FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

お見舞いに行ってきた・・・・。
前回の日記に少し書いた、20年の付き合いになるKちゃん。
突然連絡が取れなくなり、嫌な予感はしていた。

第二土曜日の錦糸町出演の際は、必ずメッセンジャーで出欠届けをくれていた。
風邪で行けないとか、今日は他のイベントに行くとか・・・・。

それなのに6月は出欠届けが来ない・・・・、
そして半月後、お酒天国のチケットを持っているのに来ない・・・・。
彼の身に良くないことが起きたことは、確信になっていた。

それにしたってご家族の連絡先を知っているわけではないし、
本人には連絡が取れない状況だし、どうしようも無いわけだ。

ふと、これはKちゃんのマンションまで行くしかないかと思いつき、
一人では心細いので、その時一緒に飲んでいたHさんにお願いして、
一緒にマンションに行って貰った。
(Hさんも、Kちゃんと連絡が取れなくなったことをとても心配していた。)
実は数年前まで私が住んでいたマンションは、
たまたまKちゃんの家から徒歩数分のところだったので、
マンションの場所を知っていた訳だ。
作りすぎたソーセージを届けた事もあったっけなぁ。

郵便物は綺麗に整理されていた。
管理人室は空っぽで、(担当者の名前は書いてはあったが。)
翌日からHさんと何度も電話をかけたが応答無し。
考える事は同じで、私もHさんも仕方が無いから管理人にFaxをした。

管理人さんいわく、
「何か有ったようだが、詳しくはわからない。
 ご家族が時折り、郵便物を整理しに来ているようだ。」という返事。
心から心配しているという気持ちだけは伝えようと思い、
手紙を書いて、Kちゃんのマンションまで行って直接投函してきた。

***

FacebookでKちゃんらしき人とメッセンジャーで繋がった。
「らしき人」というのは、文章があまりにも「??」で、
もしかしたらアカウントが乗っ取られているのではないかと思ったからだ。
かなり怪しんだのだが、本人だったっぽい。

***

どこにいるのかもわかった。
そしてあまり状態が良くないこともわかった。
果たしてお見舞いに行っても良いものか、悩みに悩んだ。
家族に相談すると、「絶対に行くべきだ。」と口を揃えて言う。

どうしたものかと思っているところに、
Kちゃんのお母さんから電話が!!
私自身は手紙を置いてきたことも半分忘れていたが、
高齢のお母さんは、この夏は暑過ぎて郵便物の整理にも行けなかったとかで、
(そりゃそうだ。今年の夏は暑過ぎた。)
手紙を読んで取りあえず連絡をしなければ・・・と思ったそうだ。

思っていた以上に大変なことになってしまっていたが、
会いに行っても良いか尋ねると、
「励みになるから是非行ってやって欲しい。」との答えだった。

***

翌日仕事が休みになったので、何を持参して良いのかもわからないが、
どんな物が必要か本人に聞いたほうが良いだろうし、
手ぶらだが取りあえず顔を出すことにした。

***

当たり前の話だが、病院では彼を「ちゃん」付けで呼ぶ人は居ないのだろう。
カーテンを開けて「Kちゃん!」と呼びかけると、
本当にビックリしたような顔で迎えてくれた。

やだもう、こっちが涙、涙だよ。

***

あと二ヶ月で自宅マンションに戻る予定とのこと。
私には想像も付かないような苦労が待ち受けているだろう。
たかが友人なんて、そんなに大それたことは出来やしない。

でも、思い出した時にさりげなく連絡してみるとか、
ささやかな事が大切なのかもしれない・・・・、
そんな事をしみじみ感じた、お見舞いだった。

どうか、Kちゃんがどんどん回復して行きますように。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.