FC2ブログ
歌手「夏川 玲」の日常を、気取らず気ままに書き綴った日記です。

仙台富沢病院特設ステージでのコンサート
覚書を含むので長文になりますがお許しください。

***

私はNPO法人日本演劇情動療法協会2級情動療法士なのだが・・・・。
この活動は主に仙台で行われていて、今はまだ
東京ではこの先1級を取得するための勉強が出来そうにない。
良い機会なので、前日に仙台入りして実際のセッション
(情動療法が患者に行われているところ)を見学させてもらうことにした。

セッションの後、療法士と医師のミーティングにも参加して、
大好きな藤井先生とお話をさせてもらった。
藤井先生はお医者さんにしておくにはもったいない?キャラクターで、
いつも話しに引き込まれてしまう。
私が認知症になったら、藤井先生に診て欲しい!(私の方が年下だけど。)

***
翌日は仙台富沢病院特設会場にて、メデットシアターが開催された。
昨日のミーティング時には、60数名の観覧希望者がいると聞いていたが、
その後も申し込みは増え続け、幕を開けてみたら立ち見を含め、
100名近い方が来てくださった。

この春に山形厚生病院でも同じプログラムでのコンサートを開催したが、
今回のお客様はその時よりも若干症状が緩やかな、
デイケアで通っている患者さんとその家族を中心だ。

先ずは俳優前田有作さんによる朗読。
お客様の中には、日頃演劇情動療法を受けている方もいるが、
日頃のラフな格好とは違い、ちゃんとスーツを着た前田さんの朗読を、
セッションの部屋とは違う大きな特設会場で、家族と並んで聞くのだ。
また大きく違うのは、ピアニストの斎藤美香さんが朗読に合ったBGMを
生演奏で奏でていること。

すると、いわゆる「認知症」の老人が朗読を聞き、涙を流すのだ。
号泣する人さえいる。
その様子を横で家族が見つめる。
このライブの重要な目的の一つが、家族の皆さんに、
「目の前にいる老人は、認知症になっても『情動』の部分は残され、悲しみや喜びを共感することが出来、
こんな風に涙を流す、人間らしい存在なのだ。」という事を実感してもらうことにある。

そして斎藤美香さんのピアノソロ演奏。
演目は全てクラシックなのだが、どの会場でもピアノに合わせて、
フランス語で朗々と歌い上げる患者さんがいる。
認知症で入院している老人が、フランス語で歌うんだ。
こんな事を目の当たりにするたびに、失われた物を嘆くよりも、
残っている物を活かす医療・・・という藤井先生の信念が胸に突き刺さる。

そして私の歌。
指定されたのは長い曲だ。
当然詩の内容も難しい。

「ねぇあんた」では、
胃腸の弱い男は長生きしない、野暮で無口な男は出世をしない、
という歌詞の部分で笑いが起こる。
全体を通じた意味が理解出来ていなくても、
胃腸の弱い男は長生きしないという事は理解してくれているのだ。

「我が麗しき恋物語」を歌う前に、彼が食道癌になった時の話を
している。
そのためか、夫から病気を告げられて主人公がビックリする内容の時に、
うんうんと深く頷く人が多く、私は歌いながらそれにビックリするのだ。

「愛の讃歌」では、ピアフとマルセルの話をするが、
少し脱線して、ピアフは若い才能のある男性歌手を愛人にして、
立派な歌手に育てるのが楽しみだったと話した。
「羨ましいですねー。良いなぁ、私もやってみたいもんです。」と言ったら、
患者さんから、「大丈夫!まだ行ける!」と掛け声がかかり、
皆が手を叩いて笑っている。

ここではどんなことを感じて、どんなことを口にしても誰も咎めないし怒らない。
それどころか、演者の私が嬉しそうに、
「本当ですか!!まだ行けますかね??ありがとうございます。楽しみが増えちゃったなー!」
と反応を返すわけだ。
全面的に受け入れられるのだと実感してもらうのも、
このコンサートの大事な目的の一つだ。

このコンサートを経験させてもらって、
認知症の患者さんって酔っ払いに似ていると思う。(笑)
お酒天国というコンサートでも、コンサートが進んで行くうちに、
お客さんが酔っ払い、思いがけない掛け声をくれることがある。
もし、こちらが面白がって返せれば会場は大いに和み、
私が上手く返せなければ白けてしまう。

アンコールは「喝采」
アンコールに対してお礼を言って、
「私は大酒飲みなので、コンサートの後はアンコールじゃなくて、
『アルコール』の声が掛かるんですよ!」と言ったら、
患者さんから「アルコール!」の掛け声が。
これにはビックリした。
(先生方も職員さんもビックリしたそうだ。)
「やっぱりアルコールじゃないと!元気が出ちゃいました。」と返したのだが、
もしかして私は25年以上かけて、酔っ払いの皆さんのお力を借りて、
この活動をするために歌手になったのかも知れないと真剣に思ってしまった。
間髪いれずに上手に返すって、そんなに簡単じゃないもの。

「喝采」にはちょっと嫉妬心を感じる。
患者さんも家族も、一緒に歌うんだ。
それまで反応の無かった人が、タイトルを聞いただけで突然目を輝かせたりする。
思う事がありすぎてまとめられないや。
今回も大盛況!!!

前田さん、美香りん、
仙台富沢病院の皆様、お手伝い下さった情動療法協会の関係者の皆様、
そして何より、ご来場下さった皆様、
これからも精進いたしますのでどうかよろしくお願い致します!!!!

***
スポンサーサイト

14回目の仙台公演終了!
最近の私は、「続ける」ことの厳しさとの戦いになってきた。
「お酒天国」は27年、「浮かれて!?」はコニタンと美香りんの力を借りて12年、
「仙台公演」は美香りんと力を合わせて14年・・・続けてきた。
もちろんそれぞれの体調問題など、多少のブランクが有ったこともあるが、
皆が元気に現役を続けていなければ実現できない。

この仕事は我々クラスでは現役を続けることさえかなり厳しいのに、
よく頑張っているとお互いを褒めないとね。

***
今年は翌日に石巻でのパーティにも参加することになり、
12月1日一拓だったのだが、肝心のパーティが延期。
パーティが無いなら別の日程にして欲しかったのだが、
既に他の日程に空きは無いという事で、仕方なく設定。

それでも地元の皆さんや、東京から駆けつけて下さった皆さんのおかげで、
今年も無事にコンサートは終了した。
facebookを通じて知り合い、初めて来てくださった方や、
仙台で出演したお芝居の関係者など、
始めましての方や懐かしい方との話も弾み、
気がつけば充実感に包まれた時間になった。
続けるって本当に大変、でも続けた先にしか見えないものがあるね。

毎年打ち上げでお伺いしている、国分町の足手纏の絹ちゃんも元気そうだったし、
塩竃のはま勢のご夫婦も元気だった。
一年に一度、みんなが元気・・・・それは本当に小さいけれど素晴らしいこと。
きっとまた来年お目にかかりましょう!


セットリスト
・糸(中島みゆき)
・昔聞いたシャンソン(さとう宗幸)
・ああ宮城県2020(川田愛美)
・ルイ(ちあきなおみ)
・山口洋子メドレー(うそ・よこはまたそがれ・ブランデーグラス)

・美香りんコーナー ショパン特集

・パリの空の下
・オルガ
・脱走兵
・トワイライト・レイン
・愛の讃歌

・アンコール 青春時代



その時犬は何を考えているのか。
我が家には今、4匹の犬がいる。
全部白黒のパピヨンだ。
両親と、その間に生まれた双子の娘達。
それぞれみんな性格が違い、全員たまらなく可愛い。

その中でも、唯一の男の子の麻呂は一番のお気に入りだ。
というか、ペット有る有るだが♂は女性が好きで、♀は男性が好きな傾向がある。
我が家の4匹も例外ではなく、彼が家にいると女の子たちはベッタリ。
麻呂だけがどんな時も私にべったりなので、可愛いに決まっている。
ちなみにこの子だ。
こいつが麻呂。私の大のお気に入り♪

***
毎週生協が品物を届けに来るのだが、
最近この地区の担当になった人が、とにかく良くない。
まともな会話が成立しないし、何せ気が利かない。

配達時間にたまたま犬達を庭に出していたんだ。
庭では綱を付けずに放すので、
逃げ出せないように何重にも柵を設けてある。
我が家に来てくれる人は、その柵を跨がないと玄関にたどり着けないので、
何かとご不便をお掛けしているのだが、犬の命がかかっているので、
勘弁してもらっているような状態なのだ。

それなのに、何故か麻呂が脱走したらしい。
近所の人が、ベランダから走って行く麻呂を見て知らせに来てくれた。
そんな馬鹿なことがあるはずが無い・・・・と思ったら、
何と!柵が定位置ではなく、犬が通り抜けられるようにずらしてある!
麻呂には動かせるわけが無いので、
生協の配達の人がわざわざ動かした訳だ。
おまけに門も開け放ったまま隣の家に配達に行った。

その人に「犬、見ませんでしたか?」と訊いたら、
「一匹見ました。」
「どこに行きました?」
「さあ・・・。」
「さあじゃ無いでしょう!!何で犬がいるのをわかっていて、
門を開けっ放しで出て行くのよ!!」
「それは・・・。」
「奥の柵も動かして犬が出られるようにしましよね。」
「荷物を置くために・・・。」
「柵を動かさなくても置ける場所を指定しましたよね。」
「でも・・・。」
「動かしたなら、何で戻さないのよ!」

嗚呼、この人とは会話は成り立たない。
それより麻呂が脱走しているのだ。
大声で呼んでいると、近所の人が出てきて一緒に探してくれた。
すれ違う人に犬を見なかったか訊いても、誰も見ていないという。

轢かれたらどうしようとか、泣きそうな気持ちになる。

・・・・大通りでトボトボ歩いている後姿を発見。
「麻呂-----っ!!!」
声に気付いた麻呂はまさに激走して飛び込んできた。
たった10分程の話なのに、何年振りかに再会したような気持ち。
もう疲れ果ててしまった。

目撃して知らせてくれた人によると、少し走ってみたものの、
帰ろうとして戻った様だったが、
戻ったときには門が閉まっていて入れず(他の子が出られないように閉めた。)、
仕方なくトボトボ大通りまで歩いてみた・・・という感じの様だ。

門の前で待ってりゃ良さそうなもんだ。
ましてやパピヨンって頭も良いし、何か言いたいことが有る時には、
ちゃんと吠えて知らせたり出来るのだから、
吠えて知らせれば良いだけの話だ。
本当に無事で良かったけれど、
一体この時麻呂は何を考えていたのか・・・。


墨田トリフォニーホールでのイベント終了!(写真追加)
錦糸町のアマチュア名物バンド、「イレギラーバンド」の皆さんのライブに、
今年もご一緒させてもらうことが出来た。
それも、今年は結成25周年と、バンマスの70歳の記念で、
何と大ホール!!!

私のプロフィールを提出してて許可が出たので、(去年の12月辺りの日記を読んでね。)
私を呼ばないわけには行かなかったんだけど。(笑)

1800人のホールでゲストとして招かれるなんて、
私程度の知名度ではなかなか無い機会なので、
本当に光栄な事で、決まって以来ずっとワクワク。

当日楽屋口で「名札はお持ちですか?」と訊かれたが、
ライブに出演するときに名札を持参したことは無いので、
???状態だったが、無い場合は常に見えるところに付けるように指示されたのは、
可愛い金のリボンだった。
こんなの初めて。

楽屋には、ホールの周囲をぐるっと回らないとたどり着けないのだが、
客入れ前の薄暗いロビーに、ピアノを弾く格好をしたマネキンが置かれていて、
ものすごく驚いた。(恐かった・・・・かも。)

楽屋は私と美香りんだけにしてもらえたので快適そのもの。
数日前の出来事で、大いなる助け舟を出してもらっていたので、
その事を素直な言葉で直接彼女にお礼したいと思っていたタイミングだったし、良かった。

で、去年は女性全員の楽屋だったのだが、
今年は、我々は一度楽屋に戻り全裸になって着替えなければならなかったので、
2人だけの個室で良かった・・・お気遣いに感謝♪

沢山のお客様が!!!!!
1800人の会場に本当にお客さんが来るのか不安だったのだが、
楽屋で見ていたモニターから聞こえてきたのは盛大な拍手だった。
私が出た2部の最後には、こんなもんじゃなくもっともっと沢山の方が来てくれていた。

二階席の方が手を振って下さったり、
久しぶりに、「やっぱり私は大きいところの方が合ってるな。」と再確認。
本当に気持ちよく歌わせてもらいました。


本当に気持ちよく歌わせてもらったのだが・・・・、
大抵は愛の讃歌を歌ったら終わりなので、
愛の讃歌を熱唱後、終わった気になってステージから降りようとしたら、
「夏川さん!まだまだ、もう一曲!!」とMCの永井さんが舞台袖で慌てて叫んでいる。
ステージ上のメンバーも困って成り行きを見ている。
 
「あ!」
もう一曲有った。
こんなミス、初めて。
すいませ~ん・・・って感じの写真。
近くで見たら驚くようなメイクだよ。


***

ゲスト出演を終えてすぐ、先月の衣装に早着替えをして、
レイ・サマリバとパトリシア・サイコとして踊ったり、コーラスに参加したりした。
謎の外国人・・・と言われた二人

ピンクのウィッグの中に、この超ロングヘアを素早く入れなければならない関係上、
ゲストとして出たときには、髪にスプレーをかけずに(かけるとゴワゴワになってまとめ難い!)
本番直前まで髪にカーラーを巻いたままで過ごした。
わかってもらえないのだが、結構本気で苦労してるのよー。

****

本番が終わって打ち上げの時の反省会で、
もちろん私は曲数を間違えたことを皆さんにお詫び。
本当にすいません!!

あるメンバーからの、
「プロの方の、サービス精神は(本来なら断る事も出来る立場の我々が、
ゴージャスなドレス姿から、笑いを取る為の格好に変えて踊りやコーラスに参加した事に。)
本当に凄いと思った。」と言っていただき、全てが報われた気がした。

***

目標の500人は軽く突破!
私も美香りんも絶対に偉そうにしたりしないし、(笑)
これからもずっと楽しい時間をご一緒させてね。

イレギラーバンドの皆さん、関係者の皆さん、
そして会場のスタッフの皆さん、ありがとうございました!!
来年もよろしくねーっ♪



良い時代になった・・・・。
来年の4月26日に開催予定のコンサートの内容を話し合っている。
早過ぎない?と思われそうだが、バンド用のアレンジを始めてもらわなければならないので、
そろそろ完全に決めないとなのだ。

今はほどんどの曲をyoutubeで聞くことが出来るが、
以前は音資料を入手するのは本当に至難の業だった。
レンタル品が有れば良い方。
今と違って気軽なネットオークションも無いので、
持っている人を探してカセットに録音してもらったり、
「じゃまーる」という雑誌に投稿して、情報提供をお願いしたりしたもんだ。
それを自分で耳コピーして、楽譜に清書する。
で、場合によってはその後に訳詩もしなければならない(前回の日記はこの辺りの話。)

だからこそ我々世代は楽譜に対する思い入れが強いのだ。
自分で出来なければ、お金を出してそれをやってもらうしかない。
お金が無ければ、自分にスキルを身につけるしか無かった訳だ。

プロデューサーから演目の提案がある。
2ハーフの曲(2番とサビ以降半分が繰り返されるサイズの曲。)なのだが、
youtubeでも1ハーフ版(テレビ用に2番をカットして1番とサビ以降の半分を歌う。)しか無い曲がある。
素人の方が歌っているバージョンも有るには有るが、
適当に覚えて歌ってアップしている人がいるので要注意なのだ。
一応オリジナルを聞かないと危険だ。

オークションでその曲が入っているレコードを落札。
  ↑
まず、これだけでもかなり助かる。
昔は中古レコード店に行って、有ればラッキーだが大抵は無い。

そしてデジタルレコーダーで録音。
  ↑
カセットとは違い、録音した音をデータとしてパソコンに取り込む事が出来る。

コードを解析するソフトで、音源を解析する。
  ↑
聞き取れるので必要ないのだが、
コードが全くわから無い人が、鵜呑みにするわけにはいかないだろうが、
迷ったときに参考にする程度には利用できる。

外国曲なら翻訳ソフトに歌詞を打ち込む。
  ↑
大体の意味は一発でわかる。
どんな訳詩にすれば良いのか、方針はすぐに決まる。

嗚呼・・・・何て楽なんだ。

と、しみじみしたのだが、
今はこれが当たり前だから、この作業でさえ面倒で辛いのかもしれないね。
良い時代になったなー。
苦労していた当時にこの環境があったら、もっと色んな曲を歌えたのにな。








Copyright © 新・玲の徒然. all rights reserved.