歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

数十年ぶりの家族旅行とヨウムの体調
25日は父の80歳の誕生日だった。
父の希望は、母、私、妹と旅行に行きたいという事。
問題は子持ちの妹だったのだが、一番下もすでに中学生だし、
一日くらい放っておいても大丈夫になったので、
四半世紀以上ぶりに、親子で旅行をすることになった。

せっかくなので星野リゾートに行ってみようという事になり、
星野リゾート初体験してきた。
細かいところまで考えているなという印象。
何だかんだと色々なところで食事を楽しんできたつもりだが、
これまでに食べたことの無いアイディア料理が続き、
食事がとても楽しかった。
また機会が有ればちょっと値段が高くても、
星野リゾートを選んでみようかな~という気になった。

雪見露天風呂も旅に華を添えてくれた。

まぁ、珍道中ではあったが懐かしい気持ちで帰宅した。

そう言えば、妹の保育士合格祝いの時は、母が不調で欠席だったし、
4人だけで集まるのは、本当に30年ぶりくらいかもしれないな。
両親が元気で出歩ける内にまた旅行が出来たら良いな。

***
我が家のヨウムのブレヒトの体調が良くない。
引き取った当初、癲癇の発作を起こして通院したこともあったが、
ここ15年近く何事も無く過ごしてきた。

それが、ここ数日大きな発作を起こすようになった。
今朝の発作はこれまでで一番酷く、ひっくり返って倒れてしまった。
落ち着けば普通に戻るのだが、今日は落ち着いてからも足元がおぼつかない。
確かにそれほど若くは無い鳥だが、もしかしたら寒さに弱いからと心配して、
小屋を毛布で覆っていたのが悪かったかもしれない。
ヨウムは日光浴をさせないといけないんだった。
外に出してやりたいのだが、この寒さではためらってしまう。
せめて食べ物でもう少しカルシウムを取らせてやらないと。
先ずは早速水を硬水にかえて、昼間の暖かい時間に、
10分でも良いから外に出してやることにした。
治まると良いけど。




スポンサーサイト

生まれて初めて車をぶつけてしまった・・・・
免許を取って、早30年が過ぎた。
高校3年の夏休みに免許を取ってから、
ずっと車に乗り続けていて、
どちらかというと車を運転するのが好きな方だと思っている。

私もいつかは高齢者の仲間入りをする日が来る。
どのタイミングで免許を返納すべきなのか、
高齢者が考えられないような事故を起こしたという
ニュースを見るたびに考えてしまう。
今もマニュアル車に乗っているのだが、
マニュアル車の操作方法がわからなくなったら、
返納しないと・・・当たり前か。

夜の11時、帰宅するために車を走らせているいたら、
急に動物が目の前にあらわれた。
驚いてハンドルを左に切って避けようとしてしまった。
これはもう、無意識。
その瞬間凄い音がした。
左下に何か出っ張った物があったらしい。

生まれて初めて車を何かにぶつけてしまった。
ショックー。
こんなに凄い音がするんだね。
あ~あ・・・と思ったのだが、
その動物も音に驚いたのか、立ちすくんでいる。
轢き殺さなくて本当に良かった。
轢き殺してしまっていたら、
ショックでもう車に乗れなくなったかもしれない。

こちらをみているのは犬だった。

「えーっ?こんな時間に犬??」
車を降りてこちらを見つめる犬に声をかけた。
「どうしたの?迷子になっちゃったの?
 寒くないの?おいで・・・。」
「おいで。」という言葉に反応したのか、
心細そうに駆け寄って寄ってくるではないか。

抱きかかえたら震えている。
車をぶつけたのはショックだったが、
考えるべきは、この子をどうするべきかだ。
もう深夜だし、つれて帰って水でもやるか・・・・・と思ったが、
我が家の4匹が、深夜にガン吠えしたら、
それこそ近所から出て行ってくれと言われかねない。

仕方なく警察に連れて行って、「保健所に連れて行かなければ
ならなくなったら、私が引き取りますから連絡を下さい。」とお願いして、
帰宅した。

何だか眠れなくなってしまい、こんな時にこそ運命のワインを
開けるか・・・ということで、パタポンを開けた。
いつ飲んでも美味しいのだが、この日のパタポンは、
身体の隅々に染み渡る感じがした。
ありがとう、パタポン。(意味不明?)

翌日、警察から電話があり、無事に飼い主が引き取ったとのこと。
朝起きたら愛犬が居なくなっていたとのことだが、
家の中で飼っている子が、どうやったら夜中に一匹で出られるんだ??
犬と暮らして四半世紀、夜中に居なくなったことは無いぞ。
まぁ、無事に帰ったから良しとしよう。

あの子、何ていう名前だったのかな?
もしかしたら、どこかでまた会えるかな?
深夜の飛び出しじゃないと良いな。





今年のアーリーバード一回目
錦糸町アーリーバードさんでの今年初ライブ。
旦那さんが病気になってからパタッとお顔を見せなくなったHさんが、
5年ぶりにお友達と一緒に来店!

ふと振り返ると、アーリーバードさんとのお付き合いも10年を超えた。
写真の私も年を感じる。(笑)
この日は新しい機材が入ったとかで、マスターも使い方があやふやで、
マイクに全くリバーブがかからず。
必死に調整してくれているのに、
私は知らん顔で立っているという・・・・。
私は知らん顔・・・

去年は、その月の数にちなんだ歌を特集し続けたが、
今年はノープランだったので、新春シャンソンショーとなった。
初めていらした方が、趣味でシャンソンを歌っているとかで、
丁度良かった♪

私は自分の譜面にこだわりが強く、
比較的ちゃんとした譜面を作って持ち歩いていると自負している。
しかし、長く使っていれば経年劣化もあるわけで、
譜面を貼っているテープが駄目になることがある。

去年はテープが駄目になって4枚の譜面の最後の一枚が
剥がれてしまっていたという事件が起きた。
それをピアニストの美香りんはステージ中に、
私がすでに歌い始めてから気づいた。

当然焦るのは美香りんだ。
私はいつも通り歌っていて、気付くわけも無い。
その時はたまたま何度も歌っている曲だったから、
美香りんも対応してくれたが、慣れない曲だったらアウトだった。
それでも何となく普段とは違う伴奏だったので、
歌いながら「変だな。」と思ってはいた。

大いに反省し、帰宅してすぐに他の譜面も確認して、
新たにテープで留めなおした。
この曲が大好きなFさんもいらしていたし、
その時の「群集」をリベンジで歌うことにした。

で、「譜面ってこんなテープで、こうやって留めるの。」と解説中。
こうやってとめんの

最後のステージに選んだ曲は、なぜか全て3拍子になってしまったが、
新春シャンソンショーは無事に幕を閉じた。
真剣に新春シャンソンショー

(相変わらずの脱線で、無事では無かったかも。)

今年も頑張ります。
よろしくお願いします♪


楽しい苦労・・・と「お酒天国」の話
2月18日に予定しているコンサートで、
大野さんも私も「初めて手にする楽器にチャレンジする。」・・・という、
大いに自分達の首を絞める企画を立ててみた。
まぁ、「初めて」と言っても、数ヶ月で見たことも無い楽器を習得するのは無理なので、
これまで練習してきた楽器に演奏法が近い物を選ぶことになる。

歯の矯正で中断したトランペットを再開するか、
錦糸町のマスターから借りているテナーサックスにするか・・・・・。
色々考えたのだが、どちらもあまりにも音が大きすぎて、
今回の会場には向いていないようだ。
これは困った。

そこで、演奏法も何となくわかっていて、
値段も手ごろな某楽器を購入してみた。
思っていた以上に重くて、練習していると指が攣りそうになるが、
これなら、残り一ヶ月でも何とか形に出来そうな気がしている。

問題は、昔習った楽器と同じ形で、同じ演奏法のはずなのに、
微妙に指使いが違うことだ。
勝手に指が動いてしまうのだが、変な音が出る。
「あーーー、違うんだった。」とイライラする。
この微妙な違いは誤算だった。

イライラしながらも、楽しく練習している。
お楽しみに!

***

毎年、年が明けると「お酒天国」の構想を練り始める。
お客様から面白そうなお酒も届いていることだし、
新たな気持ちで今年も頑張ってみるか・・・・。

6月24日(土曜日)高円寺の会場で、
変わらぬ笑顔でお待ちします!











あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
本年もどうか変わらぬお付き合いをお願いいたします。

さてさて、私の下手糞ゴルフに付き合ってくれる家族が、
新年早々アメリカに出張になってしまったので、
元旦からゴルフに行くことにした。
良い天気だったけれど、さすがにいつもよりは空いていたよ。
富士山に向かって打つ名物ホールがある。
このゴルフ場は安くて近くて昼食も気が利いているので、
最近はもっぱらここを利用している。
(下手糞ゴルフで良ければお誘い下さい。)
元旦からゴルフ・・・

三が日も終わった。
今年も新たな出会いを楽しみに、
何事にも楽しみながら立ち向かってゆきたいと思う。

まずは2月18日のコンサートの本格的な練習をスタートさせよう。
何時の日か必ず歌えるようになりたいと思っていた曲にチャレンジすることにした。
何時の日か・・・と言っていたらあっという間に婆さんになりそうだし。
今歌えなかったら、きっと一生歌えないんだろうし。
チケットのお申し込みは私まで♪
(クローズでのコメントでも大丈夫です。)
2月のライブ表

そうそう、もう少し酒量を減らせるよう鋭意努力したい・・・も追加するかな。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.