歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

虫のしらせって有るよね。
長い付き合いになるHさん。
父と同い年だが、飲みすぎと不摂生が酷い。
先日の私のコンサートの時には、会場の近くで歩けなくなり休憩していた旨を、
沢山の方から知らされた。
Hさん、ほんとに飲んだら食べないしさー。
うるさく言ってくれる人がいない、「伴侶を持たない男性」が早死にするのが解るよ。

うるさく言うと翌日に「昨日ありがとうな、玲ちゃん。」と電話が来るので、
うるさく言われるのは嫌じゃないんだ。
面倒臭いなぁ、飲兵衛オヤジは・・・(笑)

ジムで汗を流して帰宅するときに、
もー、お世話になりっぱなしの詩人、狩野敏也先生から
電話が来た。
狩野先生は、お食事に誘って下さったり、ライブに来て下さったり、
頻繁に電話を下さる方だ。

この感覚を理解してもらえるかわからんのだが、
お誘いの電話の場合は、留守電に残してもらって、
スケジュールを見てからお返事をする方が良い・・・のだ。
だから、普段はあんまり出ない。
先生もそれを承知してくださっている。

でも、今日は何となく「出なきゃいけない・・・。」と直感して電話に出た。

Hさんと連絡が取れず、何となく心配だという内容だった。
私ならHさんの親友のYちゃんと親しくしている。
Yちゃんに連絡して様子をお知らせすることにした。

Yちゃんに電話をしたら・・・・ビックリしたのはYちゃんの方だった。
なぜなら、Hさんが救急車で運ばれて入院した事を知り、
病院に向かっている最中に私から、Hさんの無事を訪ねる電話が来たからだ。

「こういうのを虫のしらせって言うのかね?」

そうなのかも知れない。
家族でもなければ何でも無いけれど、何かの縁で繋がった大切な人。
あかの他人でも、20年も付き合えば単なる他人では無いよ。
お互いに年齢を重ねて行く。
連絡が取れなくなったら気にする・気にしてもらえる人間関係は大切だ。
「何となく気になる。」という感覚を大事にしたいと思った。

***

住まいからそれほど遠くない施設で凄惨な事件。
心から被害者の皆さんのご冥福をお祈りしたい。

この事件について私が正直に思っていることを伝えて、
昨夜は心から信頼できる友人の言葉をもらい、
そして今日は専門職の生徒さんの言葉をもらい、
少しホッとしている。

私には今回の事件で選ばれて殺されてしまった方々と同じ、
重複重度障害者の甥がいる。
事件を受けて感じてしまうことは、他の人とは少し違うかも知れない。

こんな時、感受性が強い自分が鬱陶しいんだ。






スポンサーサイト

浮かれて!?ライブ十周年終了♪
お陰さまで、大好評の内に「浮かれて!?」コンサート
10周年を終えることが出来た。
こんなことを10年もやっているのかと思うと、感慨無量だ。
大人が真面目にふざけるとこうなる・・・というライブだと思う。

1部は、
前回のライブで「宝塚の男役メイクをやります!!」と公言したので、
公約通り練習に練習を重ねて男役メイクにチャレンジした。
楽屋で準備をしていたら、オーナーのあゆみさんに、
「鶴田浩二に似てる!」と言われてしまった。
後で写真を見たら、確かにそうかなと思った。
鶴田浩二かぁ・・・。
コニタンはこの日のためにお友達が心をこめて縫ってくださったドレス!
リハーサル中にも彼に言ったが、いつもより「可愛く」見えた。
宝塚の娘役のメイクをしているからだろう。
私も男役の特徴である髪の形と、もみ上げを(黒で髪の中まで書いている。)書いたら、
それっぽくなった。
メイクの力って凄いな~。

1   すみれの花咲く頃(シャンソンだけど、宝塚の象徴みたいな♪)
2   愛あればこそ(毎回これで登場していた。)
3   我が名はオスカル(玲)(今回のために覚えた!!!)
4   モーツァルトより星から降る金(コニ)(元宝ジェンヌが歌う。)
5   忘れていいの(記念すべき1回目に歌った。)
忘れて~良いのよ~♪
6   恋のロシアンカフェ(玲)(男バージョン?)
7   愛の讃歌(コニ)(格調高くシャンソンで♪)
8   甘いささやき(昔女性の方を演じたので懐かしかったです。)

という、ヨーロピアンなラインナップだった。

そして、楽屋はおおわらわ。
何せ、男役のメイクは顔の色が女とは違うので、
衣装を着替えたら、化粧をすぐに落として、
付け睫の位置を変え、このロングヘアをすぐにまとめて
ピンクのショートボブに収め、←これが大変
女性らしく戻さなくてはならない。
おまけにシンプルな衣装を選んだのでアクセサリーも重要になる。
それを、三人三様に狭い場所でやるのだから、
着替えは椅子の上に立って行ったりする。

そして2部。
お馴染みの双子の登場!
むー、どうも宝塚が新鮮だったのかこっちの写真が全然もらえない・・・。
10年ぶりに衣装を新しくして臨んだのに・・・。
9   モスラの歌(やっぱり双子といえば。)
10   渚にまつわるエトセトラ(盛夏というコンサートタイトルに相応しく。)
11   待つわ(女性デュオと言えば。)
12   ソーラン渡り鳥(10年間の集大成で選んだ曲!)
13   大都会(コニタンと私の両限界を披露。)
14   トルコ行進曲(少し上手くなりましたっ!!)
15   ピンクレディー・メドレー(ペッパー警部〜渚のシンドバッド〜UFO)
(DVDまで買って毎晩踊りの練習をしました!)
UFO♪
16   サイドショーよりI will never leave you
(必ず歌うラストの一曲。)
encore ピンクレディー・メドレー(お客様からのご希望曲)

ここまで大人が真面目にふざけているライブなんて滅多に無い。
不定期開催なので、次回はいつになるかわからないが、
コニタンの歌の素晴らしさは誰もが認めるところだ。
こんな人が一緒に真剣にふざけてくれる事に幸せを感じる。

私が引退しなければ、はるかビッチ(コニタンの娘役名)は引退しないそうだ。
引退なんかさせないよ!
これからもどうかよろしくです。

客席の皆さん、盛り上げてくださって本当に、本当にありがとうございました!!!!
懲りずに次回もまた来てくださいね。


ロシア語・・・意味不明。
今日は暑かった・・・そして地震も来た。
地震に関しては、生きている間にとんでも無いことが起こるかも知れないと、
覚悟はしている。
都内で仕事をしていて電車が止まるような地震が来たら、
愛する子供達(現在は4パピヨン・1プードル・1ヨウム・2ベタ)のために、
這ってでも家に帰らなくては!

いざという時のために一駅散歩をして道を何となく覚え、
そして「歩く」事を習慣付けているつもりだ。
その延長で、9月22日に新宿を基点として30キロ歩くイベントに
エントリーしてしまった。←ご一緒してくださる方連絡下さい!
その様子は後日。
まぁ、適当に食べ歩きなどをしつつ、楽しく歩けると思っている。

***
表題のこと。

facebookでパピヨン好きの人と交流を持っている。
沢山のパピヨンの写真を見て、毎日豊かな気持ちになる。
どの子も皆可愛い♪

どういう成り行きか全くわからないのだけれど、
パピヨン繋がりで、ロシアの方が管理人をしている
パピヨン大好き!グループに入れられてしまった。
まぁ、正真正銘のパピヨンフリークなので構わんのだが、
メンバーの書き込みが全然読めないんだ!

アルファベットがひっくり返っていたりするから、
想像すら出来ない。

翻訳してみても、解ったような解らないような・・・。
どうやら簡単な文章なら正しく翻訳されるっぽい。
なので、

「私はパピヨンが大好きです。
我が家には4匹のパピヨンがいます。
両親と双子の娘です。」
Я люблю Papillon .
В доме Есть четыре животных Papillon .
Является ли дочь родителей и близнецов .
と、子供達の写真を貼ってみた・・・。

うおーーーー。
返信が一杯。
でも、翻訳機能を使っても、殆ど解らない。
せっかく私の愛犬に何かを書いてくれているのに!!
何でアルファベットが裏返っているんだ???
何で突然数字の6みたいなのが出てくるんだ?????

ネットって、使い方を間違えなければ世界中の人と、
大好きなことを共有できる。
でも使い方を間違えると・・・・・。
そんな事を考える、ロシアの方との交流。

懐かしい人からメッセージが!!&見せられなくて残念!?
いやー、今日は本当に暑かった。
ここまで暑いと昼間に外出するのは厳しい。

ここのところ、懐かしい再会が続いているのだが、
またまた超懐かしい人からfacebook経由でメッセージが来た。
それは、何とラジオの深夜放送で一緒にデビューした、
同じ事務所の小原翔子ちゃん!!

当時とは芸名が違うのに、どうしてたどり着いたかというと、
デビュー番組の「お月様はお年頃」を検索したら、
私のwikiのページにヒットしたらしい。
wikiには適当なことばかり書かれて何だかなと思っていたが、
wikiのお陰で何人もの方と再会できている。
(本名が出ているし。)

当時の人と繋がっているらしいので、その人たちとも近々繋がれるだろう。
翔子ちゃんは舞台の役者さんとして活動をしているみたい。

多分、当時の録音がカセットに残っているはずだから、
これを機会にCDにして皆にあげよう。

***

23日の、浮かれて10周年が近づいてきた。
今回は歌も新曲が多くて大変だと書いたが、
歌の練習よりももっと過酷な?練習が待っていた。

練習の成果がわかる写真を、出演者の2人には送りつけておいたが、
どんな反応が返ってくるか実に楽しみだ。
わっはっは。
今、見せられないのが残念だ。
きっと、本番が終わったらあちこちにアップされるんだろうなー。

お楽しみに♪

第一回目のリハーサル終了!

コニタンこと、ミュージカル俳優の小西のりゆきさん、
ピアニストの斎藤美香りんと3人で続けてきた、
「浮かれて!!」という名のライブも、早いもので10周年を迎える。
二人のハモリを練習しなくてはならないので、流石にリハーサルは複数回になる。
一回目は、取りあえずサラッと全体を通してみて、お互いに反省点を持ち帰り、
自習練習を重ねて次のリハーサルに臨む。

あんまりわかってもらえないかも知れないが、このライブでは、
男性歌手が女性のパートを、女性歌手が男性パートを歌わなくてはならない。
ちょっと怖い
女性は出せる低音に限界がある。私は普通の女性よりは低音を出すけれど、
男性と同じ音域を出せる訳が無い。おまけに低音は音量が出せない。
実は物凄く大変なんだ・・・。
女性ではどうやっても出せない部分を、さりげなくコニタンと入れ替わっていたりするんだよ。

流石に10年もやってると凄いな。
新曲が多いのに驚くほどスムーズにお稽古は進む。

今回はコニタンの高音の限界と、私の低音の限界が同時に登場する曲がある。
楽しみにして欲しいな♪

このライブを始めたときに、コニタンが言ってた。
「多分、10年後には女装はしないと思う・・・。」
密かに、「いや、そんなことは無い。絶対にやってる。」と思ったが、
やっぱりやってた。
昨日のお稽古後のお食事会の時にも言ってた。
「多分、10年後は女装しないと思う・・・。車椅子かも。」
密かに、「いや、そんなことは無い。何だかんだ言って浮かれてるはず。」と思った。
リハーサルも慣れたもの!

お食事会の様子はコニタンのブログから拝借。

日時:7月23日(土曜日)13時開場/13時半開演
場所:池袋Absolute Blue(池袋西口下車徒歩2分)
  豊島区西池袋1-15-6 豊島会館B2F 03-5904-8576
出演:小西のりゆき、夏川玲、斎藤美香(ピアノ)
料金:3800円(1ドリンクのご注文をお願いします。)
ご予約は直接お店に連絡を!!

そういえば、お稽古のスタジオでこの「浮かれて!」シリーズの第3回目に出てくれた、
ピアニストの小泉たかし君とバッタリ!
元気そうで何より♪



錦糸町アーリーバード「一人巴里祭」
梅雨が明けない。
後出しで、「あの時に明けていました。」というのも有るけれど。
しかし毎日暑過ぎる。真昼間に出歩くような職業ではないが、
こんな暑さの中、屋外で働いている方の健康が心配になる。

さて、七月のアーリーバードでのライブは、すっかり恒例になってしまった、
「シャンソンだけを歌う日」
某N○Kホールで、毎年パリ祭が開催される日なので、対抗して?
もしかしたら私がシャンソンだけを歌うのは、この日だけかも。
実際に楽譜の量を比べてみると、カンツォーネの方が圧倒的に多い。
恒例一人巴里祭1
ここのところ、少々体重が多いので、すっきり見えるように髪を編みこんで見た。
(暑くて、首に髪がかかるのか辛いとも言う。)
そして、次回のライブのために練習しているメイクからヒントを得て、
付け睫の付け方を変えてみた。
個人的には、若干ではあるがタレ目解消になっているような気がする・・・。(笑)
恒例一人巴里祭2

私の最後の手書き楽譜の曲を歌って、思うところのある楽しい夜だった。
お越しの皆様、ありがとうございました。
来月は・・・暑そうだね。←そればっかり。

練習を積まなくては・・・。
まぁ、元はといえば小西のりゆきさんとの浮かれるライブで、
リンリン・ランランの「恋するインディアン人形」の振り付けを覚えて踊りたい!
と私が言ったのだ。
かなり気合を入れていたにも関わらず、
左ひざの靭帯を損傷して、全治数ヶ月の重症をおってしまい、
リハーサルも本番も松葉杖で何とかたどり着くという有様で、
踊るなんてとんでもない状況だった。

ずっと、いつかリベンジしたいと言い続けてはいたのだが、
全然違う曲を踊ることになってしまったよ・・・・。
最近、ちょっと体が思いこの私が・・・踊るんだよ。

早速youtubeを確認したが、完璧に全身が写り続けているものなんて、
あるはずが無い。その人の顔のアップもあるわけだ。
困った、踊りが覚えられるのだろうか??
頑張るしかない。 
今回は新曲が多く、練習に結構時間がかかりそうだ。
怖いものが見たい方、納涼にぴったりかも。

7月23日
池袋にて浮かれる予定!
すでに残席僅かとなっている模様。
★浮かれてライブ10周年
     盛夏に浮かれて!
~10年たってもやっぱり浮かれる~
日時:7月23日(土曜日)13時開場/13時半開演
場所:池袋Absolute Blue(池袋西口下車徒歩2分)
  豊島区西池袋1-15-6 豊島会館B2F 03-5904-8576
出演:小西のりゆき、夏川玲、斎藤美香(ピアノ)
料金:3800円(1ドリンクのご注文をお願いします。)
ご予約は直接お店にご連絡を♪

初めて夜に浮かれるっちゃ



Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.