FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

ブレのその後
発作は続き、ブレの調子は明らかに下降線。
もしかしたらこのまま死んじゃうのかも知れないと覚悟を決めざるを得ない感じ。
犬を見てもらっている獣医に連絡をしたが、「動物総合病院」の割には、
鳥を診察できるのは院長だけで、運悪く院長はお休みで、
鳥を診られる医師が一人も居ないという。
挙句の果てに「鳥の専門病院に一度連絡してみたら?」と言い出す始末。

検索して、藁にもすがる思いで電話。
その日は予約で埋まっていたが、翌日なら診察してくれるという。
果たして車で一時間近くかかる病院に連れてゆける状態なのかわからないが、
何もしなければ本当に死んでしまう。
「明日の様子にもよりますが、出来れば連れてゆきたいと思います。」と返事をして、
病院の指定した6時に予約を入れた。

その日の深夜にまたまた発作を起こし、
連れてゆくのは無理かと思ったが、朝には比較的ケロッとしていて、
その日は夕方の出発まで発作が起きなかったので、
キャリーケースに移して出発した。

途中で発作を起こして倒れて唸り始めた時には、
胃が握られたように痛んだ。
叫び声ではないとは言え、狭い空間で大きな声に聞こえる。
その後静かになったが、全く気配がなくなってしまったので、
本当に死んでしまったのかと思った。
信号待ちで覗いてみたら、低く設置した止まり木の上に、
うまい具合にペットシートがかぶさり、そこに頭を乗せて横たわり、
目は開けていて、覗き込む私を見返している。

病院に付く頃には意識もしっかりしていて、
抱えられたことに驚いてジタバタしている。
まだ19歳と、それほどの老鳥では無いこと、自力で食べていること、
糞の状態が悪くないこと、筋肉もまだしっかりしていること・・・・等から、
今から対処すればまだ大丈夫かも知れないと言ってもらい、涙が出た。

ブレは手乗りで、私には懐いている。
しかしだ・・・鳥に薬を飲ませるのは大変だろう。
嫌なことをした時の咬む力は半端じゃ無いし、
人の爪なんて簡単に穴が開く。
基本的には私の事は咬まないのだが、
今は絶対に咬まないとは言い切れないだろう。

粉薬を溶かして、スポイトで飲ませる方法を選択したが、
嫌がったときに、抱えて飲ませるのは苦労しそうだなぁ・・・と思ったのだが、
意外なことにブレはその薬の味を気に入ったようで、
スポイトを近づけると、自分から美味しそうに寄ってきて、
可愛い真っ黒な舌を動かしペロペロと舐めてくれる・・・。
嬉しい誤算。

病鳥看護なので、糞きり網から下を撤去して、
カゴだけの状態にして、床の上にペットシートを敷いてその上に直接置く。
落ちたときの怪我の防止と、糞の様子を見やすくするために、
止まり木を低く設置する。
元気なブレなら、ペットシートなんて数十分でボロボロにするが、
それをしないという事は、本調子では無いということだろう。

まだ動きはぎこちなく覚束ないが、
昨日一日は、発作を起こさずに過ごしてくれている。
私が覗きに行くと、嬉しそうに寄ってきて「撫ぜて♪」と頭を下げてくれる。
お見送りやお休みの挨拶や、
歌の練習中に一緒に鳴いてくれたりはしてくれないが、
その内いつものブレに戻ってくれるかもしれない。

ブレを引き取った当初に、ペレット(ドッグフードみたいな感じ?
鳥用総合食)をやったのだが、好まないようで全て捨てられてしまった。
今回薦められたペレットは、他のペレットが駄目でも食べる子が多いと言う。
試してみることに・・・。

やっぱり器用に選び取って全部捨てている。
調子の悪い時に、美味しく無いものを食べるわけが無いかと思いつつ、
目の前に座って、それを私が食べるのを見せて、
「昔のペレットと違って、美味しくなってるよ。ブレにもあげるね。」と、
食べかけを差し出すと、渋々受け取って食べてみている。
ぷぷぷ。食べてみたら美味しかったみたい。
自分から餌入れを覗き込み、ペレットを食べ始めた!
考えてみたら前回ペレットに挑戦したのは、17年も前の話だ。
品質も比べ物にならないほど良くなっているんだろう。
当時のペレットは、食べたら身体に悪いのでは?と思うほどの、
カラフルな色に着色された不思議な物ばかりだった。
ペレットを食べてくれれば、栄養の偏りの心配は無くなる。
好物をおやつとして与えれば良い。

死ぬことを覚悟していたので、
まだまだブレと一緒に暮らせそうだということに安堵している。
動物と暮らすって本当に大変。
でも素晴らしい。
これがブレヒトです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.