔にジャージャーかけられるのが好き。
そして珍しくご機嫌な表情のクッキーも水遊びに参戦。
女の子は水遊び好き♪

毎朝目が覚めると傍に愛犬がいて、全身で愛情を表現してくれる。
自分自身も健康で好きな仕事が出来て、楽しく飲めて、人生を謳歌しているつもりだ。
両親もそれなりに(そりゃ年も年だし、何が起こってもおかしくは無いが。)
仕事をしたり、趣味を楽しんだりしてくれている。

何にも予定の無い休日、こうしてのんびりと庭で過ごす幸せは、
それら全ての上に成り立っている。

最近思うんだ。
朝、目が覚めて、甘えてくれるMOGUとPimbaが本当に心の底から可愛くて、
なんて幸せなんだろう・・・と感じて、
もしかすると、私がこの世を去る時に自分の人生を振り返って、
「あの頃が一番幸せだった。」としみじみ思うのは、きっと今なんじゃないかって。




 | ホーム |