FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

ジャッキー18歳になる!(これまでの犬たちの徒然・超長文)
我が家の白プードル「ジャッキー」が18歳の誕生日を迎えた。
じゃっきー君♪


ジャッキーはここからやってきた。
山梨放棄犬プロジェクト

正直、プードルを引き取るつもりは全くなかった。
別に好きな犬種でもないし、信念として好きな犬種を飼うべきと思っているから。

***

子供の頃に飼っていた「コロ」は私の誕生日にこの世を去った。
今では思い出すこともあまり無いけれど、
私があの世に行ったら、ちゃんと私だって解ってくれるのかな?

***

今も15年以上前にこの世を去ってしまった、
愛犬明日香(シェットランドシープドッグ)の写真が目の前に飾ってある。
親友であり、娘であり、妹であった明日香に死なれた時には、
決して大袈裟な話では無く、「この先、どうやって生きてゆこう・・・。」と思ったほど、
ガックリ来てしまったのを思い出す。

珍しい病気で亡くなった明日香は、獣医からの申し出で、
死後に解剖することになった。

まだ可愛らしい子犬だった時に発症してしまい、
最初の獣医は、「情が移る前に死なせてしまったほうが良いですよ。」と言った。
たった数ヶ月かも知れないけれど、可愛い可愛い子犬と暮らしてしまったんだ、
もう、情は移っているに決まっている。

安楽死させた方が明日香のためなのか・・・と思い悩んだ時、
母は言った。
「お姉ちゃん、それは犬だから迷うんでしょう?
人間の子供だったら選択肢は無いのよ。」と。

明日香が真夜中に酷い下痢をしてしまい、
そういえば、24時間診てくれる獣医さんが有った・・・と駆け込んだ先の獣医に、
安楽死をさせるように言われた旨を告げると、
「お嬢ちゃん、こんなに頑張って生きてるんだ、
この先大変なことも有るだろうけれど、責任持って診るから、
生かしてやってくれや。」と言ってくれた。

小澤先生は治療費をずっと月賦にしてくれた。
子犬の時に安楽死させるように言われた明日香は、
小澤先生のお陰で12歳まで生きることが出来た。

小澤先生の申し出に、解剖を快諾したら、
「せめてものお礼に、この子の葬式を出させてくれ。」と言ってくれた。
煙をぼんやり眺めていたら、先生が言った。
「お嬢ちゃん、犬は金を出して買うもんじゃねぇ。
引き取るもんだ。お嬢ちゃんがどれほど犬を大切にしてくれるか知っているから、
いくらでも紹介してあげるよ。また暮らす気になったらいつでもおいで。」と。

その時は明日香を失った悲しみが強すぎて、次の子と暮らす事など考えられなかった・・・。

***

のに!?
数ヵ月後には、寂しくて寂しくて私には犬のいない暮らしは無いんだなと知った。
先生の言葉を思い出し、インターネットの里子探しに書き込んでみた。
「2歳くらいまでで、毛が真っ直ぐな、マズル(鼻)の長い犬種希望。
犬の飼育経験有り。懇意の獣医も有り。女の子希望。」

いや、もう、驚くくらいの応募が有った。
その中で、「航空運賃を振り込んで下さるなら、すぐにパピヨンの♀2歳を差し上げます。
変わった性格なので、ブリーダーでの集団生活に馴染めません。家庭犬としてなら、
可愛いと思います。」
それを読んだ瞬間に心が決まった。
顔も見ていないけれど、詐欺かも知れないけれど、運命感じるからおいで。

5000円を振り込んだら、
「○月○日○時に貨物として届きますので、羽田の貨物受け取り窓口に行ってください。」
との事で、行ってみたら荷物の中で揺れている籠(出せ~!ともがいていた。)がある。
「あ・・・、多分それです・・・。」と受け取った。

籠を開けてご対面。
ひょっこり顔を出したのは、狸のような顔をした小柄なパピヨンだった。
訳がわからずキョロキョロするキキ(前の飼い主が付けた。)に、
「今日から私がお母さんだよ。」と抱きしめた。

しかし、キキは聞きしに勝る変わり者だった。
他の犬は一切受け付けず、でも凛としていた。

***

山梨放棄犬プロジェクトで、一時預かりを募集していた。
パピヨンの茶太郎君を預かる約束になったのだが、
直前になって茶太郎君は気に入った人が連れて帰ったので、
プードルをお願いできないかと言われた。

プードル・・・・「トリミングにお金がかかるし、
興味ないです。」・・・と答えたら、
「一時預かりですから、取りあえずお願いします。」と言われてしまい、
気難しいキキが受け入れたら預かると伝え、12月3日に会いに行くことになった。

「この子です。」
可愛らしいプードルを想像していた私は思わず絶句。
吠えすぎて声はかすれ、狭いケージにたえず頭を擦り付けながら左右に動くことで、
頭の毛が擦り切れ、大量の血を流している汚い犬だった。
「キキと仲良く出来そうなら預かります。」と伝えてあったので、
汚いプードルと対面させた瞬間に、キキがまるで労わるように寄り添って、
仲良く身体を寄せ合ったのを見たスタッフから大きな拍手が沸き起こった。

で、その汚いプードルが我が家に来ることになった。
「ダイヤという名前でしたが、これまでの悲しい人生を忘れさせる、
素敵な名前を付けて下さい。」と言われ、
シャンソンのレパートリーから、「ジャッキー」と名付ける事にした。

3歳だったジャッキー。
「これから、10年は一緒にいられるよ。必ず幸せにしてあげるからね。」と、
汚いプードルを引き取って、早15年。
よっぽど私との暮らしが快適なんだね。

***

キキは結局ジャッキー以外の犬とは一切仲良く出来なかった。

***

キキが12歳でこの世を去り、ジャッキーは寂しさで毎晩酷い夜鳴きをするようになった。
うるさくてどうにもならんので、お友達を探すことにした。
ジャッキーは他の子が全部大好きなので、
里親探しサイトで良さそうな子がいないか探していると、
子供を産み終わったパピヨンのメスを引き取らないかという話があり、
連絡を取ってその子に会いに行った。

でも、そこに居たんだ。
亡くなったキキにそっくりな顔をした、
気難しそうなパピヨンの女の子が。
売れ残ってしまい、繁殖業者に引き渡される寸前の9ヶ月の女の子が。

迷わず、その子に決めた。
「え?この子で良いんですか?」と不思議がられたが、
この子じゃなきゃ駄目だったんだ。
クッキーが来てくれた日から、ジャッキーの夜鳴きはピタリと止んだ。

***

そのクッキーがもうすぐ7歳。

***

ジャッキーは、目は見えていない、耳も聞こえていない・・が、
おなかが空いたら催促し、元気に食べて良いウンチをしている。

こうなったら、二十歳を目指すか・・・ねぇ、ジャッキー。
何だかもー、生きているだけで有り難いような気がするよ。
この際だから、好きなだけ生きていれば良いよ。
面倒みるから。








スポンサーサイト

第二回「真夏の!歌謡曲」終了~♪
昨日書いた第二回「真夏の!歌謡曲」が無事に閉幕。
こーき君がきっとご本人のブログで違った方向から書くだろうという事で、
ここでは私中心で。

今回はスペシャルな曲で、歌以外の大役(大した事をしたわけではないのだが、
歌以外の事をステージでやることに慣れていないので、責任重大で緊張するのだ。)
何だか終了したら、いつもと違う疲れがドッと出た。

森田浩貴:作詞
森田公一:作曲 
「もっと!飲み明かそう。」のイントロのピアニカと、
サビのカホンを担当させてもらった。
真剣そのもの
この真剣な顔・・というか余裕の全く無い顔・・・。

あまりにも緊張して、一番のサビのカホンは妙な音になっちゃった。

お客さんからのブラボー!の声がかかるほど、この曲は素敵な曲に仕上がった。
これからこの曲がどうなって行くのか、本当に楽しみ。
もちろん私がピアニカで参加することは無いけれど、
誕生の時に立ち会えて嬉しかった。

今回は沢山一緒に歌いました!
今回は、前回以上にデュオを歌わせてもらった♪
何と、私と俳優森川正太の「ラブ・アゲイン」を披露。
正太さん以外の方と歌ったのは初めてで、ちょっと照れくさかった。
写真は多分、二番の「光る~波間に~愛の~戯れ~♪」と歌っているところ。

***
他人の関係 パンパンパパンパンのとこ
結構気に入ってしまった一枚
金井克子の「他人の関係」は、私自身がノリノリで躍らせて?貰った。

そして、何故かアンコールを仕切らせてもらって、
予定していた曲ではなく、もう一度この日のために書かれた新曲を披露することに。

しかし、ドレスの私はカホンが叩けない!
という訳で、楽屋で「とうもろこし」シェーカーを見つけたので、
(マラカスとしても使えるし、表面を某で鳴らしてギロのようにも使える。)
急遽それを使うことにした。

どうも、その様子が皆さんの印象に残ってしまったようで、
やたらたくさんの写真が届けられた。
わはは。沢山撮られた。
ほら、別の角度からも。

打ち上げも楽しく盛り上がった。
打ち上げの会場で、お酒天国に毎年団体で来てくださる方に発見され、
皆は帰ってしまったが、私は二次会に突入してすっかりご馳走になってしまった。
Y澤さん、ご馳走様でした!!

お酒天国が来年も開催されるのか確認されちゃった。

お客様、スタッフの皆様、斎藤美香りん、こーき 
素敵な時間をありがとうございました!








明日は「帰ってきた!真夏の歌謡曲!」に出演・・・。超目玉作品について!!
帰ってきた!真夏の歌謡曲!

明日、27日は一年ぶりの開催となる、
森田浩貴さん主催の「真夏の歌謡曲!」にゲストとして出演をさせていただく。
去年よりも歌わせていただく曲数が増え、
何より責任重大なんだ・・・・今回は。
それは、ご覧になってのお楽しみ♪

今回の目玉は、誰もが知る歌謡曲のオンパレードというだけではなく、
森田浩貴さんのお父さんの(作曲家の森田公一さん)が、
息子のために書き下ろしてくれた新曲を披露することだ。

大作曲家が目の前にいるんだから、
お父さんに曲を書いてもらえと言い続けてきたのだが、
息子は「書いてくれるわけ無いよ。」と言うんだ。
そんな事が有る筈がない。
思い切って頼んだら、喜んで書いてくれたとの事だ。
ほら見ろ!良かったねぇ!

頼んだイメージとは違った曲が出来上がってきたとの事だが、
森田公一さん手書きの楽譜を見て、息子への愛情をヒシと感じた。
まだタイトルもないし、詩も出来上がっていないのに、
その楽譜には「森田浩貴作詞」と大きく書かれていたんだ。

しかし、実際に歌を聞いてみると、ちょっと「?」と感じる曲だった。
息子のこれまでの活動は良く見知っているはずだから、
そんなに現実離れした曲になるわけがないのに・・・・。
詩もとても良いのに、聞いても迫ってこない。
何より、あんまりピンと来ない。
違和感だけを胸に一回目のお稽古は終了。

そしてお稽古2回目・・・。
手の空いている私が、僭越ながらお父さんが指定した、
某楽器(簡単なメロディだけど重要)を演奏することになった。
演奏してすぐに違和感の原因がわかった。
お父さんの求めているものと、息子が表現している世界観が
全然違うのだ。

伴奏の斎藤美香りんも、私と同じ事を感じたらしい。

まず、テンポが全然違うんだ。
このメロディならこう弾きたい!と感じるテンポと全然違うんだ。

そして・・・私は見つけてしまった。
お父さんが息子のために、どんなことを思って、
どんな風に解釈して歌って欲しいと思っているか、
ちゃんと書いてあるメモを。
そのメモを美香りんと読んで腑に落ちたというか、納得できた。

そのメモには「手足の遊んでいる人がいたら・・・・(略)」と書かれている。
手足の遊んでいる人なんて、私しかいないに決まってるじゃん。
という訳で重要な部分を担うことになった。

女性2人に大いに意見され、半ば強制的に作り直しとなったその作品に、
うまく言えないが、急に色が付いたと言うか、
何をイメージして作られた曲なのかが、見えはじめた様に感じた。

日本を代表するヒット曲メーカーの作品に、こんな形で関わる機会をもらい、
隠れた名曲(現時点では)の誕生に立ち会うという、
貴重な良い経験をさせてもらったと感謝感激。

結局お父さんが最初に指定したテンポに落ち着いた。(笑)
お楽しみに!!

四万十川栗焼酎の会満了!!!!!
この会をはじめるきっかけは、
私たちの力不足で、池袋東口ライオンの演奏が終了してしまった日、
お別れの宴の時に、
お客様からいただいた栗焼酎の首にかかっていた、
「四万十川の地下壕で、四万十ccの栗焼酎を、四万十時間寝かせませんか?」
という、ダバダ火振り「ミステリアスリザーブ」の案内だった。

5年半苦楽を共にしたメンバーと、この先会えなくなるんだな・・・と思った私は、
そこにいた人たちに、「こんな企画があるから、5年後にまた会おう!!」と提案したんだ。
お客さんと、メンバーの有志で集めたお金で、1甕申し込んだのが、15年前。
ネットで募集をしたら、お子さんが生まれた記念にと入会してくださった方もいた。
5年後・・・池袋のお店で満了のパーティを開いた。
まるで昨日のように思い出す。

メンバーが知り合いを紹介してくださり、面白がって下さる方が増えに増え、
何と3甕(12万30cc!!!)寝かせることになった。

年に一度、甕を寝かせているオーナーの会が開かれるのだが、
それにも、両親と彼と一緒に参加することが出来た。

****

3回目の満了の時が来た。
往復はがきで、宴会への参加の有無を問うても返事が無いのに、
焼酎を送ったら黙って受け取ったり、
(届いたかどうかの挨拶も無い!!!)
幹事としては、腹も立つことも有るには有るが、
宴会不参加のメンバーから、近況が写真入で届いたり、
何だか何だ言いつつ、結局良い人しか繋がって行かないんだ・・・と言い聞かせ、
今回は、お料理を全て私が運び、会員の斎藤美香さん、
佐藤美岐さん、金子亮祐さんにお手伝いをしてもらい、
何とか設営を終えた。

****

皆が笑っている。

****

旧東口ライオンメンバーと山ちゃん

この会は、5年後にお互いが元気で生きていたことを讃えあう会なんだ。
もちろん芸達者なメンバーもいるが、別に何にもしない。
ただ、だたひたすら同じ空間で過ごす!!
好きなことを言って、笑って。

既に次回への参加表明を多数いただき、
3甕での継続が決まった。
(残り3口です!ご希望の方はすぐに!!)

5年後に、誰一人欠ける事無く、また会えますように!


甥っ子が二十歳になった・・・。
お稽古続きの夏休みだ。
普段自分が歌っている曲というよりは、
そのライブだけのために練習する曲が多くて大変だ。
8月27日の歌謡曲ライブもそうだし、
10月4日にお引き受けした出版記念のライブは最たる物で、
本当に歌えるのかどうかさえ怪しい。
おまけに11月には芝居もある・・・。
果たして大丈夫なのか? 

***

妹の息子(要するに甥っ子)が二十歳になった。
私自身も叔母に可愛がってもらったし、
親が作る思い出とは、また一味違った思い出を作ってあげたいと
思いながら接したつもりだ。

彼が3歳の時に、上野動物園に行った。
親以外の大人との始めての外出だったはずだ。
開園前の門の近くの水溜りに、大量の鳩が集まり居眠りをしていた。
鳩がしょんぼりしているように見えたんだろう。
「姉ちゃん、ここは鳩さんの病院みたいだね。」
子供を持たない私には、子供の言葉が新鮮だった。

江ノ島水族館に連れて行った時には、目の前の海で大はしゃぎして、
服をびしょぬれにさせてしまい、着るものを買ってやったっけ。
余程楽しかったのか、翌年にも同じ場所に行きたいと言い出した。

旅行にも連れて行ったっけ。
大きなクワガタを見つけてあげたら、いきなりヒーロー扱いになった。(笑)

一緒に遊んでくれたのは小学生までで、難しい年頃になってからは、
そんなに顔を合わせる機会も無くなってしまったが、
返事が来なかろうが、誕生日にはメッセージを送りつけ、
甥っ子の事をずっと大切に思ってきた。

そして、二十歳になった今年・・・・
何と!始めて誕生日祝いのメッセージに返信が来た。
難しい年頃を卒業して、大人になったんだなぁ。

そうか、あれから二十年も経つのか。
私も年を取るわけだ。
しかし、年を取るのは見た目だけで中身は何にも変わらんなぁ。

***

さぁて、週末は栗焼酎の会だ。
皆さんとお目にかかれるのを心から楽しみにしています!!!



  

焼酎の会とか、色々。
前回の日記に書いた、栗焼酎の会の新規メンバー募集に、
新たな参加申し込みを沢山いただいている。
嬉しい悲鳴だ。
来週末の20日に第三回の満了宴会を控えているのだが、
多分、その席で継続申し込みが多数あるだろうから、
とりあえず、その方々の分は確保しているのだが、
お陰さまで65口埋まりそうな勢いだ。
5年後、皆さんとお互いの健康を称え合えるのを、
今から楽しみにしている。

***

オリンピックはメダルラッシュに沸いている。
やー、日本の体操団体も、内村選手の手に汗握る個人総合も、
錦織選手のベスト4進出の瞬間も、水谷選手の初の銅メダルも、
(13日現在)泣けてくるくらい素晴らしい。

水を差す気持ちは全く無いのだが、
昨日ゴルフからの帰り道でラジオを聴いてたら、
DJのお兄さんが、
「オリンピックの話題も素晴らしいが、その影で本来伝えられるべき、
大切なニュースがないがしろになっている。」と言った。
確かにその通りかも知れないと、ちょっと浮かれ気味の私は反省させられた。

***

ゴルフは・・・練習はしてるんだけど、
何かがこう・・・上手くかみ合わない。
昔のスコアは程遠く、最近はやるたびにスコアが悪くなって行く。
考えすぎなのかな?

まぁ、今回は新しいクラブの感覚が全然つかめなかったので、
仕方が無いのだが。

とても楽しいし、これから年齢を重ねて気軽に出来るスポーツが
限られてくることを考えて、しばらくは本気でチャレンジしてみようと思う。
何より、上手かろうが下手だろうが、自分の責任だという点が気楽で良い。
チーム戦だと自分の責任で勝負に負ける事もあるわけで、
そういう感じは、もう不要かな?と。

***

今日は、錦糸町アーリーバードさんでのライブ。
27日は銀座ライオンでの歌謡曲ライブ、
そして、9月1日は初出演のるたん・あじるさんでのライブ、
4日はシャンソン未来さんでのライブ・・・。
私の暑い(熱い?)夏はこれからだ♪






第四回栗焼酎の会  会員募集開始!!
40010ccの栗焼酎を40010時間、四万十の地下壕に寝かせ、
5年後にお互いの健康を讃えあおうという会だ。
私が幹事を引き受けて、今年は3回目の満了になる。
会が発足した時に生まれた会員の娘さんは、
すでに中学生・・・月日の速さに驚いてしまう。

残念ながら、会期中に亡くなってしまった方もいる。
Sさんのご冥福を心からお祈りしたい。

さて、早くも第四回のお申し込みが始まっている。
3甕65口限定で会員大募集!
すでに30口の申し込みがある。
1口2000円で、早い者勝ち!!
(5年後にはなんと4500円の焼酎に化けるのだ!)

継続の方で、宴会に参加してくださる方や、
ライブでお目にかかれる方は、参加表明だけで大丈夫。
代金は直接受け取れるので。
前回の様子


興味のある方は、メッセージ下さい。
詳細をお知らせします。


Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.