FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

お気軽ワインの会に参加した!(二度目)
月に一度のペースではあるが、和飲学園(ワイン学園)に通った。
最初の半年は基本コース、そして後半はステップアップコース。
「リヴィング多摩」(←実は学生時代にバイトで配っていた事がある。)に、
「ランチを楽しみつつ、シニアワインアドバイザー日本一になった先生の解説
を聞きながら自然派ワインを楽しむ会」の参加者募集の記事があり、
参加したのが荻野先生との出会いだった。

エスポア荻野
話が上手で面白く、どんどん引き込まれてしまい、
本当に楽しいひと時を過ごさせてもらった。
その時に御自分のお店の奥にスペースを設け、
都心では到底考えられないような値段で、ワイン学園を開催していると聞いた。
この先生からワインの事を教えてもらえるなら・・・・と迷わず申し込んだ。

***

半年に一度、先生が飲食店等の業者向けに、
40種類のワイン試飲会を行うのだが、
殆ど残った状態(業者は飲まずに風味を確かめたら捨ててしまう。)になるので、
我々愛好家を集め、その残りを飲んで語る「お気軽ワインの会」が開催される。

あくまで残り物の有効利用なので、新しい瓶の抜詮はしないのだが、
食事代だけで40種類ものワインが試飲できるのだ!
会場に着くと40種類のワインリストとグラスが手渡される。

とにかく、片っ端から一口づつ試飲する。

リストに◎、○、△、×と簡単な印象を書き込む。
◎なんて滅多に無いが、他の参加者と意見交換をしながら、
楽しく好き勝手な事を言いながら、ひたすら飲む。
今回は二度目の参加だが、メンバーも本当にワインが大好きで参加しているのが解るし、
独り占めするような非常識な人は居ない。
一緒に同じワインを飲んで、語り合いたくて来ているのだ。

こんなに楽しい会は滅多に無い。
次もどうか仕事の無い日に開催されますように。

前回も
豚ワイン(笑)
豚の模様と「鼠」と小さく漢字で書かれている妙なラベルのワインが気に入って、
(このサイトの下の方にある、緑にピンクの豚のワイン)
先生の所に行く度に、「先生、豚下さい♪」とお買い上げしたのだが、
今回、豚を上回る(というか、豚に出会った事で本当に好きなワインがどんなワインなのか、
知ったのかも知れない。)さらに衝撃を受ける好みのワインに出会ってしまった・・・。

個性的で嫌いな人は絶対駄目だろうな・・・という感じ。
変なラベルの、変な名前のワイン。
自然j派(ビオワインと呼んでいる人もいる。)だから、出回る本数が限られている。
何万円もするワインでは手が出ないが、気軽に買える値段だというのもそそられる。
パタポン
作った人の顔がラベルのデザインだ。
相当な変人らしいよ。
彼は残念ながら亡くなってしまい、奥さんが引き継いで作っているとの事だ。
私が気に入ったのは2014年だけど、参考までに。

***

知れば知るほど奥が深くて面白い。
ワインは値段じゃないな。
先生のお陰で、自信を持って値段に惑わされず、
好きかどうかで判断できるようになった。

私は自然派ワインが好きみたいなので、
次に自然派ワインコースを受講しようと思い、申し込んであったのだが、
残念ながら今回は人数が揃わず、自然派ワインコースは無念の不成立。
悲しいことに浪人生になってしまった。
次回の成立に期待♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.