FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

第2245回「醸造酒派?蒸留酒派?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「醸造酒派蒸留酒派」です皆さんはお酒には醸造酒と蒸留酒があるのをご存じでしょうか醸造酒とは、原料を酵母によって発酵させたお酒で、ビール日本酒ワインなど、蒸留酒とは、醸造酒をさらに蒸留して造った、ウイスキー焼酎ジンなどだそうです。そんなの関係ねぇという声が聞こえてきそうですが、梅宮は蒸留酒は美味しくいただけますが、醸造酒を呑むと具合が悪くな...
FC2 トラックバックテーマ:「醸造酒派?蒸留酒派?」


今回のテーマが私にぴったりなので、数年ぶりにテーマに関しての日記を。
結論から一言。
どっちも良い!

醸造酒に関しては、
確かに日本酒は飲みすぎると、ほとんど二日酔いをしない私でも、
何となくやらかしてしまった感が有ったりするが、
それは「適量でやめておけ。」という、
神様からのお告げを守らなかった事に対する罰なのだと思う事にしている。

ワインは一人で一本は開けてしまうが、翌日に残るような事は無いし、
紹興酒にいたっては、これほどまでに悪酔いをしない蒸留酒がなぜ存在するのか、
不思議になるほど、酔い心地が良い。
紹興に、紹興酒を飲みに行く・・・というツアーに参加したが、
本当に飲んでも死なないのか?と疑いたくなるような安い値段の、
量り売りの物の方が美味しかった。

素人が醸造酒を作る場合は、
天候やその時の材料の出来に大きく左右されるので難しいが、
育てている楽しみがある。

蒸留酒に関しては、
不思議なことに、ウィスキーだけは駄目なんだ。
二日酔いになったり悪酔いして吐いた経験が有る唯一のお酒だ。

つい先日もHさんが行きつけのお店に連れて行ってくださったのだが、
Hさんが入れているボトルはウィスキーなのに、
私が飲めないからと、気を使ってワインを飲ませてくださった。
散在させちゃった。

ウィスキー以外の蒸留酒は何でも来い!かな。
ウォッカ(フレーバードでかなり好きなものがある。)、
ジン(大好き。最近はジンにスパイスを足して飲むのがお気に入り。)
テキーラ(グッサーノ・ホロ以外は大抵好き。)
ラム、焼酎、カチャーサ、泡盛、ブランデー、グラッパ、カルバドス・・・・
マニアックなところでは、ピスコ、メスカル、アクアビット・・・。
開催しているコンサートで飲みつくしてきたが、ほとんど全部好きな類。

わかる人にはわかる、こんなもんも買っちゃったし。
自慢じゃないが、蒸留器。

お酒が好きじゃなければ、「お酒天国」なんて名前のコンサートを、
25年も続けられなかっただろう。
この際だ、誰が読んでくれるかわからないから宣伝しておこう。

世界の珍しいお酒を飲みつつ歌うコンサート、
「お酒天国」26年目の開催。
まだタイトルが無い・・・。
是非面白がりにいらしてください。


スポンサーサイト

アーリーバード「なかにし礼」特集
3月11日にライブがあたった。
6年前は震災の翌日がライブの日で、
電車が止まっていてたどり着けずに中止にした。

さて、恒例錦糸町アーリーバードさんでのライブ、
今回のお題は「なかにし礼」大特集!
持ち歌の中にも沢山あるし、楽勝だろうと思っていたが、
選択肢が有り過ぎて、かえって迷うという・・・・。

「資料を見つけるのも一苦労なんですけど!」
曲が有り過ぎて資料を見るのも一苦労

訳詩が有名な曲から
・別れの朝
・フィーリング

代表曲の中から
・時には娼婦のように ・石狩挽歌 ・グッバイ マイ ラブ 
・今日でお別れ ・エメラルドの伝説
・愛の六日間(有名では無いけれど大好き♪)

シャンソン等
・ラ ボエーム ・オルガ

ここまではそれほど問題は無いのだが、
今回チャレンジしたのは、
「いつも違う歌詞で歌っている曲を、
なかにし礼の訳詩で歌ってみる。」という企画。

これが想像以上に難しく、練習が大変だった。
同じ内容を違う言葉で表現しているわけだが、
同じ単語が違う場所に出てくると、混乱してメロディがわからなくなるのだ。

・メケメケ(普段歌っている美輪さんの歌詞とは、
エンディングが真逆なので、この曲だけは聞き比べにした。)
・マンダレイ(ピストルという言葉が出てくる場所が違って、
一番苦労した。歌詞はとても面白いのでまた歌ってみたい。)
・パダン パダン
・暗い日曜日
・愛の讃歌

苦労の甲斐あって、お客さんが面白がって下さったので良しとしよう。
違う歌詞を歌うのは本当に大変だった・・・。

そして、ここでお客さんとして来て下さっていた、
シャープファイブのベーシスト竹原浩史さんにお願いして、
(竹ちゃんはロス・プリモス(ロス・プリメーロ オルケスタ)の一員としても活動中。)
ベースだけの伴奏で、美香ちゃんと一緒に「恋のフーガ」を歌うという・・・・。
ベースだけの伴奏で歌う(笑)
動画を送ってもらったが、どう見ても酔っ払いの宴会芸だった。(笑)
竹ちゃん、ほんとにありがとう。

想像以上に苦労したが、なかにし礼以外でここまで出来る作家は
いないかもしれない。
これはもう一回やらないとかも。

***
終演後、残ってくださったお客さんを交えて、
石巻で津波でやられ、商品にならなくなってしまった缶詰を開けた。
ボランティアに行った方が、大切に保管していた品だ。
石巻で被災した缶詰

みんなで写真を撮りまくりだ。
皆で写真を撮りまくる

女性ばかり6人で車座となり献杯をした。
それぞれが「あの日」に有った事を語り、
これこそが、「忘れずにいる事」になるのだなと思った。

鯨の大和煮とさばの味噌煮だったが、
美味しさが妙に切なかった。

亡くなった方々のご冥福を祈らずにはいられない。
こうやって好きな歌を歌える事に心から感謝。

合掌 






2月下旬にメールを下さった皆様へ

2月の下旬に携帯が壊れてしまい、新しくなるまでの間にいただいたメールを
受け取れませんでした。
やたらに、「返事が無い!」と言われるもんで、
もしかして返信が無い場合は、受け取れていないかもしれません。

すいません。
Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.