FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

その時犬は何を考えているのか。
我が家には今、4匹の犬がいる。
全部白黒のパピヨンだ。
両親と、その間に生まれた双子の娘達。
それぞれみんな性格が違い、全員たまらなく可愛い。

その中でも、唯一の男の子の麻呂は一番のお気に入りだ。
というか、ペット有る有るだが♂は女性が好きで、♀は男性が好きな傾向がある。
我が家の4匹も例外ではなく、彼が家にいると女の子たちはベッタリ。
麻呂だけがどんな時も私にべったりなので、可愛いに決まっている。
ちなみにこの子だ。
こいつが麻呂。私の大のお気に入り♪

***
毎週生協が品物を届けに来るのだが、
最近この地区の担当になった人が、とにかく良くない。
まともな会話が成立しないし、何せ気が利かない。

配達時間にたまたま犬達を庭に出していたんだ。
庭では綱を付けずに放すので、
逃げ出せないように何重にも柵を設けてある。
我が家に来てくれる人は、その柵を跨がないと玄関にたどり着けないので、
何かとご不便をお掛けしているのだが、犬の命がかかっているので、
勘弁してもらっているような状態なのだ。

それなのに、何故か麻呂が脱走したらしい。
近所の人が、ベランダから走って行く麻呂を見て知らせに来てくれた。
そんな馬鹿なことがあるはずが無い・・・・と思ったら、
何と!柵が定位置ではなく、犬が通り抜けられるようにずらしてある!
麻呂には動かせるわけが無いので、
生協の配達の人がわざわざ動かした訳だ。
おまけに門も開け放ったまま隣の家に配達に行った。

その人に「犬、見ませんでしたか?」と訊いたら、
「一匹見ました。」
「どこに行きました?」
「さあ・・・。」
「さあじゃ無いでしょう!!何で犬がいるのをわかっていて、
門を開けっ放しで出て行くのよ!!」
「それは・・・。」
「奥の柵も動かして犬が出られるようにしましよね。」
「荷物を置くために・・・。」
「柵を動かさなくても置ける場所を指定しましたよね。」
「でも・・・。」
「動かしたなら、何で戻さないのよ!」

嗚呼、この人とは会話は成り立たない。
それより麻呂が脱走しているのだ。
大声で呼んでいると、近所の人が出てきて一緒に探してくれた。
すれ違う人に犬を見なかったか訊いても、誰も見ていないという。

轢かれたらどうしようとか、泣きそうな気持ちになる。

・・・・大通りでトボトボ歩いている後姿を発見。
「麻呂-----っ!!!」
声に気付いた麻呂はまさに激走して飛び込んできた。
たった10分程の話なのに、何年振りかに再会したような気持ち。
もう疲れ果ててしまった。

目撃して知らせてくれた人によると、少し走ってみたものの、
帰ろうとして戻った様だったが、
戻ったときには門が閉まっていて入れず(他の子が出られないように閉めた。)、
仕方なくトボトボ大通りまで歩いてみた・・・という感じの様だ。

門の前で待ってりゃ良さそうなもんだ。
ましてやパピヨンって頭も良いし、何か言いたいことが有る時には、
ちゃんと吠えて知らせたり出来るのだから、
吠えて知らせれば良いだけの話だ。
本当に無事で良かったけれど、
一体この時麻呂は何を考えていたのか・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.