FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

良い時代になった・・・・。
来年の4月26日に開催予定のコンサートの内容を話し合っている。
早過ぎない?と思われそうだが、バンド用のアレンジを始めてもらわなければならないので、
そろそろ完全に決めないとなのだ。

今はほどんどの曲をyoutubeで聞くことが出来るが、
以前は音資料を入手するのは本当に至難の業だった。
レンタル品が有れば良い方。
今と違って気軽なネットオークションも無いので、
持っている人を探してカセットに録音してもらったり、
「じゃまーる」という雑誌に投稿して、情報提供をお願いしたりしたもんだ。
それを自分で耳コピーして、楽譜に清書する。
で、場合によってはその後に訳詩もしなければならない(前回の日記はこの辺りの話。)

だからこそ我々世代は楽譜に対する思い入れが強いのだ。
自分で出来なければ、お金を出してそれをやってもらうしかない。
お金が無ければ、自分にスキルを身につけるしか無かった訳だ。

プロデューサーから演目の提案がある。
2ハーフの曲(2番とサビ以降半分が繰り返されるサイズの曲。)なのだが、
youtubeでも1ハーフ版(テレビ用に2番をカットして1番とサビ以降の半分を歌う。)しか無い曲がある。
素人の方が歌っているバージョンも有るには有るが、
適当に覚えて歌ってアップしている人がいるので要注意なのだ。
一応オリジナルを聞かないと危険だ。

オークションでその曲が入っているレコードを落札。
  ↑
まず、これだけでもかなり助かる。
昔は中古レコード店に行って、有ればラッキーだが大抵は無い。

そしてデジタルレコーダーで録音。
  ↑
カセットとは違い、録音した音をデータとしてパソコンに取り込む事が出来る。

コードを解析するソフトで、音源を解析する。
  ↑
聞き取れるので必要ないのだが、
コードが全くわから無い人が、鵜呑みにするわけにはいかないだろうが、
迷ったときに参考にする程度には利用できる。

外国曲なら翻訳ソフトに歌詞を打ち込む。
  ↑
大体の意味は一発でわかる。
どんな訳詩にすれば良いのか、方針はすぐに決まる。

嗚呼・・・・何て楽なんだ。

と、しみじみしたのだが、
今はこれが当たり前だから、この作業でさえ面倒で辛いのかもしれないね。
良い時代になったなー。
苦労していた当時にこの環境があったら、もっと色んな曲を歌えたのにな。








スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.